音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「ap bank fes」6年ぶりにつま恋で開催、第1弾はBank BandとMr.Children

10955

「ap bank fes '18」ロゴ

「ap bank fes '18」ロゴ

ap bankが主催する野外ライブイベント「ap bank fes」の今年の開催概要が発表された。

「ap bank fes」は2005年に静岡・つま恋(現・つま恋リゾート)で初開催。2012年にはつま恋のほか兵庫県と宮城県でも開催され、3年の休催ののち2016年と2017年には宮城県石巻市および牡鹿半島エリアを舞台にした芸術と食と音楽のイベント「Reborn-Art Festival」の一環として行われた。

今年の「ap bank fes」は6年ぶりにつま恋での開催が決定した。開催日程は7月14日の前日祭、15日と16日のイベント本編をあわせた3日間。出演アーティスト第1弾としてBank BandMr.Childrenも発表された。今年の開催に向け、小林武史は「日本のちょうど真ん中に当たるとも言える静岡県掛川市のつま恋で、もう一度原点回帰する思いで音楽を奏でられる」、櫻井和寿は「あそこでまた、新しい音を、歌を、笑顔を、歓声を上書き出来るなんて、まだ少し実感を持てないくらい嬉しい気持ち」と、それぞれコメントしている。

オフィシャルサイトでは現在、チケットの第1次先行予約を受付中。

ap bank fes '18

2018年7月14日(土)静岡県 つま恋リゾート(前日祭)
<出演者>
後日発表

2018年7月15日(日)静岡県 つま恋リゾート
<出演者>
Bank Band / Mr.Children / and more

2018年7月16日(月・祝)静岡県 つま恋リゾート
<出演者>
Bank Band / Mr.Children / and more

小林武史 コメント

この何年間か、東日本大震災の復興支援から始まり、リボーンアート・フェスティバルに向かっていて、何度訪れたか分からないほど、東北にのめり込んでいた。正直、まだまだ大変なことは多いし、地域の声を一つにできているとも言い難いけど、続けていくことで新たな交流や循環が生まれてくると思う。
僕らはこの新しい視点を10年続けることを目標とし、(2回目の開催は来年2019年の夏~秋にかけて)いまも準備が始まっている。
今年は「トランジット・リボーンアート」と題して、特に地域の人に続いていることを感じてもらうためにも食を中心としたイベントも行う。
昨年の1回目の本祭は民間主導のアートフェスティバルというところも凄く評価してもらったけど、やっぱりお金はかかる。
本当に正直に言うと活動資金も循環が大事なのです(笑)。
思い起こせば、2005年の初めてのap bank fesの開催理由も、融資をしていくことだったり、その活動を支えるためのものだった。
そこで櫻井くんやスタッフに相談して色々考え、想像した結果、、、

6年振りとなるつま恋開催のap bank fes。

初めてつま恋に下見に行ってこれから始まっていくイベントを想像し始めた日、初日にどんな感じで、気持ちで、お客さんが来てくれるかと 思いながらステージに登ったら、そこに、未来やこの世界に対しての色んな人の想いがすでに共振しているように感じられたことや、台風で2日間できなかった年のみんなの辛い想いや、色んなことを思い出す。
そしてこの前、また下見につま恋に行ったら、ここで皆さんと再び出会えると言うことが本当に嬉しいし、楽しみに思えた。
日本のちょうど真ん中に当たるとも言える静岡県掛川市のつま恋で、もう一度原点回帰する思いで音楽を奏でられる。

同時に、ap bankが生まれてからずっと持ち続けてきたサステナブルな未来への想いを、そこに色んな見方、考えがあることを、思考停止 しないで知っていくために伝えていく場も作っていきたいな、とか、食やアートで作るリボーンアート・エリアを作りたいとか、いろいろなアイデ ィアが出てきている。
フェスの中でも、ウェブサイトの中でも、いろいろな形で伝えていけたらと考えている。 それも、つま恋では恒例っていう感じだと思うけど。

更に今年のフェスで特徴的なのは、あえて本祭を二日間に止め、前日祭を設けるということ。
フードエリアも含めて、本祭二日感とは違った内容のライブを考えているので、こちらもお楽しみに。

楽しみながら、色んなことに気づいていけるような、実感していけるような、そんなフェスにしたい。
あー、やっぱり原点回帰な感じがしてきたよ。
ぜひ、いらしてください。お待ちしております。

櫻井和寿 コメント

忘れられない風景が、
感動の記憶が、
「夏のつま恋」の中にある。
それは今も僕の身体中に住みついていて、時々どうしようもないくらいあの場所に帰りたくなる。
イヌとかネコとかサケとかハトとかにはあるって言うけれど、
ミュージシャンとしての僕の帰巣本能なのだとさえ思う。
つま恋は僕を育ててくれた場所。

あそこでまた、新しい音を、歌を、笑顔を、歓声を上書き出来るなんて、
まだ少し実感を持てないくらい嬉しい気持ち。

そうそう
「よく来たね」という歌が出来たのは、ちょうど今くらいの季節。
宮城の温泉地に向かうため車を運転しながら、ふと「夏のつま恋」に足を運び、ステージに笑顔を向けてくれるであろう人達を想像したら、
なんとも言えない気持ちになって涙があふれ、危ないから車を路肩に停めて、泣きながら言葉をノートに書き留めた(笑)。
そのときのことを今思い出した。
うん。あの気持ち。

音楽ナタリーをフォロー