音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

中島愛、LINE LIVEでディレクター&プロデューサー招きアルバムトーク

173

中島愛

中島愛

2月16日(金)21:00よりLINE LIVEにて中島愛の特別番組が配信される。

この番組は中島がニューアルバム「Curiosity」を2月14日にリリースすることを記念して配信されるもの。中島はトークゲストに制作ディレクターの佐々木史朗氏とプロデューサーの田村充義氏を迎え、最新アルバムの話やデビュー当時のエピソードなどを語る。

また「Curiosity」に参加した作家陣やアーティストたちのコメント第4弾が公開された。CMJK、甲斐みのり、川口千里、坂東邑真が中島のキャラクターや歌声についてつづっている。

LINE LIVE「中島 愛の『Curiosity』リリース記念LINE LIVE特番(仮)」

配信日時:2018年2月16日(金)21:00~22:00
<出演者>
中島愛 / 佐々木史朗(フライングドッグ制作ディレクター) / 田村充義(プロデューサー)
※URLは後日発表。

甲斐みのり コメント

1月31日に、中島愛さんとの対談本「音楽が教えてくれたこと」(mille books)が発売になりました。昨年、約1年近くかけて愛さんとお会いし、人生の大切なことを教わった音楽についてお話し、原稿にまとめました。そんな中、プロデューサーの田村充義さんに声をかけていただき、「Curiosity」に作詞として参加させていただくことになりました。
愛さんは、思い描いた夢や未来に続く扉を開き、いつしか現実に変える魅力や力を持つ女性です。けれども、その過程には、人知れず様々な痛みや葛藤もあるでしょう。一人の女性が立ち上がり、明日へ向かう姿は、愛さんそのもの。ファンの皆様は、愛さんの歌声や姿に背中をおされてきたはずなので、「未来の記憶」もそんな歌になればと、ニューヨーク在住のミュージシャン、Twistyことタカシツグミさんと共同で作詞しました。
アルバム「Curiosity」と合わせて、愛さんの音楽愛に触れることのできる「音楽が教えてくれたこと」もお楽しみいただくことができましたら幸いです。

CMJK コメント

90年代テクノに昭和歌謡的なメロディーを載せて
ダークファンタジーな世界観を目指して曲作りをさせて頂きました。
中島さんのヴォーカリゼーションに導かれ曲が進むに従って強い光が射して来ます。
これはもう単なる曲というよりアトラクションです。是非体験してみてください。

坂東邑真 コメント

「Curiosity」(好奇心)がテーマということで、知らない国に冒険に行くような新鮮でワクワクした曲を書かせて頂こうと思いました。
中島さんの透き通った綺麗な歌声にはどんな曲調が面白いかな、と考えスコットランドのバグパイプ隊のイメージが浮かびました。
中学生の頃に「マクロスF」がきっかけで中島愛さんを知り、ずっと大好きで聴いていましたので、中島さんが音楽活動を再開されること、そしてこのアルバムに参加させて頂けたことを本当に嬉しく思っています。

川口千里 コメント

今回、中島愛さんの作品に参加できたことを光栄に思います。中学生の頃から「マクロスF」にどハマりしてきた私にとって、愛さんは憧れのアイドルのような人でしたので、ご本人にお会いした時は、柄にもなく舞い上がってしまいました。本当にただの一ファンです(笑)。レコーディング中は、愛さんが歌っている様子を想像しながら、心を込めて演奏させていただきました。心暖まるこの楽曲が皆様のお手元に届くのがとても楽しみです。

音楽ナタリーをフォロー