音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

callme×フィロソフィーのダンス、コラボでWWW X沸かせたツーマンツアー東京公演

837

callme×フィロソフィーのダンス「レッツ・スティック・トゥギャザー」東京・WWW X公演の様子。(Photo by Genki Arata)

callme×フィロソフィーのダンス「レッツ・スティック・トゥギャザー」東京・WWW X公演の様子。(Photo by Genki Arata)

2月12日にcallmeフィロソフィーのダンスの東名阪ツーマンツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」の東京・WWW X公演が開催された。

2月4日の大阪・Shangri-La、10日の愛知・SPADE BOX公演に続いて行われた今回のWWW X公演。最新シングル曲「ダンス・ファウンダー」で勢いよくライブをスタートさせた先攻のフィロのスは、「オール・ウィ・ニード・イズ・ラブストーリー」で観客とコール&レスポンスを繰り広げ、序盤からフロアの熱気を高めていった。3曲目にキャッチーな新曲「ラブ・バリエーション」を届けた彼女たちは、callmeのRUUNAとKOUMIをステージ上に呼び込み、コラボパフォーマンスを展開。奥津マリリ、佐藤まりあ、RUUNA、KOUMIの4人でフィロのスの代表曲「アイム・アフター・タイム」を歌唱した。

フィロのスによるMCでは東名阪ツーマンツアーで印象に残っていることについて、日向ハルが「callmeさんのおっぱいをいっぱい触れたこと」と明かし、さらに奥津は「KOUMIさんにお尻を触ってもらったこと」とコメント。観客の笑いを誘った4人は「熱帯夜のように」「アルゴリズムの海」を連投し、バラードナンバー「ジャスト・メモリーズ」では日向の伸びやかな歌声が会場に響きわたった。そして彼女たちはライブの人気ナンバー「すききらいアンチノミー」「ベスト・フォー」でフロアを盛り上げ、callmeにバトンをつないだ。

後攻のcallmeはピアノの音色が印象的な「Way I am」とアップチューン「One time」を立て続けにパフォーマンスし、息の合ったダンスでオーディエンスを魅了していく。MCではRUUNAが佐藤から「友達に似ているのですごく安心感を覚えています」と書かれた手紙をもらったことを明かし、「友達に似てる人から本当の友達になれるように、今日はがんばりたいと思います!」と笑顔で意気込みを語った。この日2回目のコラボコーナーではMIMORIが十束おとは、日向と共にcallme「step by step」を披露。シンガロングで会場をひとつにした。

その後callmeは「I'm alone」「You don't know me」「In my dream」といったナンバーを連投。観客のクラップに合わせて「Don't be afraid」を届け、3人の地元である仙台で行われるツーマンツアーの追加公演「『レッツ・スティック・トゥギャザー』番外編~あばいん仙台~」についてトークしたあとには、3月7日にリリースするニューシングルの表題曲であるミディアムバラード「Hello No Buddy」を熱唱した。アンコールではおそろいのツアーTシャツを着たcallmeとフィロのスが「君の瞳に恋してる」をカバー。大盛り上がりのうちにWWW X公演を終えた。

callme×フィロソフィーのダンス「レッツ・スティック・トゥギャザー」2018年2月12日 WWW X セットリスト

フィロソフィーのダンス

01. ダンス・ファウンダー
02. オール・ウィ・ニード・イズ・ラブストーリー
03. ラブ・バリエーション
04. アイム・アフター・タイム / 奥津マリリ、佐藤まりあ、RUUNA、KOUMI
05. 熱帯夜のように
06. アルゴリズムの海
07. ジャスト・メモリーズ
08. すききらいアンチノミー
09. ベスト・フォー

callme

01. Way I am
02. One time
03. step by step / MIMORI、十束おとは、日向ハル
04. I'm alone
05. You don't know me
06. In my dream
07. Don't be afraid
08. Hello No Buddy

callme×フィロソフィーのダンス

01. 君の瞳に恋してる

「レッツ・スティック・トゥギャザー」番外編~あばいん仙台~

2018年3月20日(火)宮城県 enn 2nd
<出演者>
callme / フィロソフィーのダンス

音楽ナタリーをフォロー