音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Chara、桜庭一樹原作アニメーション映画に主題歌提供

119

10月20日から全国公開されるアニメ映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」の主題歌を、Charaが書き下ろしたことが明らかになった。

この映画は直木賞作家である桜庭一樹の小説を原作とした、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」に新解釈を加えたファンタジー作品。Charaは原作を読んだ上で、映画の監督を務める宮地昌幸と世界観を共有しながら新曲「蝶々結び」を制作した。彼女は「切なくて、初めての恋に似合うメロディーと言葉が調和できたと思っています。劇場でどんなシーンにこの曲が流れるのかを監督と2人で話して完成したのでぜひ楽しみにしていて下さい」とコメントを寄せている。

映画には、寿美菜子、宮野真守、宮本佳那子、小西克幸、坂本真綾、神谷浩史、野島裕史という豪華キャストが声優で参加。さらに今回、Charaが主題歌だけでなく、滝沢家の嫁・お路役の声を務めることも明らかになった。

また明日7月21日からは全国の映画館で、主題歌の「蝶々結び」を使った新たな予告映像が上映される。

Charaコメント

今回の楽曲「蝶々結び」は、原作を読んで、監督からの熱意や想いを受け取って自分の中にある主人公と重なるところを膨らませていきながら作りました。切なくて、初めての恋に似合うメロディーと言葉が調和できたと思っています。劇場でどんなシーンにこの曲が流れるのかを監督と2人で話して完成したのでぜひ楽しみにしていて下さい!

宮地昌幸コメント

「蝶々結び」は乙女の祈り。Charaさんにお願いした主題歌は、羽音のように柔らかく、光に溶け、空から降ってきました。

音楽ナタリーをフォロー