小沢健二が3カ月連続でシングルリリース、第1弾は「ウルトラマン・ゼンブ」

490

小沢健二が3月9日に東京・日本武道館で開催を予定していたコンサート「aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena」の中止を決定。その代わりとして3月から5月にかけて3カ月連続でシングルリリースを行うことを発表した。

小沢健二「aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena」東京・日本武道館公演の中止と3カ月連続シングルリリースの告知画像。

小沢健二「aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena」東京・日本武道館公演の中止と3カ月連続シングルリリースの告知画像。

大きなサイズで見る(全2件)

3月9日にリリースされるシングル第1弾のタイトルは「ウルトラマン・ゼンブ」。これは小沢の4歳の次男が考案した「すべてのウルトラマンの美徳や必殺技を『ゼンブ』兼ね備えた歴代最強最高のウルトラマン」という意味の造語で、円谷プロダクションの協力を得てタイトルに決定した。楽曲は「カラータイマーが点滅してからが勝負の時だ」という歌詞で始まるアップテンポなナンバーで、幼い子供の無敵の万能感、何かを得て何かを失いながら成長していく時間、大人になり味わう焦燥感、限界を知った上で乗り越える疾走感、3分間で終わらない変身、そんな“ゼンブ”が詰まった小説のような作品となっている。

なお小沢が3カ月連続でシングルをリリースするのは、「カローラIIにのって」「強い気持ち・強い愛」「ドアをノックするのは誰だ?」を連続でリリースした1995年1月~3月以来、約26年ぶりだ。

小沢健二 コメント

3、4、5月と、3ヶ月連続でシングルをリリースします。
どの新音源も、アリーナ公演中止の無念さを叩きこんで、アツアツに仕上げます。
状況に合わせて、その時々の創作をするしかないです。
3月9日、無念ですが武道館ではなく、それぞれの場所で、「ウルトラマン・ゼンブ」を爆音で聴きたいです。そして4月も、5月も。
困難の中、一瞬でも、Tower of Good! (絵文字の「いいね」が積み上がっているような、「良いの塔」。「ウルトラマン・ゼンブ」と同じく、次男4歳の造語です)な時間を。

この記事の画像(全2件)

aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena

2021年3月9日(火)東京都 日本武道館(※公演中止)

全文を表示

関連記事

小沢健二のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 小沢健二 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。