渋谷すばる生配信ライブで新曲続々披露「明日からも一緒にがんばっていこう」

1565

渋谷すばるの無観客生配信ライブ「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」が、昨日4月21日に行われた。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

大きなサイズで見る(全8件)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

昨年11月に2ndアルバム「NEED」をリリースした渋谷。4月8日からはこのアルバムを携えた全国ツアーの開催が予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け「例え緊急事態宣言中ではなくてもライブはお客様全員が安心して楽しめる場であって欲しい」という判断により全公演が中止となった。今回の配信ライブは21日にこのツアーが行われる予定だった東京・東京ガーデンシアターで開催され、全国のファンに渋谷の最新のサウンドが届けられた。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

ライブの開演前にはサプライズで渋谷のアナウンスが流れ、スタートを待ち構えるファンを驚かせた。渋谷は「ライブが始まるまでの暇な時間、なんか楽しんでもらおうと」と説明し、過去に公開された渋谷が世界各国を巡る映像に乗せて当時の裏話や現在の思いを語るオーディオコメンタリーを展開。2021年には考えられないほど自在に海を越え、各地での体験を楽しむ自身の様子に、渋谷は「今見ると感じ方が全然違いますね」と感想を明かしていた。

そして開演時刻を迎えると画面には、渋谷とバンドメンバーの塚本史朗(G)、MASUO(Dr)、山本健太(Key)、なかむらしょーこ(B)が立つステージ後方から無人の客席を捉えた映像が映し出された。その無人の客席に向け、渋谷はアカペラで「Sing」を力強く歌い上げる。全国のファンに声を届けた渋谷の笑顔がアップになったあとは「Earth Color」の哀切なアンサンブル、そして「BUTT」の荒々しいサウンドが響いた。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

「たかぶる」では無人の会場を見つめながらまっすぐなボーカルを届けた渋谷。「ワレワレハニンゲンダ」の前に彼は「いろんなところからいろんな環境で聴いてくれていると思いますが、あなたがいる場所で精一杯楽しんでくれ!」とカメラを通じてファンに呼びかける。曲の途中からはメンバーが楽器を持ち替え、渋谷のブルースハープを中心としたアコースティックセッションを繰り広げた。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

ひさびさのライブに渋谷は「はー、しんど!」と苦笑いしつつバンドメンバーを紹介。続いてアコースティックアレンジの「水」で情感豊かなボーカルを披露し、メンバーが奏でる温かみのある音色に乗せて柔らかな表情で「今日はどんな一日だった」を歌った。ここで渋谷は「新しい曲も増えてきてますのでここから何曲か新曲をやりまして、次のリリースなどを匂わせておこうかなというコーナーです(笑)」と話し、未発表の新曲披露へと移った。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

ここで披露されたのはラップ調のボーカルと山本が奏でるエレピの音色が印象的なミディアムチューン、そしてリズム隊がグルーヴィなリズムを刻むファンクナンバーの2曲。後者の曲では渋谷がさまざまな角度から迫るカメラすべてに目線を向け、全国のファンを喜ばせた。さらにJRAの天皇賞(春)タイアップソングとして書き下ろし提供した「塊」も初パフォーマンス。この曲では四方田“temjin”直人(Trumpet)、末夏“yath”康博(Sax)のホーン隊が加わり、楽曲の世界を華やかな音色で彩った。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

「風のうた」「人」「生きる」を丁寧にパフォーマンスしたあと、渋谷は「好きで好きで仕方がないことを、思いっきりやれていて幸せです。これからもずっとずっと、死ぬまで続けていこうと思います」と、言葉を区切りながら歌に対する思いを語る。そんな気持ちを表現するようにラストナンバー「素晴らしい世界に」をゆったりと歌い、配信ライブを締めくくった。

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)

「渋谷すばる ONLINE LIVE 2021『NEED』」の様子。(撮影:伊藤岳)[拡大]

一旦ステージを去った渋谷は再び姿を現し、「アンコールありがとうございます!(笑)」と挨拶。「最後にもう1曲だけ、言いたいこと言わせてもらいます」と叫んだのち、「ぼくのうた」を高らかに歌い上げた。大サビではライブタイトルを記したステージ後方のバックドロップが落とされ、「渋谷すばる」と大書した幕へと切り替わった。

すべての曲を歌い終えた渋谷はファンに向け「次こそはみんなで歌ったり泣いたり笑ったりできるように、そんな日のために明日からも一緒にがんばっていこう!」と熱く語りかけ、何度も「ありがとうございます!」と感謝を述べながらステージを降りた。終演後の画面にはこのライブに向けたリハーサルに臨む渋谷の姿を追った映像が流れ、最後までファンを楽しませた。このライブのアーカイブ映像は4月29日まで配信されている。

渋谷すばる ONLINE LIVE 2021「NEED」2021年4月21日 セットリスト

01. Sing -a cappella-
02. Earth Color
03. BUTT
04. たかぶる
05. ワレワレハニンゲンダ
06. 水
07. 今日はどんな一日だった
08. 新曲
09. 新曲
10. 塊
11. 風のうた
12. 人
13. 生きる
14. 素晴らしい世界に
<アンコール>
15. ぼくのうた

この記事の画像(全8件)

渋谷すばるのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 渋谷すばる の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。