ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

松村翔子率いるモメラス新作に山縣太一ら、アフタトークに佐々木敦&桜井圭介

43

モメラス第2回公演「薄闇、そこは散漫もしくは出口」ビジュアル

モメラス第2回公演「薄闇、そこは散漫もしくは出口」ビジュアル

松村翔子が脚本・演出を手がけるモメラスが「薄闇、そこは散漫もしくは出口」を、8月25日から28日まで東京・SUR’S CLUBで上演する。

第2回公演となる本作では、都内の雑居ビルにあるクラブ・アガルタを舞台にした物語が描かれ、前作「色は匂へど、」に続き、山縣太一、井神沙恵らが出演。またチェルフィッチュなどで音響を務める牛川紀政がDJを担当する。

さらに公演後のアフタートークには、HEADZ主宰で批評家の佐々木敦と音楽家でダンス批評の桜井圭介、明日のアー大北栄人と土屋アソビが登壇するほか、アフターパフォーマンスとして橘上がポエトリーリーディングを披露する回も。こちらもあわせてチェックしよう。

モメラス第2回公演「薄闇、そこは散漫もしくは出口」

2016年8月25日(木)~28日(日)
東京都 SUR’S CLUB

作・演出:松村翔子
DJ:牛川紀政
出演:山縣太一、曽田明宏井神沙恵黒川武彦上蓑佳代

ステージナタリーをフォロー