音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

MWAMトリ務めた「ラブシャ」1日目!オーラル、フォーリミ、ブルエンら集結

4398

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」MAN WITH A MISSIONのステージの様子。(撮影:古溪一道)

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」MAN WITH A MISSIONのステージの様子。(撮影:古溪一道)

スペースシャワーが主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」が、昨日8月31日から明日9月2日にかけて山梨・山中湖交流プラザ きららで開催中。この記事では初日のライブの模様をレポートする。

「おはようございまーす!」と元気よくステージに登場したのは、Mt.FUJI STAGEのトップバッターのヤバイTシャツ屋さん。「ハッピーウェディング前ソング」で彼らがライブを始めると、朝一にも関わらず会場は大盛り上がり。「ヤバみ」の前には「今年スペースシャワーTVの『BEST CONCEPTUAL VIDEO』賞を受賞したこの曲を!」とこやまたくや(G, Vo)が高らかに告げ、すかさずしばたありぼぼ(B, Vo)から「自分で言うな!」というツッコミが。その後も「2年目! 爪跡残したいから寝ながら弾くわ!」とこやまが突然ステージに横たわりながら演奏し始めるなど、独創的なパフォーマンスとテンポのいいMC、そして「無線LANばり便利」「あつまれ!パーティーピーポー」といったキャッチーなナンバーでオーディエンスを存分に楽しませた。

LAKESIDE STAGEのトップバッターを務めたKEYTALKは「桜花爛漫」でライブをスタート。4人が青空の下サマーチューン「Summer Venus」を続けると、会場に開放感のある空気が広がっていった。首藤義勝(Vo, B)が「ジャンプしてみんなでハッピーな空間を作りましょう!」と呼びかけたあと、次のナンバー「Love me」でオーディエンスは笑顔で飛び跳ねる。そしてライブ中盤で演奏されたのは、この夏にフェス本番での披露はなかった「太陽系リフレイン」。軽やかなスイッチングボーカルと芯のあるビートで会場を揺らした。小野武正(G, Cho)が「晴れ具合がすごいですね」と空を見渡し、寺中友将(Vo, G)は「富士山きれい」と山のほうを指さす。大自然に囲まれながら彼らは最後に「MONSTER DANCE」で会場に一体感を生み出した。

強い陽が差し込む真昼のLAKESIDE STAGEに登場した04 Limited Sazabysは「fiction」で勢いよくライブの幕を切り、疾走感あふれるステージを展開。続いて「My HERO」「swim」をさわやかに届け、みずみずしいサウンドを会場いっぱいに響かせた。「音楽をシャワーみたいに浴びて、皆さんをいいとこに連れて行ってあげます」というGEN(B, Vo)の言葉を経て「Warp」の演奏が始まるとステージからウォーターキャノンが発射され、夏らしい涼やかな演出に会場が大きく沸く。GENは主催のスペースシャワーに「『スペシャ列伝』を回ったあたりから本当によくしてもらってます。ファミリーに入れてくれてありがとうございます。スペシャにはいっぱい借りがあると思っているので、いいライブをして返していきたいと思います」と感謝を述べ、「Squall」を伸びやかに歌う。最後に「monolith」をエネルギッシュにプレイし、4人は4回目となる「ラブシャ」のステージを終えた。

SiMは「行こうぜ!」とLAKESIDE STAGEに詰めかけたオーディエンスを激しく煽り、「WHO'S NEXT」をドロップ。打ち鳴らされる力強いビートにつられるように、観客は自由に踊り彼らのライブを楽しんだ。昨年の「ラブシャ」ではラストナンバー「f.a.i.t.h」で時間が足りなくなり、途中までしか楽曲を披露できなかったSiM。その際にステージ上でアンコールがあるトリを熱望したことを振り返ったMAH(Vo)は「言ったもの勝ちだと思って言ったんですけど、見事にスルーされて今年もクソ熱い時間になりました!」と笑い、富士山のふもとでミュージックビデオを撮影したという楽曲「The Sound Of Breath」などをエモーショナルに届ける。「KiLLiNG ME」ではこの曲のギターを弾くプレイヤーを会場から募り、観客をステージに上げる場面もあった。

