ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「狸御殿」開幕!宮本亜門、座長・尾上松也を「できすぎていて怖い」と絶賛

333

ミュージカル「狸御殿」フォトセッションの様子。左から赤井英和、渡辺えり、宮本亜門、尾上松也、瀧本美織、小倉久寛。

ミュージカル「狸御殿」フォトセッションの様子。左から赤井英和、渡辺えり、宮本亜門、尾上松也、瀧本美織、小倉久寛。

ミュージカル「狸御殿」が、本日8月1日に東京・新橋演舞場にて開幕。本番前には報道陣に向けて、囲み取材とゲネプロが行われた。

取材には狸御殿の若君・狸吉郎役の尾上松也、彼と身分違いの恋に落ちるきぬた役の瀧本美織、山賊の頭目である泥右衛門役の赤井英和、狸御殿の家老・餅月満太夫役の小倉久寛、狸吉郎の母・きららの方役の渡辺えり、そして演出を手がける宮本亜門が登壇。それぞれが意気込みを述べた。

宮本は「20年ぶりの再演ですが、まったく古びておりません! むしろ今観たほうがいいくらいテンポよく仕上がりました」とアピール。「和物にオペラにバレエにいろんな要素を盛り込みました、いただいたチケット代の何十倍もの価値を感じていただけると思いますよ。日本でもこういうエンタメができるんだということを観ていただきたい」とできばえに自信を覗かせる。

また宮本は尾上の座長ぶりに言及。「全員をよく見ているんですね。最後まで残って全員をチェックして相談にも乗ってくれる。本当に心強かったです」と信頼を寄せている様子をうかがわせた。また「歌も演技も素晴らしい。できすぎていて怖いくらい。これだけジャンルを超えてプロとして映えている人は初めて見ました」と歌舞伎をはじめ、ミュージカルや現代劇にも出演している芸幅の広さを評価した。

その尾上は「現場の空気を亜門さんが引っ張ってくださって。明るく楽しく稽古を進めることができました。でも時々ふざけすぎて怒られることもありましたけど……」と隣にいる演出家を気にしながら発言。「初日を迎えられたのが本当にうれしい。これだけ一生懸命やってきたので成功させたいですね」と座長としての意気込みを語る。

ミュージカル初挑戦の瀧本は宮本から稽古初日に大泣きしたエピソードを暴露され、「感情が入りすぎちゃって」と照れ笑いを浮かべる。「狸の世界のシンデレラというような、ファンタジーあり、笑いあり、涙ありの作品になりました。自分がおとぎ話の世界にいるような気分になって本当に楽しいです。初めてのミュージカルはワクワクだらけでした。みなさん観に来てください!」と呼びかけた。

赤井は「稽古のときから歌を聴いているのがとても楽しかったです。ご覧になったみなさんもきっと楽しんでいただけると思います」と述べ、小倉は「どこを切っても楽しい作品です」と見どころを即答。「老若男女すべての方が楽しめる作品です。みなさんお越しください。そして終わったあとは演舞場前の喫茶店へ」と宮本の実家が営む店を宣伝した。

「私はひさびさに“二の線”というかシリアスな役どころ……」と言いながら噴き出してしまったのは渡辺。尾上から「自分で笑っちゃってるじゃないですか」とツッコまれると、初演できららの方役を演じた草笛光子を引き合いに出す。「草笛さんはおしとやかで美しい女帝だったかもしれないけど、狸に見えなかったかもしれませんね。私は完全に狸ですけど……(笑)」と再び笑い出すと、尾上から「シリアスな場面で笑うのだけはやめてくださいね。稽古場でしょっちゅう笑っちゃってましたからね、ホント気をつけてください」と笑顔でたしなめられていた。

ゲネプロは、本作の狂言回しを務める柳家花緑の流麗な語りからスタート。絵本作家の荒井良二によるカラフルな舞台セットが次々に現れる中で、尾上演じる狸吉郎、瀧本演じるきぬたが繰り広げる恋物語を中心に、人間の姿に化けた狸たちの人間模様が生き生きと描かれていた。

尾上は狸御殿の若君として紳士然とふるまいながらも、どこか影のある役どころを豊かな表情で造形。見得を切るなど随所に歌舞伎の所作を取り入れ、迫力の立ち回りを披露する。瀧本は継子いじめや恋敵からのいじめに耐えるけなげさと、愛する狸吉郎に巡り合えた喜びを鮮やかに対比。舞台の上空を舞うフライングに初挑戦した姿にも注目したい。

1939年の木村恵吾監督による映画「狸御殿」に始まる“オペレッタ喜劇”シリーズを原作とした本作。1996年に宮本がオリジナルの音楽劇として舞台化した作品が、初演からちょうど20年が経った2016年8月、キャストと演出を一新して再演される。公演は8月27日まで行われる。

ミュージカル「狸御殿」

2016年8月1日(月)~27日(土)
東京都 新橋演舞場

演出:宮本亜門
原作:木村恵吾
脚本:齋藤雅文、宮本亜門
音楽:服部隆之

キャスト

狸吉郎:尾上松也
きぬた:瀧本美織
語り部、のちに河童のぶく助:柳家花緑
十六夜姫:翠千賀
そぼろ:青木さやか
泥右衛門:赤井英和
白木蓮:城南海
おくず:土屋佑壱
おはぎ:大地洋輔
お蔦:あめくみちこ
餅月満太夫:小倉久寛
きららの方:渡辺えり
ほか

ステージナタリーをフォロー