音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

至近!ダイブ!裸!スカパラ狂喜乱舞の男性限定ライブ

660

東京スカパラダイスオーケストラが、男性限定ライブ「Do the Dog」を昨日3月27日に東京・新代田FEVERにて開催した。

このライブは、3カ月連続で催される“制限”付きライブの第1弾で、スカパラ史上初の男性限定公演。場内には開演前から異様な熱気が立ち込め、オープニングSEが流れると熱く野太い歓声が響き渡った。これに呼応するように、茂木欣一(Dr)は「男! 準備できてんのか! ありきたりなライブじゃ終わりたくねえな。絶対に忘れられない夜にしようぜ!」と煽り、「ゴッドファーザー 愛のテーマ」から演奏をスタートさせた。

谷中敦(B.sax)は最初のMCで「空気読む必要ないからな! みんなで空気作ろうぜ!」と呼びかける。この言葉通り、序盤から普段以上に激しいセットリストが繰り広げられ、メンバーと観客のテンションは振り切れっぱなし。中盤の「You'll never walk alone」では大きな合唱が巻き起こり、「ルバン三世」では興奮のあまりダイバーも続出した。そして本編ラストでは、谷中の「全員両手を挙げろ! そのまま手を左右に降ろして全員肩を組め!」というおなじみの言葉を合図に、オーディエンスが一致団結して肩を組み「All Good Ska is One」で多幸感あふれるムードを作り出した。

アンコールでは、加藤隆志(G)が「ひさしぶりにこの曲をみんなで歌いましょう!」と口にして「Pride of Lions」、このライブのタイトルにもなっているTHE SPECIALSのナンバー「Do the Dog」が送られる。最後まで大盛り上がりの中、限られたキャパでの男だらけのライブは幕を閉じた。

なおこの“制限”付きライブの第2弾は4月4日に新宿LOFTで行われる「FRED PERRY」着用の人限定の「A Message To You Rudy」。第3弾は5月5日、下北沢GARDENでの学生限定公演「Too Much Too Young」となる。

音楽ナタリーをフォロー