音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

山本彩がツアー初日に見せた最大の“難波愛”「NMBをもっと成長させるための起爆剤」

744

山本彩 (c)NMB48

山本彩 (c)NMB48

NMB48が本日7月30日に東京・中野サンプラザホールで全国ツアー「NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer」の初日公演を開催した。

NMB48が全国ツアーを行うのは、2016年以来約2年ぶり。このツアーは各地によって出演メンバーが異なり、初日公演には山本彩、吉田朱里、渋谷凪咲、太田夢莉といった16名の選抜メンバーが登場した。スポットライトを浴びながら凛とした佇まいでステージに現れたメンバーは、若本規夫のナレーションによる「ここに集いし選抜メンバー、そして会場の皆さま、最高の夏を駆け抜けろ! 『NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer』開幕!」という宣言を合図に「ワロタピーポー」で勢いよくライブをスタート。グループの持ち味である一体感あふれるダンスを見せ、序盤から会場を盛り上げた。

ファンからの人気も高い着物風衣装に着替えたNMB48は、扇子や和傘を使いながら「HA!」を披露。ライブの中盤には山本と吉田が「アボガドじゃね~し…」をキュートに踊るなど、さまざなユニットが次々と変形するステージの上で楽曲をパフォーマンスした。MCでは上西怜、岩田桃夏、梅山恋和といった若手のメンバーが個性あふれる自己紹介で自身のキャラクターをアピール。その後彼女たちは「平成最後の夏を“難波の夏”にしましょう!」と告げ、「イビサガール」や「ナギイチ」「僕らのユリイカ」といった夏らしいナンバーを汗を流しながらエネルギッシュに届けた。

アンコールではこの日出演していなかった41名のメンバーが客席に登場。彼女たちは三段のステージに並び、計57名で「365日の紙飛行機」を歌唱した。楽曲を歌い終え、一呼吸を置いた山本は「ここで皆さんにご報告があります」と話を切り出し、「私、山本彩はNMB48を卒業します」とグループからの卒業を発表。突然の卒業発表に会場はどよめくも、涙で声を詰まらせうまく話すことができない彼女に「がんばれー!」という声が飛び交った。彼女は「ツアー初日でこれから始まるというときに、このような発表をする形になってしまい本当にごめんなさい」と告げたうえで、「今年の10月でNMB48に入って8年になります。今日まであっという間の日々で、うれしいことも楽しいことも苦しいこともつらいこともたくさん経験してきました。そしてその間に何年もかけて、何度も“卒業”という2文字に向き合ってきました。考えては取り消してというのを繰り返して、まだ自分にできることがあるんじゃないのかなとか、もっとみんなと一緒にがんばりたいなとか……」と懸命に思いを伝える。そして「でもここ数年、新しくセンターに立つ子が出てきたり、私がいない環境で1人ひとりが輝いてライブをしている姿を一歩引いたところから見ていると、今このタイミングで私がNMBから離れることがNMBをもっと成長させるための起爆剤になるんじゃないかなと思いました。今いるメンバーをはじめ、若い子たちが新しいNMB48を作っていってほしい」と卒業の理由を述べた。

山本は自身の今後について「NMB48を卒業するという形にはなりますが、私自身の夢はまだまだ叶っていません。“生涯現役”というのが今の私の目標で、もっともっと音楽を勉強して一生涯皆さんの前で歌を歌い続けていられるような人間でいたいです」と述べる。そして「最後まで全力でアイドルをやらせていただきますので、その最後の日まで皆さんも全力で応援していただけたらうれしいです」と彼女が挨拶を締めくくると、会場は大きな“彩コール”に包まれた。じっくりとその声を受け止め、彼女は大きな涙を流しながら「ありがとうございます……」と声をしぼり出す。同期の吉田は「自分のやりたいこともあったやろうに、ここまでNMB48に時間と夢を捧げてくれて、本当にありがとうございます」と彼女に声をかけた。最後に彼女たちが全員で力いっぱいパフォーマンスしたのは「青春のラップタイム」。山本は「25歳になったんですが、25歳だって人生まだまだこれからだと思っています。私の人生も、これからのNMB48の人生も、より素晴らしいものにしたいと思います」と言い残し、ステージを去っていった。

音楽ナタリーをフォロー