音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アイドルネッサンス、年をまたいで全曲披露!名曲ルネッサンス74曲総ざらい

547

アイドルネッサンス「年またぎ!名曲ルネッサンス全曲披露ライブ」第4部の様子。

アイドルネッサンス「年またぎ!名曲ルネッサンス全曲披露ライブ」第4部の様子。

アイドルネッサンスが1月8日に神奈川・CLUB CITTA'にて、単独ライブ「年またぎ!名曲ルネッサンス全曲披露ライブ」の第3部と第4部を開催した。

「年またぎ!名曲ルネッサンス全曲披露ライブ」は、アイドルネッサンスが「古今の名曲を独自の歌とダンスで表現する“名曲ルネッサンス”」をコンセプトにこれまでカバーしてきた全74曲を、2日間計4公演にわたってすべて披露する公演。各公演の演目はオリジナルがリリースされた年代ごとに選曲され、12月に東京・WWWにて行われた第1部では1952~89年、第2部では1990~99年に発表された楽曲が届けられた。年をまたいでの第3部では、アイドルネッサンスのデビュー曲Base Ball Bear「17才」を含む2000~10年のナンバー、第4部では2011~16年の楽曲がパフォーマンスされた。

第3部は原田珠々華と野本ゆめかの生まれ年、2002年に発売されたジャパハリネット「物憂げ世情」で幕開け。ASIAN KUNG-FU GENERATION「君の街まで」やフジファブリック「若者のすべて」など、2000年代に注目を集めた邦楽ロックナンバー中心のセットリストで、8人は美しいハーモニーを披露した。THE イナズマ戦隊「ドカン行進曲(己編)」では宮本茉凜が中心となってフロアを盛り上げ、続くUNISON SQUARE GARDEN「ガリレオのショーケース」ではメンバー全員が髪を振り乱しながら全力でパフォーマンス。KAN「REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~」や堂島孝平「6AM」ではキュートなダンスで観客を魅了し、フジファブリック「夜明けのBEAT」やTHE イナズマ戦隊「手を打ち鳴らせ!!」といったライブ定番曲でさらにフロアを熱くさせた。ラストは第3部で披露されたカバー曲の影響が垣間見られる、疾走感あるロックテイストのオリジナルナンバー「Blue Love Letter」で締めくくられた。

第4部は2011年発表の髭「それではみなさん良い旅を!」でスタート。lyrical schoolとの期間限定ユニット・リリカルネッサンでカバーしたBase Ball Bear feat.RHYMESTER「The Cut」ではメンバーがリリスクのラップパートにも挑戦し、ファンを驚かせた。サンボマスター「ミラクルをキミとおこしたいんです」では、メンバーと観客のコール&レスポンスで場内は一体に。スキマスイッチ「トラベラーズ・ハイ」では石野の「川崎サイコー!」の声が響き、岡村靖幸 w 小出祐介「愛はおしゃれじゃない」では、セリフパートで原田が発した「あの……好きなんだけど……」というセリフにフロアが沸いた。

ここまで年代を追ってカバー楽曲を順に披露してきた彼女たちだが、この第4部後半でついにカバー曲のオリジナル発売時期がアイドルネッサンス結成の2014年に到達したことに気付き、新井乃亜は「もう2014年!? 時を感じる!」と驚きの表情を見せた。HoneyWorks「金曜日のおはよう」でライブは終盤戦に突入し、8人はKANA-BOON「シルエット」やandrop「Yeah! Yeah! Yeah!」、THE COLLECTORS「自分メダル」、WANIMA「リベンジ」といったロックナンバーを連投した。“名曲ルネッサンス”のラストを飾ったのは、2016年リリースの二丁ハロ「耳をすませば」。そして最後は、今のアイドルネッサンスの気持ちを表現するのにぴったりだというオリジナル曲を披露することに。原田のアカペラから始まる「前髪」を心を込めて歌った8人は「2018年も改めて皆さんよろしくお願いします」と深く頭を下げた。

アイドルネッサンスの次回ライブは2月24日に神奈川・Yokohama Bay Hallで行われる対バンライブ「ヨコハマでバトルネッサンス!!」。チケットは1月20日にチケットぴあとローソンチケットにて発売される。

関連する特集記事

アイドルネッサンス×小出祐介(Base Ball Bear)「前髪がゆれる」対談PR

アイドルネッサンス「年またぎ!名曲ルネッサンス全曲披露ライブ」2018年1月8日 CLUB CITTA' セットリスト(カッコ内はオリジナルアーティスト)

第3部(2000~2010年)

01. 物憂げ世情(ジャパハリネット)
02. 二人のアカボシ(キンモクセイ)
03. Music Lovers(JERRY LEE PHANTOM)
04. SECRET LOVE STORY(氣志團)
05. 君の街まで(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
06. Dear, Summer Friend(真心ブラザーズ)
07. シャングリラ(チャットモンチー)
08. 若者のすべて(フジファブリック)
09. 17才(Base Ball Bear)
10. ドカン行進曲(己編)(THE イナズマ戦隊)
11. ガリレオのショーケース(UNISON SQUARE GARDEN)
12. Butterfly(木村カエラ)
13. 君の知らない物語(supercell)
14. BANZAI(木村カエラ)
15. REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~(KAN)
16. 6AM(堂島孝平)
17. 夜明けのBEAT(フジファブリック)
18. 手を打ち鳴らせ!!(THE イナズマ戦隊)
19. Blue Love Letter(アイドルネッサンス

第4部(2011~2016年)

01. それではみなさん良い旅を!(髭)
02. Good day Sunshine(SAWA)
03. 太陽と心臓(東京スカパラダイスオーケストラ)
04. The Cut(Base Ball Bear feat.RHYMESTER)
05. 恋する感覚(Base Ball Bear)
06. テレフォン No.1(ふくろうず)
07. 風は西から(奥田民生)
08. ミラクルをキミとおこしたいんです(サンボマスター)
09. トラベラーズ・ハイ(スキマスイッチ)
10. 踊るロールシャッハ(オワリカラ)
11. 旅する花の物語(アンダーグラフ)
12. 女の子は泣かない(片平里菜)
13. 愛はおしゃれじゃない(岡村靖幸 w 小出祐介)
14. 金曜日のおはよう(HoneyWorks)
15. シルエット(KANA-BOON)
16. Yeah! Yeah! Yeah!(androp)
17. 自分メダル(THE COLLECTORS)
18. リベンジ(WANIMA)
19. 耳をすませば(二丁ハロ)
20. 前髪(アイドルネッサンス)

ヨコハマでバトルネッサンス!!

2018年2月24日(土)神奈川県 Yokohama Bay Hall
<出演者>
アイドルネッサンス / and more

音楽ナタリーをフォロー