音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

乃木坂46大園、向井、山下、渡辺が成人式「寂しいです」白石卒業に涙の思いも

2153

左から大園桃子、山下美月、渡辺みり愛、向井葉月。

左から大園桃子、山下美月、渡辺みり愛、向井葉月。

乃木坂46の新成人メンバー・大園桃子、山下美月、向井葉月、渡辺みり愛が本日1月9日に東京・乃木神社で成人式を行った。

多くの報道陣が集まった境内に4人は華やかな振袖姿で姿を見せ、本殿で祈祷を受けた。会見の場で20歳を迎えた感想を問われ、大園は「地元の成人式に出たんですけど、乃木神社で成人式をすると『乃木坂46のメンバーなんだな』ということを実感します」とコメント。歴代のメンバーが行ってきたこの成人式に憧れていたという山下は「こうして成人式ができてうれしい気持ちです」と続き、同じくこの日を迎えることが夢だったと明かした向井も「うれしく思います」と笑顔を見せる。渡辺は「グループで祈祷を受けるときと違って、今日は個人名を呼んでいただいて」と本殿での祈祷の感想を述べ「感慨深く、ウルウルしました」と思いを明かした。

それぞれが絵馬に書き込んだ願いについて質問を受けると、「乃木坂の塊になりたい」と書いた向井は「私は乃木坂46のメンバーが大好きなので、メンバーのよさをたくさん集めた人間になりたいんです」と語る。「家族を安心させたい」と書いた渡辺は「不安定なお仕事で迷惑もたくさんかけているので、20代に突入したからには家族を安心させられる大人になりたいんです」と説明。山下は「乃木坂46に入って、笑顔で過ごす時間が増えたなと思っていて。アイドルでいる限り、ニコニコしていたほうがかわいいじゃないですか。ファンの皆さんにもスタッフさんにも笑顔でいてほしいので『笑顔で過ごせますように』と書きました」と思いを伝え、「幸せに気づけるように」と書き込んだ大園は「ネガティブに考えがちで、幸せになかなか気付けないので……」と照れ笑いを浮かべながら回答した。

乃木坂46の成人式では恒例となっている「自分たちは何世代?」という質問が飛んだ際には、お互いに目を見合わせたメンバー。山下は「絶対に質問をもらうと思って、考えた結論は『おめでたい世代』です」と4人を代表して発表し、「2020年に20歳を迎えたということと、今年は東京オリンピックもありますし、令和初の成人式でもあって……たくさんの“おめでたい”が集まった、おめでたいメンバーだなって」とその理由を説明した。また山下は飲酒の話題になった際、3人から「お酒が強そうな顔」と言われ「よく言われるんです(笑)」と反応。実際は「家に帰ったら、ちょっと飲んで寝るくらい」だといい「この間初めてウイスキーを飲んだら、喉が焼けました(笑)」と飲酒事情も明かしていた。

会見の最後には、先日グループからの卒業を発表した白石麻衣についての質問が飛んだ。山下は「卒業というのはいつか来てしまうもの」と受け止めつつ「白石さんの背中をみんなで見て、吸収して。残りの時間を大切に過ごしたいです」と前向きにコメント。4人の中で唯一の2期生メンバーである渡辺は「私はこの中では一番長く白石さんと一緒にいたけれど、本当にいろんなものを率先して残してくれた方。人見知りなのに『どうした? 大丈夫?』とみんなに近付いていけるのは、それだけ優しいから。それをしっかりと受け継いでいけるか不安なところもあるけれど、7年間近くで見てきたぶん、後輩に伝えられることはあるのかなと思います」と語る。そして、向井は11月に行われた3、4期生ライブで自身が参加したユニット曲「でこぴん」の映像を白石本人に送ったエピソードを披露。涙ながらに当時を振り返りながら「白石さんは『これからもやってほしい』と言ってくださって。もし自分が(メンバーに)入るときがあったら、精いっぱいがんばろうと思います」と誓う。白石の話題が出た直後から「寂しいです……」と瞳を潤ませていた大園は、流れる涙をそのままに「迷惑と心配しかかけていないので。卒業されるときには少しでも『強くなったな』と思ってもらいたいです」と言葉を絞り出していた。

音楽ナタリーをフォロー