TBSが韓国CJ ENMと戦略的パートナーシップ協定を締結

6493

TBSと、韓国の大手エンタテインメントグループ・CJ ENMが戦略的パートナーシップ協定を結んだ。

左からTBS、CJ ENMロゴ。

左からTBS、CJ ENMロゴ。

大きなサイズで見る

CJ ENMは、音楽専門チャンネル・Mnetの運営や人気オーディション番組「PRODUCE」シリーズなどを手がける企業。映画「パラサイト 半地下の家族」の投資・配給も行った。

今回のパートナーシップ協定により、TBSグループとCJ ENMは、日本や韓国に限らずグローバル市場をターゲットとするドラマやバラエティ番組、映画などのコンテンツ開発・制作を目指す。そのほか音楽や演劇などのライブエンタテインメント、アニメやマンガといった双方が強みを持つさまざまな分野での協業に加え、クリエイター陣の相互人材交流といった多角的な取り組みを共同で推進していく。

今回の取り組みについてTBSテレビ専務取締役の菅井龍夫氏は「TBSホールディングスの成長戦略として、世界のマーケットへの進出・拡大が急務であり、TBSグループの優れたクリエイターと、世界で実績のあるCJグループとのシナジーによって、新たな世界戦略コンテンツが生まれることに期待している」と述べた。またCJ ENMの映画ドラマ統括のチェ・ジンヒ副社長は「今回の提携を通して、日韓を代表するコンテンツ企業である両社の制作力を活かし、グローバル市場を目標に多様なコンテンツを提供する予定だ。また、CJ ENMはグローバルコンテンツパートナー社との協業を通して、グローバル市場に向けたコンテンツの提供を継続する予定だ」とコメントしている。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。