ビッケブランカと岡崎体育、秩序が保たれたフォートナイトで平和的ミート&グリート

547

ビッケブランカ岡崎体育の生配信企画「FORTNITE HOUR NIGHT vol.3 FINAL」が、昨日10月28日にビッケブランカのYouTube公式アカウントで配信された。

左から岡崎体育、ビッケブランカ。

左から岡崎体育、ビッケブランカ。

大きなサイズで見る(全9件)

この配信企画は昨日10月28日にビッケと岡崎体育のコラボシングル「化かしHOUR NIGHT」がリリースされたことを記念して行われたもの。これまで2人はゲーム「FORTNITE」を用いたイベントを2回行っており、第1回は視聴者を招いたフィールドでコラボシングル発売を告知、第2回はゲーム内でファンとの銃撃戦を繰り広げた。「FINAL」と銘打たれた第3回の配信で2人は「オンラインミート&グリート」を実施することをアナウンス。ゲーム内でファン1人ひとりと挨拶をし、ハイタッチを交わすことを目的にゲームが行われた。

ミート&グリートに参加するため、行列を作るプレイヤーたち。

ミート&グリートに参加するため、行列を作るプレイヤーたち。[拡大]

今回の配信ではゲーム内での秩序を守るべく、2人のゲストプレイヤーを召喚。ビッケと岡崎のゲーム仲間であるゲストプレイヤーは、ミート&グリートを穏便に遂行するためのボディガードとして2人に寄り添った。

過去の配信で収集がつかなくなった経験を回想した2人は「第1回のようなカオスはいらない」と念を押しながらミート&グリートの会場を設営。参加者たちに整列を促すと、列を作ってプレイヤーたちが待機し、ビッケと岡崎はプレイヤー1人ひとりを部屋に招き入れてファンを歓迎した。エモートを用いたダンスを披露し合い、ハイタッチを交わしたあとにビッケはプレイヤー名を呼びながら愛を持って銃を撃ち、ファンを1人ずつ見送った。

プレイヤーとハイタッチを交わすビッケブランカのアバター。

プレイヤーとハイタッチを交わすビッケブランカのアバター。[拡大]

イベントが順調に進行していると思いきや、ミート&グリートの会場が突如ストームに巻き込まれ、周辺はパニック状態に。プレイヤーたちは急きょ安全地帯を求めて大移動を始め、ミート&グリートを仕切り直す。しかし再び会場を用意してイベントを再開したものの、今度はダメージを与えていないプレイヤーに自動的にダメージが加算される“ストームサージ”というシステムで参加者たちが次々とダメージを負い始め、1回目のミート&グリートは泣く泣くお開きとなった。

2回目のミート&グリートはストームに巻き込まれることもなく、列を作ったファンは1人ずつビッケと岡崎と面会。ボディガード2人は列形成と参加者の“はがし”を担当し、秩序が保たれた状態で、アーティストとファンの交流が繰り広げられていく。ビッケと岡崎体育はお辞儀をしたり、ダンスを踊ったりしてファンをもてなし、時間いっぱいまでファンとのミート&グリートを楽しんでいた。

ビッケブランカのシャドーに群がるシャドーたち。

ビッケブランカのシャドーに群がるシャドーたち。[拡大]

最後にビッケと岡崎体育はエキシビジョンとして通常の戦闘を行うカスタムマッチを開催。2人はボディガードを務めたゲストとチームを組み、襲来する敵を撃退していくが、車に乗り込んだプレイヤーが次々とビッケチームのメンバーを轢いて回り、チームは全滅してしまう。倒されてしまったプレイヤーはシャドーとして生き返ることができ、ビッケはシャドーの集団を率いてパーティを開催。まだ撃退されていないプレイヤーを見つけると集団で襲いかかり、生きたプレイヤー全員が倒れたところでゲームは終了となった。

左から岡崎体育、ビッケブランカ。

左から岡崎体育、ビッケブランカ。[拡大]

最後に岡崎体育は「みんながちゃんとルールを守ってくれたおかげだと思います。これからもルールを守って音楽とか配信を楽しんでもらえたらと思います」とファンにメッセージを送る。ビッケは英語で海外のファンにも感謝の気持ちを伝えたあと「これからもビッケブランカ VS 岡崎体育をよろしくお願いします!」と呼びかけ、この日の配信を締めくくった。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

ビッケブランカのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ビッケブランカ / 岡崎体育 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。