10-FEETはTAKUMA(Vo, G)の「よっしゃ行くぞー!」という雄叫びと共に、関西弁ラップが炸裂する「1 size FITS ALL」でライブを始めた。「RIVER」でオーディエンスと楽しそうにコール&レスポンスを繰り広げた彼らは、その後「太陽4号」をゆったりと演奏。日が傾き始めた夕方のLAKESIDE STAGEに温かな空気を作り出し、「その向こうへ」を続けた。「goes on」ではSiM同様にTAKUMAが「この曲のギター弾けるやついないか?」と会場に呼びかけプレイヤーを募るも、ステージに上がったファンがなぜかドラマーだったことから、10-FEETの大ファンであるヤバTのこやまがステージへ。3人の演奏をバックにTAKUMAは客席にダイブし、ハンドマイクで熱唱した。

Mt.FUJI STAGEに登場したBLUE ENCOUNTが「1曲目からあなたと思いっきり歌いたいです」と告げ、届けたのは「もっと光を」。大合唱が沸き起こり、早くも会場は1つになった。同曲の演奏を終えた田邊駿一(Vo, G)は「ヤバい! 普段思わないけどブルエンすげえカッコいいなと思います!」とはしゃぎ、4年連続での「ラブシャ」出演を喜ぶ。その後も彼らが「Survivor」「ロストジンクス」といったナンバーを連投すると、観客は力強く拳を突き上げた。「もう俺たち他人じゃないよね? 音楽楽しむ仲間だよな!」と田邊が力いっぱい叫び、熱く歌い上げたのは「DAY×DAY」。彼らはラストナンバー「VS」まで満員のオーディエンスとライブを楽しんでステージを終えた。

THE ORAL CIGARETTESはステージに姿を現すなり「我々6年目! いっぱいやらかして帰ります!」と宣言。恒例の4本打ちで「『ラブシャ』はホームっしょ! 最初から飛ばしていくよ!」と山中拓也(Vo, G)が告げると、彼らは大歓声を浴びながら「容姿端麗な嘘」をプレイした。この日、LAKESIDE STAGEで10-FEETとMAN WITH A MISSIONの間に出演したオーラル。山中は「最近出順がゴリゴリのバンドに挟まれることが多くて。これって俺らに対する挑戦?」と話を切り出すと、「その挑戦受けたるわ! 新世代舐めんなっての! 俺らが時代を作るなんて“カンタンナコト”!」と叫び、「カンタンナコト」へとつなげる。そして「やっぱりこの曲歌わせてください!」という山中の言葉と共に「ラブシャ」で毎年歌い続けている「エイミー」をラストナンバーとして届け、彼らは“ホーム”でのライブを終了させた。

「ラブシャ」初日のトリを務めたMAN WITH A MISSIONは、大きなハンドクラップに包まれながら「Emotions」でライブをスタート。暗闇の中ステージ下から炎が次々と吹き上がり、会場は序盤から大盛り上がりとなった。「Dive」では夜空に鮮やかなレーザーライトが交錯。Jean-Ken Johnny(G, Vo, Rap)が「ヤレンノカ人間野郎ドモ! 思ウ存分カカッテキテクダサイ!」と観客を煽ると、5匹は「2045」、Nirvana「Smells Like Teen Spirit」のカバーを力を込めてプレイした。ライブ中盤で「database」の演奏が始まると、ステージ袖から10-FEETのTAKUMAが登場。なりふり構わない彼らのアグレッシブなステージングに、オーディエンスのテンションは一層引き上げられていく。TAKUMAがステージを去ったあと、Jean-Ken Johnnyはメンバーを代表して「トリトイウ大役を私タチニ任セテイタダケテ感無量デス。美シイ景色デス」と感慨深げに挨拶した。アンコールで5匹は今年発表したナンバー「Take Me Under」を披露し、緩急を付けたドラマチックなパフォーマンスで観客を魅了。最後に「FLY AGAIN」をオーディエンスと共に熱唱し、イベント初日を締めくくった。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」の模様は9月29日(土)、10月6日(土)、10月13日(土)の3日間にわたり、スペースシャワーTVで合計9時間放送される。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018 Day1 / Day2 / Day3」

2018年9月29日(土)21:00~24:00
2018年10月6日(土)21:00~24:00
2018年10月13日(土)21:00~24:00

音楽ナタリーをフォロー