SEEDAの半自伝映画「花と雨」Blu-ray / DVD化、笠松将のレコーディングシーン公開

93

SEEDAの半自伝映画「花と雨」のBlu-ray / DVDが8月5日に発売される。

映画「花と雨」DVDジャケット (c)2019「花と雨」製作委員会

映画「花と雨」DVDジャケット (c)2019「花と雨」製作委員会

大きなサイズで見る(全3件)

【Amazon.co.jp限定】花と雨(Blu-ray)

【Amazon.co.jp限定】花と雨(Blu-ray)
Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】花と雨(DVD)

【Amazon.co.jp限定】花と雨(DVD)
Amazon.co.jp

土屋貴史が監督を務めた映画「花と雨」は、2006年に発売されたSEEDAのアルバム「花と雨」 を原案とする作品。幼少期をロンドンで過ごし、閉塞的な日本の空気になじめない少年がヒップホップと出会い、成功と挫折、大切な人との出会いと別れを通じて、大人になっていく様が描かれている。SEEDAは株式会社サイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長と共に映画のエグゼクティブプロデューサーを務め、音楽プロデュースも担当した。なお演技指導で仙人掌も参加している。

YouTubeでは主演を務めた笠松将のレコーディングシーンを収めたメイキング映像が公開された。この映像はBlu-ray / DVDに特典映像として収録される予定で、Blu-ray / DVDにはこのほか笠松がラップパフォーマンスの指導を受ける模様やバックエンドシーン、笠松の未公開インタビューなどが収められる。

この記事の画像・動画(全3件)

SEEDAのほかの記事

リンク

関連商品