ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

KAKUTA桑原裕子、2年ぶりの新作「愚図」に林家正蔵と千葉雅子を迎える

63

KAKUTA 第27回公演・20周年記念公演 第3弾「愚図」ビジュアル

KAKUTA 第27回公演・20周年記念公演 第3弾「愚図」ビジュアル

桑原裕子率いるKAKUTA「愚図」が、11・12月に東京、愛知、福岡にて上演される。

結成20周年記念公演を昨年末から行ってきたKAKUTA。そのラストを飾る本作は、桑原が2015年に鶴屋南北戯曲賞を受賞した「痕跡」以来、約2年ぶりの書き下ろし作品となる。出演者にはKAKUTAメンバーのほか、客演として落語家の林家正蔵、猫のホテル主宰の千葉雅子今奈良孝行今藤洋子、谷恭輔が名を連ねている。

なお赤色と青色が際立つ本作のビジュアルも公開。出演者は自然の中やフェンスの前などでポーズを取り、思い思いの表情を浮かべている。桑原は上演に際して「ある『愚図』の悲喜こもごもを描く物語であることは間違いありませんが、愚図とは何をもって愚図なのでしょう。子どもの頃から愚図と呼ばれてきた私は今もって疑問なのです」とコメントしている。

公演は11月10日から20日まで東京・あうるすぽっと、12月13・14日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場 PLAT、12月17・18日に北九州芸術劇場にて上演される。

桑原裕子コメント

こんにちは、桑原です。KAKUTAの新作としては2年ぶりになります次回作、そのタイトルのとおり、ある「愚図」の悲喜こもごもを描く物語であることは間違いありませんが、愚図とは何をもって愚図なのでしょう。子どもの頃から愚図と呼ばれてきた私は今もって疑問なのです。そして愚かな絵を描くことを愚図と呼ぶならば、この世は愚図だらけな気もします。でもそれはいけないことなのでしょうか。ご来場おまちしています。

KAKUTA 第27回公演・20周年記念公演 第3弾「愚図」

2016年11月10日(木)~20日(日)
東京都 あうるすぽっと

2016年12月13日(火)・14日(水)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT

2016年12月17日(土)・18日(日)
福岡県 北九州芸術劇場

作・演出:桑原裕子
出演:林家正蔵 / 成清正紀、若狭勝也、佐賀野雅和、四浦麻希、異儀田夏葉、多田香織、桑原裕子 / 今奈良孝行今藤洋子、谷恭輔 / 千葉雅子

ステージナタリーをフォロー