ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

大阪の遊郭描く、片山萌美初主演作「悲しき天使」に河合龍之介ら

329

「悲しき天使」が、11月10日から13日まで東京・吉祥寺シアター、11月26・27日に大阪・HEP HALLで上演される。

大阪の遊郭を舞台にした 「悲しき天使」は、新地太夫と呼ばれる美しい娼婦・一美と、娼婦たちの世話をする男・茂、そして彼らを取り巻く人々を描いた物語。原作を山之内幸夫、演出を森岡利行が担当し、これまでキャストを変えて上演が重ねられてきた。

初主演となる片山萌美が一美役、河合龍之介が茂役を務め、Aチーム、Bチームの2グループに分かれて公演が行われる。上演スケジュールは公式サイトで確認を。

「悲しき天使」

2016年11月10日(木)~13日(日)
東京都 吉祥寺シアター

2016年11月26日(土)・27日(日)
大阪府 HEP HALL

作:山之内幸夫
演出:森岡利行
出演:片山萌美、河合龍之介 / 階戸瑠李、金本英信、日野ありす / 円谷優希、中島舞香、富樫未来、梨木まい、仁山貴恵、能井拓海 / 流コウキ、宇乃徹、重松隆志酒井健太郎中原和宏

ステージナタリーをフォロー