音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48小林絵未梨、卒業公演は笑顔で「悔いはありません」

147

SKE48研究生の小林絵未梨が昨日4月19日、愛知・栄のSKE48専用劇場にて卒業公演を行った。

この公演で小林は「涙の湘南」「ガラスのI LOVE YOU」「背中から抱きしめて」などに出演。トレードマークでもある満面の笑顔と力強いパフォーマンスで会場を盛り上げた。

そして卒業公演の特別プログラムでは、同期の4期生全員と研究生時代をともに過ごした井口栞里、内山命、鬼頭桃菜、斉藤真木子、菅なな子から小林に映像でメッセージが贈られた。その後ステージに登場した小林は、同期の犬塚あさな、水埜帆乃香、3期生の松村香織とともに「クラスメイト」を歌唱。小林は研究生公演で何度も披露した思い出のこの曲を噛み締めながらしっとりと歌い上げた。

続いて同期でチームEメンバーの山下ゆかりがステージに現れ、小林に宛てた手紙を読み始める。山下は「約2年半おつかれさまでした。最初に絵未梨を見たときはなんだかやる気のなさそうな子だなって思ってました(笑)。そんな絵未梨とこんなに仲良くなるなんて不思議ですね。絵未梨が研究生としていろんなチームのアンダーに出て必死にがんばっている姿をずっと見ていました。そして自分のことよりも人のことを最優先に考える絵未梨の優しいところが私は大好きです。離れていても絵未梨とゆかりは“人生共同体”です。大好きー!」と大粒の涙を流しながら自身の気持ちを打ち明け、小林を抱きしめた。

最後は小林からファンに向けてメッセージが語られた。小林は「最初は本当に無愛想でやる気のなさが出てしまっていたみたいです。それでもここまでがんばってこれたのは皆さんの応援のおかげだと思います。本当にSKE48に入ってからたくさんの方に出会って、私は1人じゃないって感じることができました。大切な仲間もたくさんできて私は幸せです。悔いの残るようなこともありません。これからはSKE48で学んだことを生かしてがんばっていきたいです。本当にありがとうございました」と語り、最後に「アンダーで困ったときは私を呼んでください(笑)」と笑顔でアピールした。

そして会場のファンから「絵未梨ー! 卒業おめでとうー!」と大きな歓声が起こり公演は終了。小林は最後に深く一礼しステージをあとにした。なおナタリーでは公演終了後、小林に卒業公演の感想を聞いた。

小林絵未梨コメント

今日は最後の公演でしたけど、最初からいつも通りにやろうって決めてました。きっとそれが自分の中で一番楽しめるんじゃないかと思ったので。でも最後は山下ゆかりの手紙にやられちゃいました(笑)。メンバーのみんなは最初から笑顔でいてくれたんですけど、市野成美だけは最初から泣いてました(笑)。

今日は最後に「クラスメイト」を披露することができました。私の最初のスタートがあの3人と一緒だったし、絶対に4人でやりたいと思って決めました。

昇格するメンバーや研究生としてがんばっていくメンバー、それぞれこれからつらいことがあると思います。でもそんなときには私たちと一緒にやってきたあの“楽しかった研究生公演”を思い出してください。これからも応援してます!

音楽ナタリーをフォロー