UVERworld、アイナ・ジ・エンド、Creepy Nutsが観客の心身揺さぶった「バズリズムLIVE」初日

7

913

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 132 760
  • 21 シェア

日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」によるライブイベント「バズリズムLIVE 2021」の初日公演が昨日11月5日に神奈川・横浜アリーナで開催された。

UVERworld(撮影:山内洋枝)

UVERworld(撮影:山内洋枝)

大きなサイズで見る(全19件)

「バズリズム LIVE」は“今絶対見ておくべきアーティスト”が参加する音楽イベントとして2015年にスタート。通算7回目となる今年は初の3DAYS開催となり、初日の昨日はCreepy Nuts、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、UVERworldの3組がライブを繰り広げた。

定刻になると進行役のバカリズムと市來玲奈アナウンサーが登場。バカリズムが「ライブ中、両手の平を激しくぶつけるといい音がするらしいですよ。確か“手鳴らし”って言ったかな」と呼びかけると、観客は大きな拍手で応えた。

Creepy Nuts(撮影:山内洋枝)

Creepy Nuts(撮影:山内洋枝)[拡大]

トップバッターのCreepy Nutsは「板の上の魔物」で3日間にわたるイベントの幕を開けた。フロアで巻き起こるクラップに対し、R-指定は「手鳴らし、ありがとう!」とオープニングトークに乗っかる。続いて彼らは「よふかしのうた」「合法的トビ方ノススメ」と人気曲を連発して場内のボルテージを一気に引き上げた。「皆さんが想像以上に温かくてびっくり」「楽しいな」と顔を見合わせるR-指定とDJ 松永。出番を控えるアイナとUVERworldを「すごい強豪」と評しながらも、R-指定は「俺らの武器はラップとDJ。いろんな意見があると思いますが、私達が日本のヒップホップの顔役でございます」と語り「顔役」につなげた。ドープなトラックにリリックがみっちり詰め込まれたこの曲で2人はヒップホップアーティストとしての矜持を示した。

Creepy Nutsのライブの様子。(撮影:山内洋枝)

Creepy Nutsのライブの様子。(撮影:山内洋枝)[拡大]

「多少の無責任感を持っているのも悪くないという歌です」というR-指定の言葉に続いて投下されたのは「風来」。聴衆はリラックスした様子で体を揺らす。次に「かつて天才だった俺たちへ」が始まると場内の熱気はさらに増し、観客は終始ハンズアップしてこの曲を堪能。DJ 松永はアウトロでスクラッチを炸裂させ、会場中の視線を釘付けにした。最後にR-指定はコロナ禍について「今後どうなるかまだわからないけど、今まで以上に楽しいライブができるようになるはず。のびしろしかないと思います!」と高らかに言い放ち、ラストナンバー「のびしろ」へ。ポジティブなメッセージを込めたこの曲を全身全霊でパフォーマンスした2人は、晴れやかな表情でステージをあとにした。

アイナ・ジ・エンド(撮影:山内洋枝)

アイナ・ジ・エンド(撮影:山内洋枝)[拡大]

薄暗い会場に森や水の中にいるかのような音が流れ出す。ステージが明転すると、黒いタイトな衣装に網タイツという出で立ちのアイナが照らし出された。バンドを背にした彼女は初めにシリアスなムードの「ハロウ」「ロマンスの血」を披露。アンニュイな表情で力強い歌声を響かせ、会場を自身の世界観で満たしていく。続く「Retire」ではシャウトのような歌声を繰り出し観客を圧倒した。アイナは歌唱中とはギャップのある控えめな口調で「ソロでは初めての対バンなんです。横浜アリーナに立てるとは思わなかった」と心境を吐露。そして「次は横アリの皆さんで犬になりたいと思います」と告げ、最新音源の収録曲「ZOKINGDOG」を歌い出した。この曲は「ワンワンワン」と繰り返すフレーズが中毒性のあるスカ調のナンバー。途中、アイナは観客と一緒に振りを行う「ワンワンダンス大会」を催し、会場に一体感をもたらした。

アイナ・ジ・エンド(撮影:山内洋枝)

アイナ・ジ・エンド(撮影:山内洋枝)[拡大]

「ワタシハココニイマス for 雨」「あぁ揺れてる」というメランコリックな曲ののち、投下されたのは「家庭教師」。アイナはステージ中央に置かれたソファに腰掛け、挑発的な視線をフロアに向けながら、禁断の関係を思わせる歌詞を紡いでいく。続いて彼女は「バズリズムさんにはお世話になっているので、まだどこにも出していない新曲を」と話し、11月24日リリースのアルバムより「神様」を初披露した。そしてラストに「学校とか仕事とか、しんどいことがあったら逃げろって言うけど、逃げられへんってことがあると思うんです。そんなときは今日を思い出して、この曲を聴いてくれたら」と語り、「ペチカの夜」をギターを抱えて熱唱。最後はキュートな笑顔を客席に向けていた。

