音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48赤枝と小木曽、KIIラストステージは「愛の数」

178

SKE48の赤枝里々奈、小木曽汐莉が昨日4月17日、愛知・栄のSKE48専用劇場にて卒業公演を行った。

公演は「兆し」からスタート。メンバーは全員元気にステージに登場したが曲の途中から小木曽は我慢しきれずに涙を流し始める。赤枝は目に涙を浮かべながらもいつもと変わらない笑顔を見せ、元気なパフォーマンスを披露した。

メンバー全員いい雰囲気で全体曲を終えるが、最初のMCでチームKIIリーダーの高柳明音がいきなり号泣。メンバーやファンが心配する中、高柳は「大丈夫です!」と気持ちを奮い立たせ「チームKIIの好きなところ」と題した自己紹介を始める。小木曽はMCで「朝来るときにみんなの顔を見たら泣いちゃうと思ったんですけど、(古川)愛李さんがゾンビと心霊の違いについて熱く語っていたので、いつもと変わらないKIIだなって思って安心しました(笑)。最後ですけどいつも通り楽しんでいきます!」と語り笑顔を見せた。そして赤枝は「みんな優しいし……」と発言したところで我慢しきれずに泣き始めるも、最後は「みんな好きっていうこと!」と告白し最初のMCを終えた。

その後のユニット曲で赤枝は向田茉夏、矢方美紀とともに「フィンランド・ミラクル」を披露。続いて小木曽も古川とともに「眼差しサヨナラ」を歌唱する。先日行われた愛知・日本ガイシホールでのコンサートで同曲を披露した際、古川は小木曽に「ありがとう」と発言したが、この日はいつものように「サヨナラ」と声に出さずに口を動かした。

そして公演は「握手の愛」を全員笑顔のまま歌い上げ本編終了。この日のアンコールでは「りりな! しおりん!」というコールが起こり、再びステージに現れたメンバーは「ボウリング願望」「16色の夢クレヨン」を披露した。最後は公演タイトルにもなっている「ラムネの飲み方」をしっとりと歌唱した。

続いてKII公演恒例のダブルアンコールでは、日本ガイシホールで披露したKIIの新衣装を着てメンバーがステージ上に登場。シングルメドレーを力いっぱいパフォーマンスする。そして赤枝は赤のドレス、小木曽は「眼差しサヨナラ」の青い衣装を着て再登場し、2人で「てもでもの涙」を歌い上げた。

曲が終わると2人にメンバーからの手紙が贈られる。赤枝への手紙は同期の石田杏奈が読み、その中で石田は「りりとはメンバーっていうよりも親友っていう言葉が合っているような気がします。りりと同期でチームKIIとして過ごすことができて本当にありがとう。いつも一緒にいてくれてありがとう。いつも私の味方でいてくれてありがとう。りりのことが大好きです!」と告白。感極まった表情を見せながら赤枝と抱き合った。

そして小木曽への手紙を読むためにチームSの木崎ゆりあがステージに登場。驚く小木曽に木崎は手紙の中で「卒業発表があってからいろんな人に『小木曽さんが卒業しちゃうけどどうですか?』って聞かれるんですけど、私の中では一緒にいるのが当たり前になっちゃったから考えても答えなんて見つからなくて。でも今日この公演が終わったらSKE48の小木曽汐莉とは本当にさよならだってわかってるんだよ。今日は最後に公演を観に来れて本当によかったです。こんな私を今まで支えてくれてありがとう。おぎちゃんの存在は私にとって本当に大切な宝物です。最後にみんなひっくるめて、おぎちゃん、ブラックホールイチ大好き!」と独自の愛情表現で小木曽に感謝の気持ちを伝えた。

続いて2人からファンに向けてメッセージが送られる。赤枝は「この4年間、たくさんの人に支えられてきたと思います。メンバーとは家族よりも一緒にいる時間が長くて、大好き過ぎて離れるのが嫌なんですけど辞めてからも会いに行っていいですか?」とメンバーに感謝の言葉を伝えた。さらに赤枝は「本当にたくさんの人に愛していただきました。たくさんの笑顔と愛情をありがとうございました。本当に皆さん大好きです!」と満面の笑顔を見せた。

小木曽は「SKE48 チームKIIの小木曽汐莉です……と言えるのはもうこれが最後となってしまいました。私が研究生の頃からKIIのメンバーにはお世話になりました。そんなKIIメンバーとこうやってステージに立つことがもうできないんだって思うと、後悔はしていないけどやっぱり寂しくなります」と語りながら涙を見せる。さらに小木曽は「私が今日このステージを迎えられたのは本当にたくさんの方に支えられてきたからです。このステージを降りても皆さんと一緒に公演を作ってきた思い出を一生忘れず、私らしく歩んでいきたいと思います。これからもSKE48への応援をよろしくお願いします。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を語った。

涙を見せるメンバーと2人は、最後にKIIのオリジナル曲「愛の数」を力強く歌唱しステージをあとにした。なおナタリーでは公演終了後、赤枝と小木曽に卒業公演の感想を聞いた。

赤枝里々奈コメント

最初の「兆し」から泣いてしまったんですけど、今日のファンの人の顔は一生忘れません! 完全に焼き付けました!

KIIのメンバーは本当に大好きで離れるのは嫌だし寂しいけど、りりがくじけそうになったときはみんなにパワーをもらいに行くし、逆にみんながくじけそうなときはりりが会いに行ってみんなを笑顔にするよ。もうメンバーじゃなくなってしまったけど、みんな家族みたいな存在なのでいろんなことを相談しに会いにいくからね!

小木曽汐莉コメント

ガイシホールコンサートで思う存分泣いたので今日は笑顔でやろうって思ったんですけど、1曲目の「兆し」の歌詞がズルいなって思いました。今日は特に歌詞の意味を身に染みて感じることができました。泣かないって無理ですね(笑)。こんなに華やかに送り出してもらえるなんて思ってもいなかったのですごくうれしかったです。今日のこの光景をしっかり目に焼き付けたので皆さんにもずっと覚えてていただけたらと思います。

KIIのメンバーは研究生時代からずっとお世話になって、正規メンバーになってからも変わらず仲良しでいてくれてありがとうございました。KIIはいろんな葛藤を乗り越えて「ラムネの飲み方」公演をつかみ取ったんだってことを今日の公演を終わってみて改めて感じることができました。KIIは本当にすごいってことを私は胸を張って言えます。

組閣の発表は私も関係ないとは思えなくて、もう知っているKIIではなくなってしまうけど、ずっと私の好きなKIIはこのメンバーだし、それもみんなの心に残っていくと思います。新しいチームになってもSKE48の進化のためだと思うのでがんばってほしいです。私も応援していきます!

音楽ナタリーをフォロー