ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

鈴村健一、竹下景子、上川隆也らが出演する音楽朗読劇「VOICARION」

282

クリエ プレミア音楽朗読劇「VOICARION(ヴォイサリオン)」ロゴ

クリエ プレミア音楽朗読劇「VOICARION(ヴォイサリオン)」ロゴ

音楽朗読劇シリーズ「VOICARION(ヴォイサリオン)」が、東京・シアタークリエにてスタートする。同シリーズは、朗読劇創作に定評がある藤沢文翁と、声優界・演劇界の人気実力派キャストが、生演奏の音楽とともにストーリーを語るというもの。その第1弾が8・9月に決定し、キャストも発表された。

8月に上演される「女王がいた客室」には鈴村健一沢城みゆき三森すずこ入野自由といった声優や、竹下景子平田広明山路和弘水夏希ら俳優たちが日替わりで出演。9月に上演される「Mr.Prisoner(ミスター・プリズナー)」には上川隆也林原めぐみ山寺宏一が出演する。チケットは6月25日に前売開始。

藤沢文翁コメント

2009年の真冬、長い英国での生活を終え帰国した僕は、英国から持ち帰った朗読劇のスキルに、日本の様々な話芸、そしてミュージカルやオペラの要素を組み込んで、自分にしかできない朗読劇のスタイルを作る工夫をしてきました。その作業は、まるでおもちゃ箱をひっくり返し、全く別の何かを作るようなものでした。

このスタイルを創り上げる過程で、多くの魔法を持つキャストやクリエイターと出会うことができました。また、その方々との共同作業の中で、「藤沢朗読劇」と呼んでいただいているこのスタイルが生まれました。結局、僕が作り出したのではなく、出会いが作り出したスタイルなのです。

世界のどこにもない高級感のある朗読劇を始めよう

そう声をかけてくれたのは東宝の情熱的な仲間でした。このVOICARIONというプロジェクト名も、若き東宝のスタッフと一緒に考え出したものです。声を意味するVOICEと伝説の名馬ARIONの名前を合わせた造語で、声がどこまでも羽ばたいてゆくことを願い名付けました。

再び人との出会いが、新しい何かを生みだそうとしています。
VOICARIONというプロジェクトが開始するこの祭典に、最高級の声と演技力をもつキャストと最高級のスタッフが参加してくださったこと、ただただ感謝申し上げます。

さあ、皆様……これから素晴らしいことが始まります

VOICARIONという言葉がこれから先、皆さんを心の底からワクワクさせ、空想の世界への冒険へと誘う「魔法の言葉」になれば良いと祈るばかりです。さあ、まもなく幕があがります。どうぞ、素敵な時間をお過ごし下さい。

クリエ プレミア音楽朗読劇「VOICARION(ヴォイサリオン)」

2016年8月27日(土)~9月5日(月)
原作・脚本・演出:藤沢文翁
作曲・音楽監督:小杉紗代

女王がいた客室

出演:
8月27日:鈴村健一浪川大輔沢城みゆき
8月28日:中村悠一、山口勝平、沢城みゆき
8月29日:石田彰保志総一朗三森すずこ
8月31日:甲斐田ゆき、入野自由、三森すずこ
9月1・2日:平田広明山路和弘水夏希
竹下景子は全公演出演

Mr.Prisoner(ミスター・プリズナー)

出演:
9月3~5日:上川隆也林原めぐみ山寺宏一

ステージナタリーをフォロー