ももクロ佐々木彩夏が2年ぶりに「AYAKA NATION」開催、横アリに鳴り響いた「あーりん!」ボイス

1925

ももいろクローバーZ佐々木彩夏が昨日6月27日に神奈川・横浜アリーナでソロコンサート「AYAKA NATION 2021 in Yokohama Arena」を開催した。

佐々木彩夏

佐々木彩夏

大きなサイズで見る(全50件)

佐々木は2016年より毎年セルフプロデュースのソロコンサートを開催してきたが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により公演を中止し、オンラインライブ「A-CHANNEL」を行った。そして今年は「MSRS(ももクロ新リアルライブ世界秩序)ライブ感染対策ガイドライン」に則ったうえで、2年ぶりに有観客での開催が実現。通算5回目の開催となった今回の「AYAKA NATION」では“美術館”をテーマに佐々木が数々のエンタテインメントに触れて感じたことが具現化され、会場のロビーにはそのテーマを象徴するように4つの空の額縁が設置された。

佐々木彩夏

佐々木彩夏[拡大]

開演前にはマスコミ向けの囲み取材が行われ、佐々木は「こうやって有観客でライブをやらせていただけるのはうれしいことですし、やらせていただくからには精一杯やらないとなという気持ちでいっぱいです。1回のライブの重みをすごく感じられた1年間でもあったので、いつもはあまり緊張しないんですけど、今回は緊張してます(笑)」と本番直前の心境をコメント。コンサートのテーマに関する話題になると、「美術館でいろんなものを見たり感じたりして成長していく女の子の姿を1本のライブで描ければと思います。ライブを観終わったあとにも、いろいろと感じたり考えてもらえるようなライブになったらいいなって。今までも毎年テーマを設けてストーリー性を出してきたんですけど、気持ちとか目に見えないものをテーマにしてみようと思ったんです。私も普段から美術館に行くのが好きですし、声が出せない状況の中で静かに集中できる空間って美術館ならではで。1人ひとり集中して五感を研ぎ澄ますという部分を、ステージの演出でも表現するにはいい機会かなと思いました」と説明した。

また佐々木は自身が吹き込んだ13パターンのコール音声を流すことができる新グッズ「あーりんコールペンライト」について、「声が出せなくて制限が多いライブになってしまうんですけど、それを特別に感じてもらえたらいいなと考えてライブを作っていきました」「みんながライブ中にどんなことを叫びたくなるかなと改めて考えて声を録りました。私も声援があったらうれしいですし、みんなのフラストレーションがちょっとでも解消されたらいいなと思います」とアピール。6月11日に25歳の誕生日を迎えた心境を聞かれると、「自分が思い描いていた25歳とはいい意味で違っていて。歳よりもももクロの最年少というところで自分を考えているのであまり気持ちは変わらないんですけど、後輩のお手本となれるようなしっかりした25歳になれたらいいなと思います」と晴れやかな表情で抱負を述べた。

傘を手に持って歌う佐々木彩夏。

傘を手に持って歌う佐々木彩夏。[拡大]

開演前の場内は優雅なBGMとともにゆるやかな空気が流れていたが、ライブの開始時刻になるとオープニングSE「あーりんちゅあ」に合わせて瞬く間にペンライトのピンクの光でいっぱいに。エレガントで華やかなワンピースを身にまとった佐々木は“あーりんバンド”とともにステージに姿を現し、傘を片手にバラードナンバー「Grenade」を歌唱してしっとりとライブの幕を開けた。さらに花束を手に持ったB.O.L.Tのメンバー2人をバックに、アコースティックギターとピアノを主体にアレンジされたサマーチューン「Early SUMMER!!!」をさわやかに響かせた佐々木は、「週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!」というおなじみの挨拶を決める。これに合わせ、会場のプニノフ(あーりんファンの呼称)もペンライトで「Z!」という音声を一斉に鳴らした。ひさしぶりのコールをうれしそうに受け止めた佐々木は、ももクロのR&Bナンバー「Sweet Wanderer」、優しく包み込むような歌詞が印象的な「空でも虹でも星でもない」の2曲でプニノフを魅了。曲が終わると、スクリーンの空の額縁にモネの絵画「散歩、日傘をさす女性」の映像が浮かび上がった。

アメフラっシとB.O.L.Tのメンバーをバックに歌う佐々木彩夏。

アメフラっシとB.O.L.Tのメンバーをバックに歌う佐々木彩夏。[拡大]

次のブロックでは腰にひまわりをあしらった黄色の衣装に着替えた佐々木が、アメフラっシとB.O.L.Tのメンバーを従え、ライブ序盤とは打って変わってハードかつクールなステージングを展開。プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの石川柊太投手の2021年登場曲として使用されている「SPECIALIZER」や、ももクロの人気曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、ロックナンバー「Bunny Gone Bad」を一気に畳みかけ、観客のテンションをぐんぐんと上昇させていく。このブロック最後のVTRでは、2つ目の空の額縁の中にゴッホの絵画「ひまわり」が出現した。

佐々木彩夏

佐々木彩夏[拡大]

左から里菜(CROWN POP)、佐々木彩夏、三田美吹(CROWN POP)。

左から里菜(CROWN POP)、佐々木彩夏、三田美吹(CROWN POP)。[拡大]

