音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

中島早貴&森咲樹、地獄炊きうどんすすって長崎・新上五島町をPR

463

熱々の五島うどん地獄炊きをすくう森咲樹(左)と中島早貴(右)。

熱々の五島うどん地獄炊きをすくう森咲樹(左)と中島早貴(右)。

℃-ute中島早貴アップアップガールズ(仮)の森咲樹が、長崎県新上五島町の“GOTO Satoumi”アンバサダーに就任。本日1月12日に東京・日本列島酒場 上五島で開催中のイベント「上五島のごっつ。フェア 2018」にて、2人のアンバサダー就任記者発表会が行われた。

新上五島町は五島列島の北部に位置する島。白浜の自然海浜が多く、町の大部分が西海国立公園に指定されている。島には古い教会が29カ所あり、美しい海はダイビングスポットとしても人気を集めている。GOTO Satoumiアンバサダーの中島と森は共に水泳やダイビングが特技。2人は上五島に訪れたことがないながらも、「旅する女性の目線を加えて新たな上五島の魅力を発信していくのに適任」という理由から今回アンバサダーに抜擢された。彼女たちは今後、浜辺のクリーンウォーキングなどの環境保全活動を行い、上五島の海の魅力を発信していく。

本日の就任記者発表会には新上五島町の江上悦生町長と、GOTO Satoumiアンバサダーに就任した中島と森が登壇。江上町長からは自然豊かな新上五島町の魅力が語られたほか、新上五島町が現在世界遺産候補に挙げられていることが明かされた。中島とアンバサダーに起用された感想を求められると、「私はまだ新上五島町には行ったことがないんですが、ネットで見たら本当に素敵な街で、早く行きたいと心踊りました。これからたくさん勉強して、多くの人に新上五島町の魅力を伝えていきたいです」とコメント。森は「私は初めてのアンバサダーの経験で、中島さんと一緒にできるのもすごく楽しみです」と心強い先輩とのコンビを喜び、「アップアップガールズ(仮)は“アスリート系アイドル”で体はめちゃめちゃ鍛えているので、この体をめいっぱい使って思いっきり楽しんで、多くの人に新上五島町の魅力を伝えていきたいです」とやる気をみなぎらせていた。

また新上五島町の印象を聞かれると、中島は「海がめちゃくちゃきれいだなって。私も森咲樹ちゃんもダイビングのライセンスを持っているので、早く潜りに行きたいです」と語り、森は「教会がいっぱいあることが印象深いです。“祈りの島”でもあるということなので、私も祈って、世界遺産登録が実現できることをすごく楽しみにしてます」と回答した。なお2人は3月に島を訪れる予定で、中島は現地で実施されている網漁体験に興味津々。森は発表会の前に食べたという地元の名物「かんころ餅」について「私が作ってアプガのメンバーにお土産にしたいです」と意気揚々と語った。

江上町長からは2人に委嘱状が手渡され、中島と森は正式にGOTO Satoumiアンバサダーに就任。さらに2人には、アンバサダー就任を祝して五島の特産品である五島うどんの「地獄炊き」が振る舞われた。地獄炊きとは、湯の煮えたぎった大鍋で五島うどんを茹で、上五島の特産品であるあご出汁で食べる地元独自の食べ方。中島は熱々のうどんをすすり「美味しい! あご出汁の味が優しいですね」と感想を述べ、森は「“ツルツル”というより“トゥルトゥル”という効果音が似合います」とうどんの食感を興奮気味にレポートした。

「上五島のごっつ。フェア 2018」は本日より2月25日まで開催中。GOTO Satoumiアンバサダーの2人は3月に新上五島町を訪問したあと、3月31日、4月1日に神奈川・パシフィコ横浜で開催される「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2018」に参加し、上五島の魅力をPRする。

音楽ナタリーをフォロー