等身大の「宮本武蔵」演じる山田裕貴が意気込み「全身全霊で生きたい」

293

前田司郎作・演出による「宮本武蔵(完全版)」が、本日8月19日に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで開幕した。

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

大きなサイズで見る(全13件)

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

伝説的なヒーローとしての宮本武蔵ではなく、臆病で人間くさい、等身大の武蔵が描かれる「宮本武蔵」。五反田団初の本格時代劇として2012年に上演された本作が、加筆され“完全版”として蘇った。出演者には、主人公・宮本武蔵を演じる山田裕貴のほか、矢崎広遠藤雄弥内田慈志賀廣太郎らが名を連ねている。

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

「宮本武蔵(完全版)」ゲネプロの様子。

初日を迎えた山田は、「前田さんの宮本武蔵は本当に繊細で人斬りでひとりぼっちな宮本武蔵だからこそ誰かと繋がっていたいと思うすごく人間味のある武蔵です」と自身の役に心を寄せ、「お客様に楽しんでいただけるよう全身全霊で宮本武蔵を生きたいと思います」と意気込みを語った。

なお本公演のDVDは、11月16日に発売予定。公演は8月29日まで。

山田裕貴コメント

山田裕貴演じる宮本武蔵。

山田裕貴演じる宮本武蔵。

まず無事に初日を迎えられたこと本当に嬉しく思います。前田さんの宮本武蔵は本当に繊細で人斬りでひとりぼっちな宮本武蔵だからこそ誰かと繋がっていたいと思うすごく人間味のある武蔵です! 演じる上ですごく難しい部分もありますがお客様に楽しんでいただけるよう全身全霊で宮本武蔵を生きたいと思います。

この記事の画像(全13件)

「宮本武蔵(完全版)」

2016年8月19日(金)~29日(月) 
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト      

作・演出:前田司郎
出演:山田裕貴矢崎広遠藤雄弥金子岳憲鮎川桃果 / 大山雄史、山村崇子 / 内田慈志賀廣太郎

リンク

関連記事