音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48「春コン」2日目は「仲間の歌」で感動フィナーレ

274

全メンバー揃って「仲間の歌」を披露するSKE48。(C)AKS

全メンバー揃って「仲間の歌」を披露するSKE48。(C)AKS

松村香織ソロプロジェクト発表でメンバーからは笑いが巻き起こる。(C)AKS

松村香織ソロプロジェクト発表でメンバーからは笑いが巻き起こる。(C)AKS

小林絵未梨がセンターを務める「スカートひらり」の模様。(C)AKS

小林絵未梨がセンターを務める「スカートひらり」の模様。(C)AKS

上野圭澄がセンターを務める「天使のしっぽ」の模様。(C)AKS

上野圭澄がセンターを務める「天使のしっぽ」の模様。(C)AKS

原望奈美がセンターを務める「純情主義」の模様。(C)AKS

原望奈美がセンターを務める「純情主義」の模様。(C)AKS

小木曽汐莉と古川愛李による「眼差しサヨナラ」の模様。(C)AKS

小木曽汐莉と古川愛李による「眼差しサヨナラ」の模様。(C)AKS

赤枝里々奈がセンターを務める「フィンランド・ミラクル」の模様。(C)AKS

赤枝里々奈がセンターを務める「フィンランド・ミラクル」の模様。(C)AKS

高田志織がセンターを務める「この胸のバーコード」の模様。(C)AKS

高田志織がセンターを務める「この胸のバーコード」の模様。(C)AKS

平松可奈子がセンターを務める「思い出以上」の模様。(C)AKS

平松可奈子がセンターを務める「思い出以上」の模様。(C)AKS

桑原みずきがセンターを務める「女の子の第六感」の模様。(C)AKS

桑原みずきがセンターを務める「女の子の第六感」の模様。(C)AKS

矢神久美がセンターを務める「ウィンブルドンへ連れて行って」の模様。(C)AKS

矢神久美がセンターを務める「ウィンブルドンへ連れて行って」の模様。(C)AKS

卒業メンバーによる「それを青春と呼ぶ日」歌唱の模様。(C)AKS

卒業メンバーによる「それを青春と呼ぶ日」歌唱の模様。(C)AKS

SKE48が昨日4月14日、愛知県・ニホンガイシホールにて単独コンサート「SKE48 春コン 2013『変わらないこと。ずっと仲間なこと』」の2日目公演を開催した。

この日の公演は昼と夜の2回実施。昼の公演では昨日“SKE48終身名誉研究生”に就任した松村香織がインディーズレーベル「錦通レコーズ」よりソロデビューすることがサプライズ発表された。このCDは初回1000枚が発売され、完売の際には追加プレスも予定されているとのこと。この発表を受けて松村は「ちょっと待ってください!」とさすがに驚きを隠せない様子を見せ、さらに「買ってくれる人いるんですかね? 売り切れなかったら卒業とかないですよね?」と慌てながらも「このチャンスを生かして100回くらい追加プレスできるようにがんばります」と宣言した。CD発売時期などの詳細は後日発表される。

そして2日間のコンサートのラストとなった夜公演では大きなサプライズ発表はなく、中盤以降はグループを卒業する9名(桑原みずき、高田志織、平松可奈子、矢神久美、赤枝里々奈、小木曽汐莉、上野圭澄、原望奈美、小林絵未梨)のためのセットリストが展開。卒業するメンバーがそれぞれ思い出の楽曲をセンターポジションに立って披露し会場を沸かせた。

小木曽は古川愛李とのユニット曲「眼差しサヨナラ」を披露。曲の途中で古川が小木曽に「ありがとう」と告げると会場からは大きな歓声が沸き起こり、小木曽はそのまま曲の終わりまで涙を流し続けた。そして桑原が「女の子の第六感」を歌唱すると会場からはその日一番大きな「みずき」コールが巻き起こり、最後に登場した矢神は思い出のユニット曲「ウィンブルドンへ連れて行って」を木崎ゆりあ、須田亜香里とともにかわいらしく舞い踊った。

その後、会場のモニタに卒業生の思い出の映像が流れ始めると、卒業メンバー以外の全メンバーがステージに登場し「遠くにいても」を歌唱。続いて後方ステージに特別な衣装を身にまとった卒業メンバー9名が登場し「それを青春と呼ぶ日」を歌い始めた。その歌唱にあわせて会場は白色のサイリウムの光に包まれ、卒業メンバーを乗せたステージが花道の頭上を移動すると、松井珠理奈は大粒の涙を流しながら卒業生を見送った。

最後にメインステージに集まった卒業メンバーはファンに向けて一言ずつメッセージを贈る。小林は「夢を叶えるためにこれからは進学して勉強をがんばっていきます」と宣言し、上野は「最後にこんなに素敵なプレゼントをもらえてうれしい。私の人生の中で今日は一生の思い出になります」と喜びを見せた。そして原は「たくさんの出会いと経験が私を成長させてくれました。これからは大きな夢に向かって突き進んでいきます」と会場のファンと約束を交わし、小木曽は「今日という日を迎えることは私1人じゃ無理でした。大切な仲間に感謝して今後は自分らしく歩んでいきます」と語りながら優しい表情を見せた。

赤枝は「今とても幸せです。たくさんの笑顔と愛情をありがとう」と自らも笑顔を見せながらたくさんのファンに感謝し、高田は「本当にSKE48に入ってよかった。皆さんに出会えて私の世界は変わりました。今日のことは忘れません」と涙を浮かべながらコメント。続いて平松は「いつも自信がなかった私に皆さんは“オンリーワン”というプレゼントをくれました。これから先、困難な壁にぶつかったときには今日のこの光景を思い出してがんばります」と自信に満ちた表情で語った。

そして桑原は「アイドルらしくなかったけどいつでも私を応援してくれて、いつでも私の味方でいてくれてありがとうございました。メンバーのみんな、いつでも遊ぼうね!」と彼女らしいおおらかな表情でファンとメンバーに感謝の気持ちを伝えた。最後に矢神は「皆さんと出会うことができて本当によかった。つらいこともあったけど毎日が楽しかったです。本当にありがとうございました」と最高の笑顔を見せた。すべての卒業生のメッセージが終わると中西優香が「最後まで最高の思い出作るぞー!」と叫び、全メンバーで「手をつなぎながら」を披露し、コンサート本編は終了した。

アンコールでは卒業メンバー以外がステージに立ち「掌が語ること」や「今日までのこと、これからのこと」などを歌唱。そして最後の曲を全員で歌いたいという珠理奈の懇願を受けて、退場したはずの卒業メンバー9名が再びステージに姿を現した。そして全員で「仲間の歌」を元気よく歌い上げ、感動に包まれた2日間のコンサートを終えた。

音楽ナタリーをフォロー