名古屋のライブハウスAPOLLO BASEが来年3月で閉店、入居ビルとの契約満了により

4

1204

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 565 566
  • 73 シェア

愛知県名古屋市のライブハウス、APOLLO BASEが2022年3月27日をもって閉店することが運営元のエスフラッグプロモーションより発表された。

APOLLO BASE ロゴ

APOLLO BASE ロゴ

大きなサイズで見る

同店は1980年代にR&Bを中心として営業していたライブハウスを受け継ぐ形で2000年4月にオープン。2015年に現在の店名に改称した。今回の閉店は、店舗が入居している築52年のビルとのテナント契約満了が契機となり「この場所でその理想を追求するには様々な制限や障害があり、これ以上の営業の継続とその将来を描くことは困難である」という理由により決定した。今後はエスフラッグプロモーションが運営するDIAMOND HALL、およびグループ会社のSPADE BOX、HeartLandの3店の協力体制が強化される。

同社は閉店に際し「またいつか、どこかでアポロベイスを復活させる夢を持ち続けて頑張っていきます」「これまで培った経験を発揮し、華々しい最期を迎えられるようにまい進する所存でございます」とコメントしている。

全文を表示

記事初出時より、本文を一部変更しました。

読者の反応

  • 4

ゆん🐻🍯 @yuri_piglet

この書き方だとビル全体が老朽化でって話だけど別のライブハウスが入るってのが理解できないなー
ソースはわからんけどコロナ対策の空調システムがクリア出来なかったとかって話しも出てるけど金さえあれば解決できたのかな?
もう閉店しちゃったし次のテナントも決まった後だからタラレバなんだけどさ https://t.co/zt7tcjG79O

コメントを読む(4件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。