続いて佐々木は花冠にピンクのドレスという鮮やかな格好にチェンジし、マイクスタンドを使ったスタイルでパフォーマンス。映画「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」の主題歌「月色Chainon」、堂本剛(KinKi Kids)の提供曲「桃色空」、聴く者の感動を誘うエモーショナルなバラード「Memories, Stories」が力強く、情感たっぷりに歌い上げられ、3つ目の空の額縁にミュシャ「四つの花『薔薇』」が浮かび上がった。ライブ後半にはモノクロのドレスに身を包んだ佐々木がCROWN POPのメンバーを率いつつ、“50's”をテーマにした「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」「My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」、ダンスナンバー「Girls Meeting」を立て続けに歌唱。“あーりんワールド”全開のコミカルな歌詞、エレクトロスウィングを基調としたサウンド、目まぐるしい展開が印象的な本公演のテーマソング「A-rin Kingdom」も披露し、笑顔でステージをあとにした。そしてスクリーンの最後の額縁にルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」が出現し、4枚の絵がそろったところでライブ本編が終了。名画やその作者からインスピレーションを受けた佐々木が表現者として自分なりのメッセージを残していった。

“あーりんコールペンライト”から発せられるコールを聞く佐々木彩夏。

“あーりんコールペンライト”から発せられるコールを聞く佐々木彩夏。[拡大]

アンコールの前には「AYAKA NATION」の幕間映像を毎回手がけているニイルセンが作画した“あーりん展覧会”が上映される。会場のプニノフは佐々木の顔に置き換えられた名画の数々がスクリーンに映し出されるたびに拍手を送り、モナ・リザに扮した“モナ・リザーリン”の「さーさき! おい! さーさき! おい!」コールに合わせてアンコールを要求した。これに応えてステージに再び登場した佐々木はライブの鉄板曲「あーりんは反抗期!」でコンサートを再開。続くMCでは「あーりん、今日もかわいいよー!」という音声で自身のことを一斉に褒めさせ、満足げな表情を浮かべた。

佐々木彩夏「AYAKA NATION 2021 in Yokohama Arena」の様子。

佐々木彩夏「AYAKA NATION 2021 in Yokohama Arena」の様子。[拡大]

佐々木彩夏

佐々木彩夏[拡大]

その後、佐々木は後輩メンバーたちをバックに“あーりん流”の応援ソング「仕事しろ」や、自身のバースデーをにぎやかに祝う「ハッピー♡スイート♡バースデー!」をパフォーマンスし、会場の盛り上がりを加速させる。「心の声をペンライトに託していただいて、声援をたくさん聞きたいと思います!」という言葉を合図に立て続けに披露された「あーりんはあーりん♡」「だって あーりんなんだもーん☆」では曲に合わせて息の合った「あーりん!」コールが鳴り響き、観客が声が出せない状況の中でも横浜アリーナが大きな一体感で満たされた。佐々木は最後に「ももクロのライブも全然できてないのにタイミングよく『AYAKA NATION』が開催できて、ほかのメンバーやファンの皆さんに申し訳ないなという気持ちもありつつ、せっかく開催できるからには楽しいステージにしたいなと思って一生懸命考えました。まだ我慢することはあるし、思い通りにいかないこともたくさんありますけど、あーりんに会いたいとか、ライブを観たいと思ってルールを守って集まってくれてすごくうれしいです。最後までやり切ることができたのは、声が出せなくても会場に来て応援してくれる皆さんがいるからだと思いました。改めてみんなとライブを作っていく楽しさを感じました」と感謝の気持ちを言葉に。終演後のロビーには絵がはめ込まれた4つの額縁が並び、家路につくプニノフたちに心地よい余韻をもたらたらした。

なおこのコンサートの模様を生中継したニコニコ生放送では、明日6月29日(火)21:00より「AYAKA NATION 2021」を佐々木とともに振り返る「AYAKA NATION 2021反省会」を有料配信。7月1日(木)20:00からはライブ映像の再配信も実施される。

この記事の画像(全50件)

佐々木彩夏「AYAKA NATION 2021 in Yokohama Arena」2021年6月27日 横浜アリーナ セットリスト

SE. あーりんちゅあ
01. Grenade
02. Early SUMMER!!!
03. Sweet Wanderer
04. 空でも虹でも星でもない
05. SPECIALIZER
06. 境界のペンデュラム
07. サラバ、愛しき悲しみたちよ
08. Bunny Gone Bad
09. 月色Chainon
10. 桃色空
11. Memories, Stories
12. My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)
13. My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)
14. Girls Meeting
15. A-rin Kingdom
<アンコール>
16. あーりんは反抗期!
17. 仕事しろ
18. ハッピー♡スイート♡バースデー!
19. あーりんはあーりん♡
20. だって あーりんなんだもーん☆

ニコニコ生放送「AYAKA NATION 2021反省会」

配信日時:2021年6月29日(火)21:00~
見逃し配信期間:7月29日(木)23:59まで
配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv332247273

ニコニコ生放送「佐々木彩夏コンサート『AYAKA NATION 2021』再配信」

配信日時:2021年7月1日(木)20:00~
タイムシフト視聴期間:7月31日(土)23:59まで
配信URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv332482783

全文を表示

佐々木彩夏のほかの記事

リンク

ライブ写真撮影:上飯坂一、高田真希子

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 佐々木彩夏 / ももいろクローバーZ / B.O.L.T / アメフラっシ / CROWN POP の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。