音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

全てはここから始まった!ロック1stアルバム再発シリーズ

362

EMI Music Japanが「EMI ROCKS The First」というタイトルを冠した再発シリーズを10月26日よりスタートさせる。

このシリーズは「邦楽ロックの1stアルバム」をコンセプトに音楽評論家の湯浅学がセレクトしたもので、半世紀の歴史を持つ日本のEMIのカタログから歴史的価値の高い1stアルバムを続々と復刻。プラスチックケースで1500円の「プライムライン」と、紙ジャケット仕様でリマスタリングも施された2500円の「コアライン」という2種類がリリースされる。

10月26日リリースの第1期では、内田裕也&尾藤イサオ、サディスティック・ミカ・バンド、SHOW-YA、SPANK HAPPY、Great3、ナンバーガール、ジャックス、パワー・ハウス、加藤和彦、加部正義、そしてTM NETWORKの前身バンドと言えるSPEEDWAYなどの1stアルバムが登場。長らく入手困難だったジュン上久保やD.M.B.Q.、初CD化の串田アキラ、AMATERASなど、幻と化していた貴重な作品もリリースされる。

なお第2期のリリースは12月14日で、ザ・ゴールデン・カップス、甲斐バンド、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、クリエイション、THE 虎舞竜の前身バンドTROUBLE、ZABADAKTHE WILLARD、THE PRIVATES、黒夢、ザ・ハプニングス・フォー、エディ藩、ホッピー神山、dipなどの1stアルバムが再発。マモル・マヌー、クロニクル、原田芳雄の1stアルバムが初CD化される。

第1期Prime Line再発リスト

・内田裕也&尾藤イサオ「ロック、サーフィン、ホット・ロッド」(1964)
・ザ・ワイルド・ワンズ「ザ・ワイルド・ワンズ・アルバム」(1967)
・アリス「アリスI」(1972)
・サディスティック・ミカ・バンド「SADISTIC MIKA BAND」(1973)
・SPEEDWAY「エスター」(1979)
・SHOW-YA「MASQUERADE SHOW」(1985)
・SPANK HAPPY「MY NAME IS」(1994)
・Great3「RICHMONDO HIGH」(1996)
・ナンバーガール「SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」(1999)※メジャー第1弾アルバム

第1期Core Line再発リスト

・ジャックス「ジャックスの世界」(1968)
・パワー・ハウス「ブルースの新星」(1969)
・加藤和彦「ぼくのそばにおいでよ」(1969)
・串田アキラ「爆発するソウル」(1970)
・ジュン上久保「サンフランシスコの奇跡」(1972)
・ウォッカ・コリンズ「TOKYO-NEW YORK」(1973)
・AMATERAS「ニュー」(1977)
・加部正義「COMPOUND」(1985) ※EMI移籍第1弾アルバム
・小原礼「PICARESQUE」(1988)
・D.M.B.Q.「COG」(1997) ※EMI移籍第1弾アルバム

第2期Prime Line再発リスト

・ザ・ゴールデン・カップス「ゴールデン・カップス・アルバム」(1968)
・甲斐バンド「らいむらいと」(1975)
・ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「脱・どん底」(1975)
・クリエイション「CREATION」(1975)
・TROUBLE「ザ・トラブル1982」(1982)
・ZABADAK「ZABADAK-1+」(1986)
・THE WILLARD「Who Sings A Gloria?」(1986)
・THE PRIVATES「リアル・タイム・ブルース」(1987)
・黒夢「迷える百合達~Romance of Scarlet」(1994)

第2期Core Line再発リスト

・ザ・ランチャーズ「フリー・アソシエイション」(1968)
・ザ・ハプニングス・フォー「マジカル・ハプニングス・トゥアー」(1968)
・マモル・マヌー「雨の街」(1970)
・クロニクル「アット・ウィスキー・ア・ゴー・ゴー」(1975)
・ブラウン・ライス「旅の終わりに」(1975)
・原田芳雄「LAST ONE」(1977)
・エディ藩「ブルージェイド」(1982)
・ホッピー神山「音楽王」(1991)
・dip「i'll」(1994)

音楽ナタリーをフォロー