音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

11年ぶり「AIR JAM」でハイスタ復活「また来年会おう!」

4663

昨日9月18日、神奈川・横浜スタジアムでロックフェスティバル「AIR JAM 2011」が開催され、主催のHi-STANDARDが11年ぶりにライブを行った。

2000年に千葉マリンスタジアム(現・QVCマリンフィールド)で行われた「AIR JAM 2000」を最後に、バンド活動を休止させていたHi-STANDARD。彼らの勇姿を目に焼き付けようと、会場には約3万人のファンが集まり、11年ぶりの「AIR JAM」を満喫した。

今回はHi-STANDARDのほか、BRAHMANFACTthe HIATUS磯部正文BAND、KGDR(キングギドラ)、LOW IQ 01 & MASTER LOW、マキシマム ザ ホルモン、ME FIRST AND THE GIMME GIMMES、MURPHY'S LAW、Pay money To my PainSCAFULL KING10-FEETTURTLE ISLANDWAGDUG FUTURISTIC UNITYといった国内外のアーティスト15組が出演。この日は真夏のような晴天に恵まれたこともあり、会場はオープニングの磯部正文BANDから大きな盛り上がりを見せた。

トップバッターの磯部正文BANDは、マイペースなステージングでライブを展開。途中、HUSKING BEE時代の楽曲も取り混ぜ、往年の「AIR JAM」ファンを歓喜させた。さらに終盤にはHUSKING BEE時代の盟友・平林一哉がゲスト参加。磯部の新曲に加え、HUSKING BEEの名曲「新利の風」「WALK」でギターとコーラスを務めた。

その後もさまざまなアーティストが、気合の入った熱いライブを披露。10-FEETやFACTのメンバーは、11年前は観客として楽しんでいた「AIR JAM」に出演できる喜びを口にし、先輩バンドたちに負けないパワフルなパフォーマンスで会場を盛り上げていった。

また、the HIATUSの細美武士(Vo, G)はMCで、「3月11日以降、一番うれしかったのはハイスタの復活です」と発言。マキシマム ザ ホルモンのメンバーも「11年前の自分たちに胸を張れと言ってやりたい」と、「AIR JAM」に出演できた喜びを表現した。

さらに、BRAHMANのTOSHI-LOW(Vo)は「おそらく今日を一番楽しみにしていたのは俺たちBRAHMANです」と感慨深げに語り、新旧の代表曲を間髪入れずに演奏。ノンストップで繰り出される名曲の数々に、観客はモッシュやクラウドサーフで応えていった。そしてライブ終盤には、「いつもはライブが終わったら死んでもいいと思ってたけど、今日だけは次のバンドが観てえ」と自身もHi-STANDARDのステージを楽しみにしていることを明かした。

14組の熱演を経て、ついにヘッドライナーのHi-STANDARDがステージに登場。難波章浩(Vo, B)、横山健(G, Vo)、恒岡章(Dr)がステージに現れ、後方にバンドロゴが描かれたバックドロップが上昇していく。そして、難波の呼びかけとともに11年ぶりのライブは「Stay Gold」からスタートした。3人がおなじみのイントロを演奏し始めると、3万人の大観衆はこの日最高の歓声と大合唱で喜びを表現。2曲目の「My Heart Feels So Free」を終えると、横山が「夏はまだ終わらないね!」とうれしそうに語り、続けて難波が「恋しちゃってますか?」と叫び、「Summer Of Love」を演奏した。

バンドはその後も代表曲を次々と披露。3人は1曲1曲を演奏し終えるごとに、11年ぶりにライブをできることを噛み締めるかのような笑顔を見せた。曲の合間には、難波が「東北に届け! 明日につなげよう!」「俺らが力を合わせれば、できないことなんてねえ! だって、今日だってできたじゃねえか!」と観客に語りかける一幕もあった。

ライブ本編はエルヴィス・プレスリーのカバー「Can't Help Falling In Love」で一旦終了。しかし、観客はこれで満足するはずもなく、さらにアンコールを求める手拍子を続ける。そして、再びステージに現れた難波は、「言葉がねえよ。本当に今日はどうもありがとう。続けよう、続けよう。Keep Going, Keep Going!」と語り、「Starry Night」「Brand New Sunset」の2曲を観客にプレゼントした。

