音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

MONGOL800、沖縄の盟友集ったカウントダウンイベントで20周年イヤー華々しく幕開け

267

「MONGOL800 ga COUNTDOWN "Happy 20th ANNIVERSARY”」の様子。(撮影:武安弘毅)

「MONGOL800 ga COUNTDOWN "Happy 20th ANNIVERSARY”」の様子。(撮影:武安弘毅)

MONGOL800主催のカウントダウンライブ「MONGOL800 ga COUNTDOWN "Happy 20th ANNIVERSARY”」が、12月31日に沖縄・沖縄コンベンションセンター展示棟で開催された。

これはMONGOL800の結成20周年アニバーサリーイヤーの幕開けを飾るライブイベント。モンパチのほかHYかりゆし58、きいやま商店、粒マスタード安次嶺、DIAMANTES、BEGINと沖縄を代表する面々が集結した本公演のチケットは早々にソールドアウトし、集まった大勢の観客が彼らのアクトを楽しんだ。

場内が暗転すると、モンパチのイベントではおなじみの“パーティダンサー”の粒マスタード安次嶺が登場。モンパチ3人の出身高校の先輩である彼は「ありがとう2017、ようこそ2018!」と叫ぶとアリーナへダイブして、序盤からフロアの熱気を高めた。続くDIAMANTESは1曲目「勝利のうた」で軽快なラテンサウンドを響かせる。その後アルベルト城間(Vo)はキヨサク(Vo, B / MONGOL800)を呼び込み、DIAMANTESが20周年を迎えた際に発表されたナンバーで、キヨサクが作詞を手がけた「おめでとうの歌」をコラボレーションし会場を祝福ムードで包んだ。

沖縄・石垣島出身の兄弟と従兄弟による3人組バンド・きいやま商店は、ステージに登場するなりキレのあるダンスを見せつける。その後は応援ソング「頑張れよ!」や「カーーニバル」を披露して会場を盛り上げた。かりゆし58はパンキッシュな「アガリミナギル効果」でライブをスタート。MCで前川真悟(Vo, B)は「2017年最後の夜に『こんばんは!』と言い合える相手と今いられるのは、年越しを『音楽とともに!』と選んでくれたあなたのおかげです」と観客に感謝を述べた。また彼は「ナナ」の演奏の前後に、敬愛するボブ・マーリーの「No Woman No Cry」とモンパチの「小さな恋のうた」を歌唱。そして苦労をかけた母親のことを歌った代表曲「アンマー」「まっとーばー」を届けてステージをあとにした。

三線とエイサー太鼓の音色をSEに登場したのはHY。新里英之(Vo)は「会場の皆さん、ハイサーイ! 2017年最後の日をここに選んで、大正解ですよ!」と挨拶し、「隆福丸」で勢いよくライブを開始する。続いて仲宗根泉(Vo, Key, Cho)が「AM11:00」のイントロを奏でると、フロアからは歓声が沸き上がった。仲宗根の「ここでしかやれないコラボをしたい」という言葉から、彼らはアルベルト城間(DIAMANTES)と前川(かりゆし58)を呼び込み「366日」をコラボレーション。さらにはイベント参加メンバー全員でモンパチの「神様」をカバーしてオーディエンスを喜ばせた。

BEGINは比嘉栄昇(Vo, G)の「楽しい年越しでございます。これからノンストップで“マルシャ ショーラ”いってみたいと思います」という一言から演奏をスタートさせた。“マルシャ ショーラ”はサンバの起源といわれるブラジルの伝統音楽・マルシャと、沖縄の方言「~しましょう」という意味の「ショーラ」をかけあわせた造語で、さまざまなジャンルの楽曲がマルシャのリズムに乗せてメドレー形式で演奏されるステージのこと。演奏にはきいやま商店のマストもギターで参加し、BEGINのオリジナル曲「バルーン」から「ラ・バンバ」「銀河鉄道999」「勝手にシンドバッド」といったカバー曲を次々にプレイ。ライブ初披露の新曲「ソウセイ」にはラッパーのRITTO、琉球國祭り太鼓、沖縄芝居の第一人者である高宮城実人が口説(くどぅち)で参加し、にぎやかなステージングを繰り広げた。

