さくらしめじが電話で歌を贈った相手は?リモートで思い伝えた7歳の誕生日

407

さくらしめじが6月14日に、配信ライブ「さくらしめじ結成記念配信ライブ『しめたん』7周年!~今夜19:30にリモートで~」を実施した。

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

大きなサイズで見る(全12件)

「しめたん」は、さくらしめじが結成記念日である6月14日に毎年行っているライブ。昨年と同様、配信ライブという形でファンに届けられた7度目の“誕生日”の公演は、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEを舞台に展開した。

田中雅功(撮影:鈴木友莉)

田中雅功(撮影:鈴木友莉)[拡大]

待機画面に映されたデジタル時計が19:30を表示すると、7回目の「しめたん」がスタート。カメラが捉えたのは、テキスタイルの装飾やキャンドル、ライトガーランドで飾られた空間の中で、誰かに電話をしている田中雅功と高田彪我の姿だった。レトロな受話器を手にする2人はカメラを気にする素振りも見せず、それぞれに7周年を迎えた感慨を口にしている。電話口の相手に「じゃあさ、今日は7周年を記念して、歌うね」と言う雅功、「誕生日ということで、歌います」と言う彪我の声が重なると2人は受話器を置き、カメラに目線を向けながらさわやかなラブソング「ストーリーズ(feat.ひらめ)」を歌い上げた。

高田彪我(撮影:鈴木友莉)

高田彪我(撮影:鈴木友莉)[拡大]

2曲目の「きみでした(Acoustic Version)」では繊細なボーカルとギターの音色を重ね、楽曲の切ない世界観を美しく描き出した2人。すると、続く「ゆめがさめたら」では中継画面がVTR映像に切り替わり、雅功と彪我に風貌が似た「桜占地」なるデュオが、ぎこちなくも懸命に路上ライブでこの曲をパフォーマンスしている様子が視聴者の目に飛び込んできた。

「恋音と雨空」のパフォーマンスの様子。(撮影:鈴木友莉)

「恋音と雨空」のパフォーマンスの様子。(撮影:鈴木友莉)[拡大]

再びライブ会場に画面が切り替わると、ステージ上にはストリートファッションに衣装替えしたさくらしめじの2人と、この日のゲストであるイーチと矢嶋由菜(ex. DAN→JYO)の姿が。4人は雅功と彪我が2018年にカバーしたAAA「恋音と雨空」を披露する。男女混声のさわやかなハーモニーが響きわたったのも束の間、「でぃすとーしょん」ではエレキギターを手にした雅功がラウドなギターサウンドをきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)に叩きつける。ボーカルを担った彪我も普段とは真逆の荒ぶるようなボーカルスタイルで視聴者を圧倒してみせた。

田中雅功(撮影:鈴木友莉)

田中雅功(撮影:鈴木友莉)[拡大]

“うたのお兄さん”に扮した雅功と彪我がキッズと一緒に「てぃーけーじー」を歌い踊る映像を経て、さくらしめじの2人は再びオープニングと同じ衣装で姿を見せた。「かぜいろのめろでぃー(Acoustic Version)」の弾き語りで相性抜群の柔らかなハーモニーを聴かせた2人は「合言葉」を歌うと再び手元の受話器を取った。

高田彪我(撮影:鈴木友莉)

高田彪我(撮影:鈴木友莉)[拡大]

雅功は「7周年一緒にお祝いできたけどさ、この先もどんな形になっても、一緒にお祝いできたらなって思ってる。今日はありがとうね」、彪我は「今日は最後までありがとう。ホントにあっという間だったね、7周年。みんなで過ごした時間はなんにも変えられない大切な時間だから、この先も大切にしていきたいなって思ってるよ」と、その場にいない大切な人へ思いを伝える。雅功が「こんな時間だし、次で最後にしようかな。最後に1曲、歌うね」と伝え、2人が本編の最後に披露したのは、デビューシングルの表題曲の1つである「きのうのゆめ」。雅功と彪我は7年の中で培った確かな歌唱力と力強いコンビネーションで豊かにこの曲を弾き語り、終盤にはパワフルなボーカルの応酬で視聴者を魅了した。曲を終え、万感の表情を浮かべた彪我は「7周年、誕生日、一緒に祝ってくれてありがとう。ホントに幸せな気持ちでいっぱいです。ありがとう!」と受話器に向けてメッセージ。雅功も「じゃあまた来年も、再来年も祝おうね。次は7月に会おう! じゃ、バイバイ!」とツアーでの再会をきのこりあんに約束し、そっと受話器を置いた。

さくらしめじの新しいアーティスト写真。

さくらしめじの新しいアーティスト写真。[拡大]

アンコールでは、2人の口からこの日のライブのコンセプトが明かされた。ライブのサブタイトルにもある「リモート」をテーマに演出を作り上げたと明かした彪我は「僕たちと電話しているのはそこのあなた、という感じでお届けしました」と照れ笑いを浮かべた。ラストナンバーとして2人がプレイしたのは、ライブ会場ではいつも大きなシンガロングが巻き起こる「みちくさこうしんきょく」。会場のスタッフを歌唱に巻き込みながら楽しそうに歌声を重ねたのち、雅功は「8周年もまた一緒にお祝いできれば。お祝いするには、皆さんの助けが必要です。いろんなところに寄り道しながら、また前へ進んでいきましょう!」と画面の向こう側に呼びかけ、7度目の誕生日パーティを締めくくっていた。

「さくらしめじ結成記念配信ライブ『しめたん』7周年!~今夜19:30にリモートで~」2021年6月14日 セットリスト

01. ストーリーズ(feat.ひらめ)
02. きみでした(Acoustic Version)
03. ゆめがさめたら
04. 恋音と雨空
05. でぃすとーしょん
06. てぃーけーじー
07. かぜいろのめろでぃー(Acoustic Version)
08. 合言葉
09. きのうのゆめ
<アンコール>
10. みちくさこうしんきょく

※高田彪我の高ははしごだかが正式表記。
※DAN→JYOの→は右矢印左矢印が正式表記。

この記事の画像(全12件)

さくらしめじのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 さくらしめじ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。