sumika「ぐらんぶる」主題歌MVは全編アニメ、ぬQが日本の夏を凝縮

950

sumikaの新曲「絶叫セレナーデ」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

sumika

sumika

大きなサイズで見る(全4件)

sumika「絶叫セレナーデ」配信ジャケット

sumika「絶叫セレナーデ」配信ジャケット[拡大]

本日7月29日に配信リリースされた「絶叫セレナーデ」は映画「ぐらんぶる」の主題歌で、MVはアニメーション作家・ぬQが手がけたsumika初の全編アニメーション作品。夏祭り、花火、常夏ビーチなど日本の夏の風景や楽しさが凝縮された作品となっており、映像には片岡健太(Vo, G)の手描きの画もインサートされている。「絶叫セレナーデ」MV公開と併せて、各種配信サイトでは「フィクション」「ファンファーレ」などのMVの配信もスタートした。

またsumikaは本日22:00より放送されるTOKYO FM・JFN系「SCHOOL OF LOCK!」に生出演。番組内では映画「ぐらんぶる」の挿入歌「唯風と太陽」がフルサイズで初オンエアされる。

sumika コメント

「絶叫セレナーデ」は映画「ぐらんぶる」の主題歌として書き下ろしました。今年の夏、こんな夏になってくれたらいいなという事をイメージして制作しましたが、世界がこんな状況になるとは思いもせず、なんだか足りなかった気持が埋められるような、自分たちの曲を聴いて、今年感じられない夏を感じて貰えたらいいなという気持ちで、希望の曲となりました。MVは全編初のアニメーション作品です。(コロナ禍で)家から出られない状況の中、ミュージック・ビデオをつくろうという話になり、ベストを尽くそうという事で、今回のアイデアに行きつき、右も左も分からない中で、こういうことがしたい、ああいうことがしたいという話をして、散々言いまくってそれを全部(ぬQさんに)叶えて頂きました。自分たちが見ていても楽しくなるようなミュージック・ビデオです!

この記事の画像・動画(全4件)

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」

2020年7月29日(水)22:00~23:55

sumikaのほかの記事

リンク