音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

長渕剛主演「太陽の家」に広末涼子ら出演、大ファンの瑛太「涙があふれるくらいうれしい」

434

ムービーカメラに手を振る「太陽の家」キャスト陣。

ムービーカメラに手を振る「太陽の家」キャスト陣。

長渕剛が主演を務める2020年公開予定の映画「太陽の家」のメインキャスト発表記者会見が、本日4月25日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。

「太陽の家」は、神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾を主人公にした“愛と信念”がテーマの物語。「相棒」シリーズや「監査役 野崎修平」といったテレビドラマで注目を集める権野元が監督を務める。20年ぶりの映画出演となる長渕は、普段はサングラスをかけて強面風だが、実はやんちゃで人情味の厚い信吾を演じる。信吾を支えるしっかり者の妻・美沙希役は飯島直子、信吾の娘・柑奈役は山口まゆに決定。信吾の仕事場を通りかかったことをきっかけに信吾と関わっていくこととなる保険会社の営業ウーマンでシングルマザーの池田芽衣を広末涼子、芽衣の息子・龍生を潤浩が演じる。信吾の一番弟子・河井高史には瑛太がキャスティングされた。「太陽の家」は4月1日にクランクインし、6月上旬にクランクアップ予定で撮影が進められている。

発表会に棟梁の格好で現れた長渕は20年ぶりの映画出演について「僕ね、“20年ぶり”って言うのがすごく嫌で。遊んでたみたいでしょう?」とさっそく記者陣の笑いを誘う。続けて「つまり忙しかったんですけどね(笑)。ひさびさに現場に携わらせていただいて……最高ですね。ファミリーですよ。権野組率いるスタッフとも笑顔の絶えない毎日で、こんなにきれいな方々(広末、飯島)に囲まれて、映画界のカリスマの瑛太とも一緒にできて、こんな可愛い孫(潤浩)ができたようなもんですよ。監督の権野監督の『ハイ! OK!』と言う声を聞きながらとても楽しい現場にいさせてもらっています」とひさしぶりの映画の撮影に楽しく参加していることを明かした。

今作で長渕と映画初共演を果たす広末は「小さい頃の自分は長渕さんと共演するなんて想像もしていなかったです。撮影ではお芝居の中の信吾さんと、ときどき長渕剛が垣間見えるところのなんとも言えないライブ感を味わわせてもらっていますね。いろんなものを取っ払ってしつこく恩着せがましいくらいの信吾さんの情熱で、きれいごとじゃない家族の愛情を伝えてくれています」と語る。

長渕の大ファンで近年ではプライベートで一緒にトレーニングをしたり、食事をしたりと親交を深めている瑛太も、長渕と共演するのはこれが初めて。瑛太は「剛さんは信吾というキャラクターを演じるために現場に対してアイデアを出したり、僕とディスカッションをしたり、いろんな取り組みでより台本を立体的にしていて。もちろんドキドキする部分もあるんですけれど、お芝居をする、そして映画を作っていくという作業のうえで、すごく楽しい毎日を過ごさせてもらっています」と長渕との充実した撮影について述べた。話しながら感極まった様子の瑛太にMCが「感無量といったところですか?」と聞くと、瑛太は「泣きそう……泣いちゃう。涙があふれるくらいうれしいです」と目元を拭う素振りを見せる。長渕は「どこからどこまでが芝居かわからないなあ」とうれしそうに笑った。

共演者からのコメントを受けて長渕は「毎日共演者の方々と本当のファミリーのように過ごしています。ボスの権野監督率いるファミリーで、ある種の家族愛に包まれながらね、もう1カ月間過ごしていて。言葉でいうと稚拙なんですけど『いいなあ』って思うときがあって涙が出てくるんだよね。愛は真綿で包むようにデリケートで優しくてふわふわしているもんなんだと。つかみどころがないんだけど、だからこそギュッとつかまなきゃいけないという思いで毎日現場に立たせてもらってます。幸せです」と噛みしめるように語る。すると、広末も「私もシーンのカットがかかってから涙が止まらなくなったことを思い出しました。私の人生にもこんなに親切な方がいてくれたらなって……」と長渕に共感した様子だった。

その後、長渕は龍生との関係を軸に映画のストーリーを饒舌に語り出す。熱弁をふるう長渕を「剛さん!」「ネタバレになっちゃいます!」と登壇者たちが制すると、長渕は「そうかそうか……」と頭をかきながらも「ストーリーを知っててもいい映画ですよ」と自信満々に述べていた。

撮影を通して知った長渕の意外な一面があるか記者から問われた飯島は「意外と言ったら失礼ですけどいつも怒ってらっしゃるのかと思っていて(笑)。いつも優しくて気遣いがすごい方でびっくりしちゃいました」と回答。広末は「男気とか強さ、熱さのイメージだったんですが、ときどきチャーミングな信吾さんを演じてくれるのが意外でした。長渕さんが『棟梁です!』と言うところがあるんですけど、そのときの動きがすごくかわいくて最高なんです。楽しみにしていてください」と見どころを語った。最後に長渕は「チープな言い方になるかもしれませんが、たくさん泣いて、たくさん笑って、観終わったあとに誰かと手をつなぎたくなるような、そんな映画です」と「太陽の家」の魅力を述べ、記者発表会を締めくくった。

GYAO!で展開中の長渕のデビュー40周年記念特設ページでは「太陽の家」のメイキング映像を公開中。

(c)2019 映画「太陽の家」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー