音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

予定外のトラブルも? SKE48、横浜で3000人握手会開催

57

SKE48が本日11月20日、横浜・赤レンガ倉庫イベントスペースにてニューシングル「1!2!3!4! ヨロシク!」の発売記念全国握手会イベントを行った。

本日から来年1月15日までの間に、全国5都市で6回の開催が予定されているこの握手会イベント。イベント初日の横浜会場は晴天に恵まれ、約3000人のファンが駆けつけた。

この日のイベントには、シングル「1!2!3!4! ヨロシク!」の選抜メンバー16人を含む計32人のSKE48メンバーが出演。紅組、白組の衣装を着てステージに登場した32人のうち、松井珠理奈や松井玲奈がメンバーを代表してファンに挨拶をした。続いて、「1!2!3!4! ヨロシク!」の話題になると、矢神久美が「この曲は、ふゆいさむ? 違った! 寒い冬を乗り切れる、明るくお祭り騒ぎができる曲になってます」という彼女らしい天然ぶりを発揮。同曲のビデオクリップについては、高柳明音が「仙台の高校で、在校生と同じ制服を着て撮影しました。中には卒業生の方も参加していて、今年高校を卒業した私や桑原(みずき)さんもちょっと安心して撮影に臨めました(笑)」と撮影時のエピソードを明かした。

その後、紅組の16人が「青春は恥ずかしい」、白組の16人が「コスモスの記憶」を歌唱。それぞれのチームカラーにちなんだ衣装を身にまとったメンバーが、きらびやかなパフォーマンスを披露した。

続いて、選抜メンバー以外の16人がステージに残り、来場したファンへのサプライズ企画を実施。メンバーのサインが入ったポスターやオリジナルトレカ、ツーショットチェキ権などが抽選でプレゼントされた。

抽選会が終わると、チーム・キネクト(珠理奈&玲奈)がステージに登場し、「TWO ROSES」を歌唱。紅組、白組とは異なるクールな歌とダンスで、観客を魅了した。

「TWO ROSES」を歌い終えると、この日発売されたXbox360専用ゲームシステム「Kinect(キネクト)」を使った、ファンとのゲーム対決を開催。抽選で選ばれたファン2人が、それぞれ珠理奈、玲奈とボクシングゲームで勝負することになった。しかし、ゲームの準備を進めるもののなかなかプレイヤーが認識されず、スタッフが悪戦苦闘。必死で準備が進められる中、玲奈が「TWO ROSES」ビデオクリップ撮影時のエピソードを話したり、珠理奈が得意のダジャレを連発したりして間をつないだ。結局、このシステムは屋内での使用を想定して制作されているため、日差しの強い屋外は不向きということが明らかに。ゲーム対決は行われることなく、このコーナーは終了となった。

残念な結果で終わってしまったゲームコーナーを挽回するかのように、最後に登場した選抜メンバー16人が「1!2!3!4! ヨロシク!」を熱唱。パワフルなパフォーマンスとキュートな歌&セリフで、会場のファンをノックアウトした。

こうして、約1時間にわたるイベントは一旦終了。続いて行われた囲み取材には選抜メンバー16人が参加し、記者の質問に答えていった。ニューシングル「1!2!3!4! ヨロシク!」についての感想を尋ねられると、珠理奈は「SKE48も結成から2年ちょっと、4期生が入ってメンバーが60人近くになりました。シングルにはメンバー全員が参加しているので、SKE48の今が詰まっていると思います」とコメント。全国握手会については、玲奈が「全国いろんなところから来てくれて、すごくファンの方々のあたたかさを感じます」、珠理奈が「みなさんいろんなところから来てくれるので、逆に私たちからいろいろなところに会いに行きたいです」とそれぞれ感想を語った。

さらに、ライバルについて質問されると、玲奈は「目標としてはAKB48さんだけど、シングルを出す度に自分たちの殻を破っていきたいので、ライバルは自分たち自身」と発言。矢神は「『1!2!3!4! ヨロシク!』はデイリーチャートで2位になったけど、やっぱり1位を目指したいです!」と、今後の目標を力強く宣言した。

その後、メンバーは集まったファンとの握手会を実施。寒空の下、あたたかな交流を楽しんだ。

音楽ナタリーをフォロー