こうしてHi-STANDARDの11年ぶりとなるライブは無事終了。3人はステージ中央に集まり肩を組んで、集まった3万人の観客に挨拶した。そして、最後に難波が「よーし、始めようぜ! また来年会おう!」と叫び、3人はステージを降りた。彼らがステージを去った後、会場には「Mosh Under The Rainbow」がSEとして流れ始めたが、アリーナの観客は曲に合わせてサークルモッシュを作り始め、さらには大合唱を始める。彼らが名残惜しそうにしていると、三度難波がステージに現れ、客席にタオルやピックなどを投げ入れ、またステージを去った。こうして、9時間半にわたる「AIR JAM 2011」は幕を閉じた。

「AIR JAM 2011」セットリスト

磯部正文バンド

01. #4
02. Paper airplane
03. Do we know?
04. 8.6
05. 琴鳥のeye
06. 新利の風
07. WALK

10-FEET

01. RIVER
02. VIBES BY VIBES
03. super stomper
04. 1sec.
05. STONE COLD BREAK
06. goes on

Pay money To my Pain

01. Drive
02. Weight of my pride
03. Paralyzed ocean
04. Greed
05. Pictures
06. This life

SCAFULL KING

01. YOU AND I, WALK AND SMILE.
02. BRIGHTEN UP
03. SAVE YOUR LOVE
04. WHISTLE
05. NEEDLESS MATTERS
06. NO TIME
07. WE ARE THE WORLD
08. IRISH FARM

FACT

--SE--
01. A Fact Of Life
02. The Shadow Of Envy
03. This Is The End
04. error
05. purple eyes
06. Backstabber
07. Slip Of The Lip

MURPHY'S LAW

01. INTRO
02. QUEST FOR HERB
03. BEER SONG
04. SKA SONG / SKIN HEAD GIRL
05. TIGHT
06. PANTI RAIP
07. Somebody's Gonna Get Their Head Kicked In

KGDR

01. INTRO
02. 平成維新
03. UNSTOPPABLE
04. 空からの力
05. ハルマゲドン
06. 未確認飛行物体
07. F.F.B.
08. ドライブバイ
09. 真実の弾丸
10. アポカリプスナウ
11. 見回そう

LOW IQ 01 & MASTER LOW

01. LITTLE GIANT
02. SWEAR
03. WAY IT IS
04. F.A.Y.
05. SO EASY
06. Makin' Magic
07. TOAST
08. FIREWORKS

TURTLE ISLAND

01. SELF NAVIGATION
02. 異端坊
03. この世讃歌
04. 八百万星
05. 平成ランチキ浮世の亡霊
06. 斑デ踊レ

WAGDUG FUTURISTIC UNITY

01. RAM THE CRUSH
02. GOT LIFE
03. SYSTEMATIC PEOPLE
04. WHY?
05. ILL MACHINE
06. DISCOLOR
07. X-STEREO

the HIATUS

01. The Ivy
02. The Flare
03. Monkeys
04. Bittersweet / Haching Mayflies
05. 西門の昧爽
06. ベテルギウスの灯
07. Insomnia

ME FIRST AND THE GIMME GIMMES

01. LEVING ON A JET PLANE
02. OVER THE RAINBOW
03. HERO
04. WHO PUT THE BOMP
05. SUMMERTIME
06. CCC
07. I BELIEVE I CAN FLY
08. ALL MY LOVIN'
09. LINDA LINDA
10. END OF THE ROAD

マキシマム ザ ホルモン

01. 恋のメガラバ
02. What's up, people?!
03. maximum the hormone
04. シミ
05. 皆殺しのメロディ
06. A・RA・SHI

BRAHMAN

--SE--
01. ARRIVAL TIME
02. THE ONLY WAY
03. SEE OFF
04. SPECULATION
05. 賽の河原
06. BASIS
07. CHERRIES WERE MADE FOR EATING
08. BEYOND THE MOUNTAIN
09. ANSWER FOR…
10. 霹靂

Hi-STANDARD

01. Stay Gold
02. My Heart Feels So Free
03. Summer Of Love
04. Close To Me
05. Dear My Friend
06. Wait For The Sun
07. Teenagers Are All Assholes
08. Fighting Fists, Angry Soul
09. Lovin' You [横山健弾き語り]
10. Can't Help Falling In Love
--ENCORE--
EN1. Starry Night
EN2. Brand New Sunset
--SE--
Mosh Under The Rainbow

音楽ナタリーをフォロー