ももクロがゾンビに!? 関西テレビで特番オンエア

915

6月17日(日)深夜24:25より関西テレビ(関西ローカル)にて、ももいろクローバーZの特別番組「ももクロ VS 100人のゾンビ SAVE」がオンエアされることが決定。昨日6月3日に収録が行われ、ももクロのメンバーがドッキリ企画やクイズ、新曲「Z女戦争」のライブパフォーマンスに挑戦した。

ゾンビメイクのももいろクローバーZ。

ゾンビメイクのももいろクローバーZ。

大きなサイズで見る(全5件)

新衣装でゾンビたちと記念撮影するももいろクローバーZ。

新衣装でゾンビたちと記念撮影するももいろクローバーZ。

大きなサイズで見る(全5件)

番組は、ある研究所で死者をよみがえらせるための実験が失敗し、ゾンビ化ウイルスの感染が広がるというドラマ仕立てのオープニングからスタート。ウイルスのせいでゾンビ化した山里亮太(南海キャンディーズ)は、ももクロへの愛が憎しみへと変化し、ももクロをゾンビにしようと、誘拐した子供たちを人質に彼女たちをおびき寄せる。番組では元横綱の曙が登場し、ももクロと直接対決するコーナーも展開。さらにこの番組ならではの特別な演出を交えた、新曲「Z女戦争」のライブパフォーマンスもオンエアされる。

収録後には記者会見が行われ、メンバー5人が番組の感想をコメント。百田夏菜子は「最初はびっくりしたんですけど、なんかやっていくうちに楽しくなってきて、最後自分がまさかゾンビになれるなんて思っていなかったし、ちょっと変わったことをするのが大好きなのでうれしかったです。ゾンビをやってくださった皆さんとも仲良くなれました」と話し、佐々木彩夏は「朝、ドッキリから始まったので、その後もここにいるスタッフさんのことはあんまり信じてないんです。ただ楽しい番組になることは信じているのでぜひ皆さんに観ていただきたいです」と語った。

また玉井詩織は、「今日、何をやるかわからないでここに来たらいきなりゾンビに驚かされて、100人もゾンビの方が来てくださって、私たちも最終的にゾンビになって、本当に予想外な番組だったと思います。評判が良ければ『痛快!エブリデイ』(1993年から2008年まで関西テレビで放送されていた情報番組)みたいに毎朝帯番組でやれたらいいなって思います。観てください!」と収録を楽しんだ様子。一方、有安杏果は「ひどい番組です! 怖かったです。ドッキリとか弱いので、本当に一生恨みます」と怒りの声を上げ、高城れには「朝からいろんなドッキリでびっくりしちゃったけど、ある意味、視聴者の皆さんもいつドッキリが仕掛けられるかわからないから気が抜けないです。ももクロと一緒でギリギリのラインだなって思いました」と語った。

さらにゾンビメイクに挑戦した感想を訊かれた高城は「素顔よりかわいい」と自画自賛。それを受けて佐々木が「かわいい子は何してもかわいい」と発言すると、他のメンバーは「今のはあーりんだけの発言としてください!」とすかさず返していた。

また「山里亮太がももクロを愛せないという設定についてどう思ったか?」と記者に問われると、百田は「いや、愛せないって言っておきながらすごいももクロのことを好きっていうのが出てました。本当にももクロのことを応援してくださってるからこその山ちゃんなりの言葉が出てきていたし、これからもなんだかんだ言って絶対毎回ライブに来ると思う」とコメント。それに対して高城も「あまりにも好きすぎて、嫌いだという設定の演技に迷いが見えた」と指摘していた。

終始大盛り上がりの現場だったが、会見後には6月4日に誕生日を迎えた玉井詩織のためにバースデーケーキが登場し、ゾンビたちが誕生日を祝うサプライズも。玉井はケーキを前にはしゃぎつつ「うれしいです! セブンティーンです!」とその喜びを表現していた。

※記事初出時、放送日の記述に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全5件)

リンク

関連記事

関連商品