名古屋のライブハウスAPOLLO BASEが来年3月で閉店、入居ビルの老朽化により

1200

愛知県名古屋市のライブハウス、APOLLO BASEが2022年3月27日をもって閉店することが運営元のエスフラッグプロモーションより発表された。

APOLLO BASE ロゴ

APOLLO BASE ロゴ

大きなサイズで見る

同店は1980年代にR&Bを中心として営業していたライブハウスを受け継ぐ形で2000年4月にオープン。2015年に現在の店名に改称した。

今回の閉店は店舗が入居している雲竜フレックスビル東館とのテナント契約満了、および同ビルが築52年を迎えることから「老朽化したビルの地下でのライブハウス営業の継続、その将来を描くことが困難」という理由により決定した。今後はエスフラッグプロモーションが運営するDIAMOND HALL、およびグループ会社のSPADE BOX、HeartLandの3店の協力体制が強化される。

同社は閉店に際し「またいつか、どこかでアポロベイスを復活させる夢を持ち続けて頑張っていきます」「これまで培った経験を発揮し、華々しい最期を迎えられるようにまい進する所存でございます」とコメントしている。

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。