UVERworld(撮影:山内洋枝)

UVERworld(撮影:山内洋枝)[拡大]

トリを務めたのはUVERworld。オープニングムービーが終わると、ステージには1人佇むTAKUYA∞(Vo, Programming)が。そして「AVALANCHE」のイントロが流れ出し、彼は歌い始める。その声に呼ばれるように登場したバンドメンバーは、位置につくや否や聴き手が体に振動を覚えるほどの爆音を轟かせた。次の「stay on」のシンガロングパートでは、事前にファンから募集した音声が使用され、場内はまるでコロナ禍以前のライブのような空気に包まれた。「ほかの出演者を観に来ている人もいると思うけど、自分たち色のライブをしますんで、よろしく。音楽のジャンルに壁はない。全部グッドミュージックだ!」と意気込むTAKUYA∞。「最高の夜を演出しようと思って、友達を呼んでいます」と言い、愛笑む青山テルマを迎え入れた。その後バンドは2人の参加楽曲「SOUL」をプレイ。2人はハイテンションで歌唱し、ライブを大いに盛り上げ去っていった。

TAKUYA∞(Vo, Programming / UVERworld)(撮影:山内洋枝)

TAKUYA∞(Vo, Programming / UVERworld)(撮影:山内洋枝)[拡大]

真太郎(Dr / UVERworld)(撮影:山内洋枝)

真太郎(Dr / UVERworld)(撮影:山内洋枝)[拡大]

人気曲「Touch off」が始まると場内はよりヒートアップ。「IMPACT」では「Come on!」というフレーズに応じるように観客全体が飛び跳ねた。TAKUYA∞はライブ当日が誕生日であった真太郎(Dr)に向け「ハッピーバースデー。いい誕生日になりそうだな!」と祝福。さらに「俺の大好きな言葉は『人生の幸福度と収入は比例しない』。大切なのは誰と過ごして、その人に何を与えられるかということ」と語り、「AFTER LIFE」を披露した。歌詞にちなみ宇宙のような空間が照明によって作り上げられ、場内に感動的なムードが広がった。UVERworldがラストナンバーにチョイスしたのは、コロナ禍で作り上げ、今一番大切にしているという未リリース曲「EN」。TAKUYA∞は重厚なサウンドに乗せ、語りかけるスタイルで真摯な言葉の数々を届ける。バンドも力を振り絞るように各々が爆音を響かせ、「バズリズムLIVE 2021」初日を締めくくった。最後に真太郎は「素敵な誕生日を迎えることができて感謝しています。またライブに遊びに来てください。UVERworldでした!」と挨拶し、客席から温かい拍手を浴びた。

なお「バズリズムLIVE 2021」2日目である本日6日はDa-iCE、ちゃんみな、超特急、NiziU、BE:FIRST、最終日である明日7日はSaucy Dog、THE ORAL CIGARETTES、sumika、Vaundy、マカロニえんぴつが出演。初日のライブの模様は11月26日(金)深夜の番組にてオンエアされる。日テレプラスでは12月25日(土)に3日間のライブの模様を7時間半にわたり一挙放送する。

この記事の画像(全19件)

「バズリズムLIVE 2021」2021年11月5日 横浜アリーナ セットリスト

Creepy Nuts

01. 板の上の魔物
02. よふかしのうた
03. 合法的トビ方ノススメ
04. 顔役
05. Bad Orangez
06. 風来
07. かつて天才だった俺たちへ
08. のびしろ

アイナ・ジ・エンド

01. ハロウ
02. ロマンスの血
03. Retire
04. ZOKINGDOG
05. ワタシハココニイマス for 雨
06. あぁ揺れてる
07. 家庭教師
08. 神様
09. ペチカの夜

UVERworld

01. AVALANCHE
02. stay on
03. Making it Drive
04. SOUL with 青山テルマ愛笑む
05. Touch off
06. IMPACT
07. AFTER LIFE
08. EN

全文を表示

読者の反応

  • 7

HK @Jinn_sin

【ライブレポート】UVERworld、アイナ・ジ・エンド、Creepy Nutsが観客の心身揺さぶった「バズリズムLIVE」初日(写真19枚) https://t.co/xkWyHIETNh 良いラインナップですね

コメントを読む(7件)

関連記事

Creepy Nutsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Creepy Nuts / BiSH / UVERworld / 愛笑む / 青山テルマ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。