音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

和楽器バンドとA応P、アニメ「京都寺町三条のホームズ」テーマ曲を担当

325

アニメ「京都寺町三条のホームズ」第2弾PVのワンシーン。(c)望月麻衣・秋月壱葉/DEF STUDIOS (c)「京都寺町三条のホームズ」製作委員会

アニメ「京都寺町三条のホームズ」第2弾PVのワンシーン。(c)望月麻衣・秋月壱葉/DEF STUDIOS (c)「京都寺町三条のホームズ」製作委員会

7月からテレビ東京ほかで放送されるアニメ「京都寺町三条のホームズ」のテーマソングが和楽器バンドの楽曲「細雪」に決定。オープニングテーマはA応Pが歌う「恋に咲く謎、はらはらと」に決まった。

「京都寺町三条のホームズ」は京都の小さな骨董品店・蔵でアルバイトを始めた女子高生・真城葵が、その骨董品店のオーナーの孫で、周囲から“寺町三条のホームズ”と呼ばれている青年・家頭清貴と共に、古美術にまつわる奇妙な依頼を解決していくライトミステリー。原作は望月麻衣が小説投稿サイト・エブリスタに投稿していた小説で、双葉文庫から刊行された書籍はシリーズ累計で70万部を突破している。

和楽器バンドの「細雪」は今秋公開される川栄李奈の初主演映画「恋のしずく」の主題歌にも決定している楽曲。A応Pの「恋に咲く謎、はらはらと」は新曲で、作詞・作曲を櫻澤ヒカル、編曲を佐々木裕が担当している。「京都寺町三条のホームズ」のYouTube公式チャンネルではこれら2曲を使用したアニメのプロモーションビデオが公開されている。

双葉社のアニメプロデューサーは和楽器バンドの起用について「今回和楽器バンドさんにオファーを出させていただいたのは、本作品との親和性の高さを感じたからです。『京都寺町三条のホームズ』というアニメのテーマのひとつに“骨董品が古より現代に紡ぐ記憶”というものがあります。和楽器という古き良き音色を現代の音楽にハイブリットさせた『和楽器バンド』さん。まさに“古より現代に紡ぐ”というテーマにピッタリだと感じました」とコメントしている。

音楽ナタリーをフォロー