年越しまで残り20分を切る中、トリを務めるMONGOL800がステージに登場する。キヨサクの「カウントダウン・オキナワ、遊びましょー」という掛け声を合図に、彼らは1曲目に「あなたに」をプレイした。儀間崇(G)の激しいギターのカッティングと高里悟(Dr)の重厚なドラミングが鳴り響くと、観客は自由に体を揺らす。「himeyuri ~ひめゆりの詩~」の演奏のあと、3人は「楽しんでますか? 元気な声を聞かせてもらってもいいですか?」とコール&レスポンスを繰り広げ、その勢いのまま「OKINAWA CALLING」を演奏。粒マスタード安次嶺も舞台に登場し、独特なダンスで華を添えた。

「小さな恋のうた」で盛大なシンガロングを巻き起こした3人は、そのままカウントダウンへ。年が明けキヨサクが「2018年の一発目、皆さんの大きな声で『小さな恋のうた』の続き、もらってもよろしいでしょうか!?」と叫ぶと、オーディエンスは大きな歌声でそれに応える。銀テープが会場に放たれる中、彼らは軽快なロックチューン「PARTY」を奏でてパーティムードを演出した。

ステージにBEGINを呼び込んだキヨサクは、「モンパチ結成20周年なんだなと、ようやく実感しています」としみじみと語りだす。すると比嘉も「今まで民謡の方たちとかも含めてやったことはあるけど、こうやって沖縄のアーティストでカウントダウンができるとは……」と感慨深げに話した。彼らは全出演アーティストをステージに集め、「島人ぬ宝」「DON'T WORRY BE HAPPY」を歌唱して場内をハッピーな空気で満たした。さらにモンパチは11月3日と4日に沖縄・豊見城市豊崎美らSUNビーチ特設会場にて野外フェスティバル「MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 18」を開催することを発表して、ファンを歓喜させる。そしてステージに残った3人は「My Sweet Home沖縄に1曲捧げたいと思います」と「Home」を届けて舞台を去った。

客電がついても鳴り止まない歓声に応え、メンバーは再びステージへ。キヨサクは「沖縄の『紅白(歌合戦)』みたいで、面白かったです」と感想を述べつつ、「こんな感じで毎年やりたいんですけど、いかがでしょうか? 今回はモンパチの20周年、次は誰かの周年記念といった感じで、沖縄の模合形式にして(笑)、親をどんどん交換して続けていきたいと思います。楽しみにしてください」とファンへのメッセージを送る。そして彼らは「モンパチ結成20周年、おめでとう!ということで……」と、最後に「HAPPY BIRTHDAY」を演奏。イベントは大盛り上がりの中幕を閉じた。

MONGOL800 ga COUNTDOWN "Happy 20th ANNIVERSARY”

2017年12月31日 沖縄コンベンションセンター展示棟 セットリスト

DIAMANTES

01. 勝利のうた~よろしく楽しくゆたしく
02. おめでとうの歌
03. CEBADA
04. おトミさん
05. 片手に三線を
06. イチャリバARRIBA
07. OKINAWA LATINA

きいやま商店

01. ミルクムナリ
02. 頑張れよ!
03. カーーニバレ
04. 僕らの島
05. happy wonderful friend
06. ドゥマンギテ
07. じんがねーらん
08. ゆーしったい
09. 沖縄ロックンロール

かりゆし58

01. アガリミナギル効果
02. ホームゲーム
03. ナナ
04. アンマー
05. まっとーばー
06. ユクイウタ
07. オワリはじまり

HY

01. 隆福丸
02. AM11:00
03. 366日
04. 神様
05. ホワイトビーチ

BEGIN

マルシャ ショーラ Round1

01. バルーン
02. 悲しき街角
03. ラ・バンバ
04. ランナウェイ
05. ジュリアに傷心
06. 銀河鉄道999
07. 勝手にシンドバッド

マルシャ ショーラ Round2

08. 上を向いて歩こう
09. また逢う日まで
10. 恋の季節
11. バンバンバン
12. オジー自慢のオリオンビール
13. 国道508号線
14. 笑顔のまんま
15. ソウセイ

MONGOL800

01. あなたに
02. himeyuri ~ひめゆりの詩~
03. OKINAWA CALLING
04. 小さな恋のうた
05. PARTY
06. 島人ぬ宝
07. DON'T WORRY BE HAPPY
08. Home
<アンコール>
09. HAPPY BIRTHDAY

※高宮城実人の「高」ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー