音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

関ジャニ∞横山裕が葛飾北斎に!主演舞台「北齋漫畫」上演決定

7995

関ジャニ∞横山裕が主演する舞台「北齋漫畫(ほくさいまんが)」が6月に東京・東京グローブ座で上演されることが決定した。

「北齋漫畫」は劇作家・矢代静一が1973年に発表した戯曲で、この世の全てを描くことに生涯をかけた葛飾北斎の破天荒な人生が描かれる。初演では緒形拳が主演を務め、その後「Hokusai Sketch Book」としてアメリカでも上演。1981年には新藤兼人監督によって映画化もされた。

主人公・鉄蔵(葛飾北斎)を演じる横山は、本作への挑戦に「すでにワクワク感が止まりません!この舞台で僕なりの北斎を表現できたらと思います」とコメント。作品にはほかに佐藤江梨子木村了、堺小春、枝元萌吉田健悟渡辺いっけいが出演する。演出は宮田慶子が担当する。

横山裕(関ジャニ∞)コメント

この度、伝統ある作品「北齋漫畫」に主演させて頂く事になりました。
大変光栄である反面、プレッシャーも強く感じております。これまで数々の役者さんが演じてこられた葛飾北斎。奇人と呼ばれ破天荒な生涯をおくった魅力的な偉人を演じることができ、すでにワクワク感が止まりません!
この舞台で僕なりの北斎を表現できたらと思います。

宮田慶子(演出)コメント

躍動感溢れる大胆な構図で見るものの目と心を掴んで離さない「冨嶽三十六景」をはじめ、九十歳でこの世を去るまでに多種多様な膨大な作品を生み、ただひたすら「森羅万象、すべてを描き尽くす」ことに人生を賭けた、葛飾北斎の破天荒な生き様を描いた戯曲「北齋漫畫」――。矢代静一氏の不朽の名作であるこの舞台を演出することは、私にとって永年の夢でした。憧れの作品作りで、横山裕さんと初めてタッグを組ませていただくことを、心から楽しみにしています。魅力溢れる俳優の皆さんとともに、「ものを生み出す人間」の真の姿に迫りたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー