E-girls鷲尾伶菜ソロプロジェクト始動、第1弾は佐藤大樹&橋本環奈映画主題歌

492

鷲尾伶菜(E-girls)がソロプロジェクト「伶」を始動。その第1弾となる楽曲「Call Me Sick」が、5月22日公開の映画「小説の神様 君としか描けない物語」の主題歌に決定した。

「小説の神様 君としか描けない物語」主題歌告知ビジュアル

「小説の神様 君としか描けない物語」主題歌告知ビジュアル

大きなサイズで見る

2020年末をもってのE-girlsの解散発表に伴い、ソロ活動の開始を発表していた鷲尾。彼女の曲が主題歌に使用される「小説の神様」は佐藤大樹EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演作で、監督は久保茂昭が手がけている。

主題歌「Call Me Sick」は前に進もうとする登場人物たちの心情を引き立てるポップな応援ソングで、鷲尾はこの曲について「映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!」とコメントしている。挿入歌にも伶の新曲「こんな世界にしたのは誰だ」が使用される。このほか挿入歌にはLeola、琉衣の新曲も決定した。

鷲尾伶菜 コメント

本作の主題歌に起用された感想

ソロとして皆さんに聴いていただける最初のきっかけが、映画「小説の神様」の主題歌と聞き、本当に嬉しかったです。この映画に少しでも花を添えられるよう精一杯曲を届けたいと思います!

楽曲に込めた思い

映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!

ソロデビューして初の新曲となることへの意気込み

初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです! ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています。映画のエンドロールに合わせて選曲したので、主人公二人の感情に寄り添って聴いてもらえたらと思います。

久保茂昭監督 コメント

原作を読んだ時から頭の中に女性アーティストの声が響きました。
鷲尾さんの恋心に憑依したような切ない歌声がすごく好きで、一也の気持ちを歌えるのは彼女しかいないと思いました。彼女の歌声が持っている切ないところ、ピュアだけど未熟なところが、本作にピッタリだと思ったので、本人に直接会って「冒頭、鷲尾さんの声から始まりたい、あなたの声で物語の全体が入ってくるんだ」と僕から強くお願いしました。

全文を表示

関連記事

E-girlsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 E-girls / Leola / 佐藤大樹 / 橋本環奈 / EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE / 小説の神様 君としか描けない物語 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。