音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

欅坂46初の東京ドーム公演は平手ソロ曲で終幕、超満員の会場に大きな余韻残す

7465

欅坂46「夏の全国アリーナツアー2019」東京・東京ドーム公演の様子。(撮影:上山陽介)

欅坂46「夏の全国アリーナツアー2019」東京・東京ドーム公演の様子。(撮影:上山陽介)

欅坂46が9月18、19日に東京・東京ドームで全国アリーナツアー「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演を行った。この記事では昨日19日公演の様子をレポートする。

8月16日の宮城・ゼビオアリーナ仙台公演で幕を開け、全国5都市で全12公演が行われた「夏の全国アリーナツアー2019」。グループ初となる東京ドーム公演は、ツアー各地のチケットが完売したことを受けた追加公演として、ツアー開幕前に開催が発表された。動員は全公演を通して約17万4500人。デビューからわずか3年5カ月でたどり着いた東京ドーム公演には各日約5万人が集まり、欅坂46は過去最大規模の会場で堂々としたパフォーマンスを繰り広げた。

オープニングでは観客がじっと見守る中、1人登場した平手友梨奈がステージ上をゆっくりと歩きだす。そして平手を照らしていた明かりが暗転し、おなじみの「Overture」が流れると、会場の静寂は大きな歓声に破られた。欅坂46は火柱が立ち昇る演出と共に「ガラスを割れ!」で勢いよくライブをスタートさせ、3曲目の「Student Dance」では花道の中央のセンターステージを舞台に、噴水に囲まれながらの幻想的なダンスを展開。平手がピアノの上に乗ってソロダンスを繰り広げたあとには、跳ねるようなピアノの音色が印象的な「エキセントリック」が披露され、メンバーがメインステージからセンターステージに一瞬で移動するトリックに観客の目は釘付けになった。

佐藤詩織は序盤のMCから感極まった様子を見せ、「お見立て会から始まって、そのときはこんな大きな会場でライブをできると思ってなかったので、すごく感慨深いです」と心境を告白。2期生の田村保乃は「今回のツアーでは今までとちょっと違う葛藤があり、特にこのドームでは自分の中で思うことがあって。でも、周りの皆さんやメンバーに助けられて前を向くことができているので、全部を出し切って欅坂にしかできないライブを全力で届けたいと思います」と意気込みを述べた。ライブ中盤には2ndシングル曲「世界には愛しかない」をはじめとするさわやかなナンバーが並び、「青空が違う」では菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐が場内を1周する気球に乗ってファンに手を振りながら歌唱。また「二人セゾン」では会場後方のサブステージを舞台にパフォーマンスが展開され、「結局、じゃあねしか言えない」の曲中には佐藤、土生瑞穂、齋藤冬優花、石森虹花が転車を漕ぎながら花道やアリーナを笑顔で駆け回った。

2期生の武元唯衣が「2期生はネガティブな気持ちで泣いちゃうことも多かったんですけど、今は前向きな気持ちでがんばることができています。それも皆さんのおかげなので、私たち2期生はとにかく恩返しをしたいという気持ちでいます。もっともっとチーム欅坂の力になれるように全力でがんばるので、これからもよろしくお願いします!」と力強い言葉を語ったところで、ライブは怒涛の後半ブロックへ。デビュー曲「サイレントマジョリティー」を皮切りにシングル曲を中心としたライブの人気ナンバーが続き、「アンビバレント」ではカラフルなバルーンがアリーナの観客の頭上を舞った。場内が興奮で満たされる中、彼女たちは気迫のこもった煽りを経てアッパーチューン「危なっかしい計画」を披露し、ファンと一緒にタオルを振り回す。さらにキャプテン菅井の「皆さん1人ひとりが明日からがんばれるように、心を込めて歌います」という挨拶を合図に「太陽は見上げる人を選ばない」を歌い、赤いペンライトの光で染まった東京ドームで盛大なシンガロングを繰り広げた。

アンコールに応え、再びステージに登場した欅坂46は4thシングル曲「不協和音」をひさびさにパフォーマンス。平手の「僕は嫌だ」という叫びが響きわたり、ドーム内のボルテージは最高潮に達した。ここでライブが終わるかと思いきや、まだ終演のアナウンスは流れず、公演はダブルアンコールに突入。センターステージに1人で現れた平手がしばらく静止したのち、自身が初主演した映画「響 -HIBIKI-」の主題歌であるソロ曲「角を曲がる」を歌い始めると、客席からどよめきと歓声が沸き起こった。平手は東京ドームの中心で華麗なダンスを披露し、最後に「ありがとうございました」とひと言。会場に大きな余韻を残し、「夏の全国アリーナツアー2019」の幕を閉じた。

欅坂46「夏の全国アリーナツアー2019」
2019年9月19日 東京ドーム セットリスト

SE. Overture
01. ガラスを割れ!
02. 語るなら未来を…
03. Student Dance
04. エキセントリック
05. 世界には愛しかない
06. 青空が違う / 菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐
07. バレエと少年 / 上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵
08. 制服と太陽
09. 二人セゾン
10. キミガイナイ
11. もう森へ帰ろうか?
12. 僕たちの戦争 / 上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐
13. 結局、じゃあねしか言えない / 土生瑞穂、齋藤冬優花、佐藤詩織、石森虹花
14. サイレントマジョリティー
15. 避雷針
16. アンビバレント
17. 風に吹かれても
18. 危なっかしい計画
19. 太陽は見上げる人を選ばない
<アンコール>
20. 不協和音
<ダブルアンコール>
21. 角を曲がる / 平手友梨奈

※記事初出時、セットリストに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー