花と雨

花と雨

ハナトアメ

2020年1月17日(金)公開[PG-12] / 上映時間:114分 / 製作:2019年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C)2019「花と雨」製作委員会

解説 日本のヒップ・ホップの名盤と名高いSEEDAのアルバム『花と雨』を原案にした、ヒューマンドラマ。音楽に自分の居場所を見出した若者が挫折と悲しい別れを経て、大きく成長していく様が描かれる。主演は新進俳優として注目を集める笠松将。監督は、Perfumeやゆずなど、数多くのMVを手がける映像ディレクター、土屋貴史が務める。

ストーリー 幼少期をロンドンで過ごした吉田は、閉塞的で常に周りの空気を読まないといけない日本の社会にまったく馴染めないでいた。高校生活も退屈でしかない彼は学校とも同級生とも疎遠になっていく。そんな折、ヒップ・ホップに出合い、彼はラッパーの活動を始める。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全14件)