音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「雨は演出」ラルク20周年ライブ、華やかに幕開け

2492

L'Arc-en-Cielの結成20周年を記念した2DAYSライブ「20th L'Anniversary Live」の初日公演が、昨日5月28日に東京・味の素スタジアムで開催された。

この公演は今年1月1日に行われた、アニバーサリーイヤーのスタートを飾る「20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR"」に続いて開催されたもの。会場には雨にもかかわらず、約5万人の観客が集まり超満員となった。

初日1曲目の楽曲は1994年発表のアルバム「Tierra」から「In the Air」。その後もバンドの前半期、インディーズ時代の1stアルバム「DUNE」から1998年リリースの「HEART」までの楽曲を、全22曲にわたって披露した。

MCでhyde(Vo)は「L'Anniversaryへようこそ! 今日の雨は演出なんで(笑)」と話し、「今日は1998年までの曲をやるマニアックな日なんですけど大丈夫ですかね?」とオーディエンスに問いかける。大歓声が返ってくると「今日はかなりコアな5万人が集まってるってことですね。すみずみまでマニアがいるのが見えます(笑)」と笑顔を浮かべた。

tetsuya(B)は2公演で全く内容が異なる今回の曲目について、MCで「俺らも大変やで(笑)。こんなの20年やってきて初めて」と苦笑い。メンバーそれぞれ、貴重な初期ナンバーの演奏を存分に楽しんでいる様子を見せた。

代表曲「虹」の前に、hydeがこの公演の収益全額を東日本大震災の被災地へ義援金として送ることを改めてファンに報告。さらに「今日という日を迎えられて本当にうれしいです。希望が見えづらくなっているから、みんなで前に行けたらなと思って今日を迎えました」と語っていた。

会場周辺ではバンドにちなんだメニューが楽しめる恒例企画「L'Arcafe」や、メンバーの待ち受け画像がダウンロードできるサービスなども用意され、20周年を祝うお祭りさながらのにぎわいを見せていた。また、世界に向けての同時生中継「ライヴ・ビューイング in シアター」も実施。日本全国の映画館と海外6カ国の劇場でも観客を魅了した。本日29日は1999年リリースのアルバム「ark」「ray」から2007年発売の「KISS」までの楽曲を中心としたステージが繰り広げられるので、参加するファンは楽しみにしておこう。

(撮影:田中和子 / 石井亜希 / 今元秀明 / 緒車寿一 / 三吉ツカサ)

音楽ナタリーをフォロー