音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

小出祐介&福岡晃子が映画「ゴーストマスター」主題歌書き下ろし

458

小出祐介(Base Ball Bear)が主宰する音楽プロジェクト・マテリアルクラブの新曲「Fear」が映画「ゴーストマスター」の主題歌に決定した。

12月6日公開の「ゴーストマスター」は映画の撮影現場を舞台にしたホラーコメディ。“壁ドン”に悩む主演俳優のせいで撮影がストップし、事態の収束を任された助監督・黒沢明の姿が描かれる。三浦貴大成海璃子が主演を務め、そのほか板垣瑞生M!LK)、永尾まりや原嶋元久篠原信一らが出演。監督はヤング ポールが務める。

主題歌「Fear」は小出が福岡晃子(ex. チャットモンチー)を制作パートナーに迎え、この映画のために書き下ろした楽曲。小出はこの曲を「Jホラー愛にあふれた楽曲」と表現し、「さすがに、ここまで徹底的にJホラーでラップしたのは、日本初でしょう!(たぶん)」とコメントしている。「Fear」を聴いたヤング ポール監督は「この映画のエンドクレジットにこの楽曲をぶつけてくるマテリアルクラブの実力に、戦慄した……!!!!!! 正直に言って、メチャメチャのハチャメチャにかっこいい!!!!!!」と絶賛している。

小出祐介(マテリアルクラブ) コメント

主題歌「Fear」のコンセプト

ゴーストマスター」は映画愛にあふれたホラー映画ですので、
我々は、Jホラー愛にあふれた楽曲をこの映画にぶつけてみました。
さすがに、ここまで徹底的にJホラーでラップしたのは、日本初でしょう!(たぶん)

「映画愛」とは

人間や世界という秘密へと、思いを馳せること。

ヤング ポール監督 コメント

この映画のエンドクレジットにこの楽曲をぶつけてくるマテリアルクラブの実力に、戦慄した……!!!!!!
正直に言って、メチャメチャのハチャメチャにかっこいい!!!!!!
タイアップ意図まるで謎楽曲をエンドクレジットで聴かされるハメになりがち邦画界の中にあって、完全に幸福な映画と音楽の出会い。映画と無関係に存在するでなく、かと言って意味を限定するでもなく、映画を新たな次元に導く楽曲のかっこよさよ……私は痺れた。
完全なる劇場音響でお届けしますので、みなさんも「Fear」を体感し痺れて欲しい……。

音楽ナタリーをフォロー