音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GENERATIONS×田名網敬一コラボストアが表参道に、7人のイチ押しアイテムは

862

GENERATIONS from EXILE TRIBEと田名網敬一(中央)。

GENERATIONS from EXILE TRIBEと田名網敬一(中央)。

GENERATIONS from EXILE TRIBEが現在開催中のドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”」と連動したコンセプトストア「少年クロニクル POP-UP STORE」が、11月21日から24日まで東京・エスポワール表参道内にオープンする。本日11月19日にマスコミ向けの発表会が同店舗で行われ、GENERATIONSとアーティストの田名網敬一が出席した。

「GENERATIONS LIVE TOUR 2019“少年クロニクル”」ではGENERATIONSと田名網のコラボが実現し、田名網がツアーロゴやグッズのアートワークなどを手がけている。4日間限定でオープンする「少年クロニクル POP-UP STORE」はツアーグッズとは異なる限定のコラボレーションアイテムを展開するストアで、田名網によるアートワークを大胆に生かしたコーチジャケット、パーカー、TシャツといったアパレルアイテムやiPhoneケース、サコッシュといった小物まで16種類20アイテムが用意された。

田名網はまず、先日行われたGENERATIONSの東京ドーム公演に足を運んだことを明かし「素晴らしかった。音楽とビジュアルのコラボレーションはThe BeatlesやThe Rolling Stonesの時代から活発に行われていたけれど、今回僕がこういう形でGENERATIONSとやらせてもらうことは僕自身とても刺激があって、いい経験になりました」と思いを語った。

今回のコラボは、田名網の作品のコレクターだったEXILE HIROとのつながりから実現したものだといい、アイテムのラインナップ決めや素材選び、プロモーションなどのディレクションはメンバーの佐野玲於と関口メンディーの2人が担当した。佐野は田名網との作業について「先生の活動の背景や作品に刺激を受けてファンになり、ツアーのグラフィックなどにプラスアルファする形でポップアップストアをやらせていただくことになりました。先生の作品と僕らが融合したときの整合性とか、逆にこうしたら面白いんじゃないかということを提案させていただきましたが、僕らが100ぶつけると1000で返ってくるからぐうの音も出ない(笑)。先生のディテールの細かさ、仕事の速さ、とても勉強になりました」と振り返る。一方のメンディーは「LDHのグループがこうしてアート界の方とやらせてもらうことはあまりなかったので、こういった機会をいただいてありがたいです」と感謝しつつ「素敵なアイテムができあがって、うれしい限りです」と満足そうに語った。

またメンバーは会見の中で、おすすめのアイテムを1点ずつ発表。片寄涼太はパジャマ(SHONEN CHRONICLE Pajama)を挙げ「ファッションアイテムとしても注目されていますし、とても気に入っています」と理由を語る。数原龍友が挙げたのはパーカー(SHONEN CHRONICLE Hoodie)で「いろんな場面で使えますよね」とアピール。小森隼はインナーに着用したTシャツ(SHONEN CHRONICLE Plane Print Tee SS)を報道陣に見せながら「季節問わず着れるので、皆さんにも着てもらえたら」と呼びかけた。

白濱亜嵐はスケートボードのデッキ(SHONEN CHRONICLE Skateboard Deck)を指して「惹かれてます!」と勢いよくコメントしたが、そのあとの「スケボーやらないんですけど……」という告白でメンバーを爆笑させた。中務裕太のイチ押しはこの日彼が着用していたチノパン(SHONEN CHRONICLE Chino Pants)で「シンプルなチノパンもグラフィックが入ることで個性的な表情が出る」とアピール。片寄と同じパジャマをお気に入りのアイテムに挙げた佐野は「パジャマ好きで、絶対パジャマ着て寝るんですよ。カート・コバーンなんかもおしゃれなパジャマを着ていて、そのまま飛行機に乗ってツアーに出たり……」とパジャマへの並々ならぬ思いを吐露した。最後にメンディーは自身のパンツ(SHONEN CHRONICLE 5P Pants)を指し「このカラーリングがインパクトあって、個人的に好きです!」とコメントした。

また会見では、先日の「第70回NHK紅白歌合戦」出場者発表会見でGENERATIONSが着用していたオリジナルTシャツについて質問が飛ぶ場面も。Tシャツを用意した佐野は「もし紅白に出られるとしたら(会見で)何を着る?と話していたんです。僕ら紅白出場を目標に掲げていたので、ダメ元で作って思い出にしようと、お世話になっているスタッフさんに渡せるように作りました」と明かす。デザインを手がけたのも「デビュー前からお世話になっている方で、僕らの最初のロゴを作ってくれたデザイナーさん」だそうで、佐野は「出られなかったらお蔵入りだったので、ホントに着られてよかったと思います」と笑顔を浮かべた。本番のパフォーマンスについては、メンディーが「観てくださる方の心にしっかり残るパフォーマンスをしたいと思います」と誓った。

なお「少年クロニクル POP-UP STORE」で展開されるアイテムは特設のオンラインストアでも11月21日12:00より販売される。

「少年クロニクル POP-UP STORE」

期間:2019年11月21日(木)~24日(日)
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目25-15 エスポワール表参道 B1
営業時間:12:00~20:00

音楽ナタリーをフォロー