音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Juice=Juiceのリーダー宮崎由加「25歳永遠説」響かせた卒業公演、道重さゆみの祝福も

2749

宮崎由加

宮崎由加

Juice=Juiceが本日6月17日に東京・日本武道館にて、宮崎由加の卒業公演「ハロプロ プレミアム Juice=Juice CONCERT TOUR 2019 ~JuiceFull!!!!!!!~ FINAL 宮崎由加卒業スペシャル」を開催した。

4月にスタートしたコンサートツアー「ハロプロ プレミアム Juice=Juice CONCERT TOUR 2019 ~JuiceFull!!!!!!!~」のファイナルとして行われた日本武道館公演には約1万人のファンが集まり、会場は満員に。ライブの模様はBSスカパー!で生中継されたほか、国内と台湾合わせて全29会場でライブビューイングが行われた。

オープニングアクトを務めたBEYOOOOONDSが会場の温度を高めたのち、ステージに姿を現したJuice=Juiceは1曲目に「ポツリと(Long Intro Ver.)」を熱唱。続いて「この世界は捨てたもんじゃない」を明るく歌ったかと思えば、「微炭酸」「『ひとりで生きられそう』って それってねえ、褒めているの?」といった今年発表したシングル曲ではクールな表情を見せる。最初のMCでは宮崎が「出る前からやばいかもと思ったんですけど、皆さんに存分に楽しんでもらいたいと思います!」と意気込みを述べたほか、先日Juice=Juiceに加入することが発表された工藤由愛と松永里愛がファンにお披露目された。2人は高木紗友希から圧力をかけるような口調で「尊敬する先輩は?」と問われると、声をそろえて「紗友希!」と笑顔で答え、会場に笑いを起こしていた。

またステージには宮崎が尊敬する先輩である道重さゆみが花束を持って現れ、卒業を祝福。宮崎と同じく25歳のときにグループを卒業し、その後2年間休養していた道重は「2年くらい休んでも大丈夫だよ?」と冗談を飛ばしつつ、「それぐらいのリラックスした気持ちでこれからもがんばってほしいです」と言葉をかけた。道重の登場を知らされてなかった宮崎は、驚きつつも全身で喜びを表現し、「道重さんだからこその大切な2年間だったと思うので、私は次の日からとは言いませんが、すぐに皆さんの前に現れて、これから先も好きなってもらえるようにがんばっていきます!」とファンに語りかけた。

MCを終えライブに戻ったJuice=Juiceはステージを所狭しと動き回り、ディスコ調のグルーヴィな「ロマンスの途中」や、サックスのサウンドが鳴り響く「私が言う前に抱きしめなきゃね」で会場を盛り上げる。これまでに発表されたミュージックビデオをつなぎ合わせたダイジェスト映像の上映後には、「Vivid Midnight」「アレコレしたい!」「ブラックバタフライ」「裸の裸の裸のKISS」「Goal~明日はあっちだよ~」をはじめとする12曲がメドレーで畳みかけられ、ファンは現体制最後のステージを目に焼き付けつつ、メンバーに力いっぱいコールを送った。場内に熱気が漂う中、さらに7人はラストスパートとして「イジワルしないで 抱きしめてよ(Long Intro Ver.)」「禁断少女」などを次々に披露。情熱的な曲調の「Fiesta! Fiesta!」ではステージに大きな火柱が上がり、ロックナンバー「GIRLS BE AMBITIOUS」では宮崎が「リーダー6年やってこれたよ ありがとう」と歌ってファンを沸かせた。そして太陽とシスコムーンから継承した楽曲「Magic of Love」で会場に一体感が生まれたのち、別れを前向きに歌った「Good bye & Good luck!」でライブ本編が締めくくられた。

アンコールでは鮮やかなドレスを着た宮崎が、ピンクのペンライトの光に囲まれたセンターステージに1人で登場し、自身の思いをしたためた手紙を朗読。2013年2月にJuice=Juiceのメンバーに選出され、リーダーとしてグループを牽引してきた宮崎は、「困ってばかりの私に皆さんはたくさんの愛情をくれました。だからパフォーマンスのスキルを上げるのはもちろんですが、応援していてよかったというアイドルになることで愛情に応えようと思うようになりました」「今の私は完全に皆さんが作ってくれました!」とファンに感謝の気持ちを述べる。続けてメンバーに対して「みんなが私をJuice=Juiceのリーダーにしてくれました。そして、苦手なことはお互い助け合えばいいんだと教えてくれました」「弱気な私をJuice=Juiceが強くしてくれました。だから、今なら言ってもいい気がします。この先もうまくいくと思います。私なら!」と語った宮崎は、最新シングルより「25歳永遠説」を歌唱。途中から白い衣装に身を包んだほかのメンバーも紙吹雪が舞うステージに合流し、宮崎にやさしく寄り添った。

場内が感動的なムードで満たされる中、今度はメンバーたちが宮崎に向けて1人ひとり思いを伝える。植村あかりは照れながらも「気持ち悪いほど一心同体で、いろんなものが一緒だったなと思います。本当に由加のおかげで私があると思います」「グループで一緒じゃなくもこういう関係になってたのかなと思えるほど、由加のことがとてもとてもとてもとても好きかもしれないです!」と愛情を表現。これまでサブリーダーを務め、今後宮崎からリーダーを引き継ぐ金澤朋子も感謝の気持ちを言葉にしたあと、「あんまり言うタイミングがなかったけど、由加ちゃん大好きです!」と笑顔を弾けさせた。その後、宮崎の「Juice=JuiceとJuice=Juiceファミリーの皆さんの明るい未来がこの先もずっと続いていきますように」という言葉を合図に、7人は「続いていくSTORY」を歌い上げる。ラストナンバーの「未来へ、さあ走り出せ!」では、宮崎の愛称である「ゆかにゃ!」コールが日本武道館に響きわたった。最後に宮崎は「私がJuice=Juiceを選んだこと、皆さんが正解にしてくれました! 本当にありがとうございました! 明日から私はJuice=Juiceオタクになります! 皆さん仲間です!」と挨拶。満面の笑みで自らの卒業公演の幕を閉じた。

Juice=Juice「ハロプロ プレミアム Juice=Juice CONCERT TOUR 2019 ~JuiceFull!!!!!!!~ FINAL 宮崎由加卒業スペシャル」2019年6月17日 日本武道館 セットリスト

01. ポツリと
02. この世界は捨てたもんじゃない
03. 微炭酸
04. 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
05. ロマンスの途中
06. 五月雨美女がさ乱れる
07. 私が言う前に抱きしめなきゃね
08. メドレー(Vivid Midnight~伊達じゃないよ うちの人生は~アレコレしたい!~ブラックバタフライ~チクタク 私の旬~素直に甘えて~愛・愛・傘~裸の裸の裸のKISS~愛のダイビング~Never Never Surrender~KEEP ON 上昇志向!!~Goal~明日はあっちだよ~)
09. イジワルしないで 抱きしめてよ
10. カラダだけが大人になったんじゃない
11. 禁断少女
12. Borderline
13. Fiesta! Fiesta!
14. CHOICE & CHANCE
15. GIRLS BE AMBITIOUS
16. 生まれたてのBaby Love
17. Magic of Love
18. Good bye & Good luck!
<アンコール>
19. 25歳永遠説
20. 続いていくSTORY
21. 未来へ、さあ走り出せ!

音楽ナタリーをフォロー