音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ライ・クーダーも注目!民謡とラテンの新解釈、民謡クルセイダーズ初アルバム

168

民謡クルセイダーズ

民謡クルセイダーズ

民謡クルセイダーズの1stアルバム「エコーズ・オブ・ジャパン」が本日12月13日にリリースされた。

ギタリストの田中克海と民謡歌手のフレディ塚本が中心となって結成された民謡クルセイダーズは、日本全国の民謡をラテン、カリブ、ジャマイカ音楽などの要素を加えてアレンジするグループ。2017年はピーター・バラカンが主催するライブイベント「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」に出演したほか、ライ・クーダーがTwitter上で話題にするなど日本に留まらない反響を見せている。

彼らにとって初のアルバムとなる「エコーズ・オブ・ジャパン」にはアンドウケンジロウ(カセットコンロス)がゲストとして参加し、内田直之(LITTLE TEMPOOKI DUB AINU BAND)がミックスを担当。熊本県の「おてもやん」、福岡県の「炭坑節」、秋田県の「秋田荷方節」などが収められている。

また民謡クルセイダーズは1月21日に東京・青山CAYで「エコーズ・オブ・ジャパン」の発売記念ライブを実施。こちらの詳細は追ってアナウンスされる。

民謡クルセイダーズ「エコーズ・オブ・ジャパン」収録曲

01. 串本節(和歌山県)クンビア
02. ホーハイ節(青森県)アフロ
03. おてもやん(熊本県)レゲエ
04. 真室川音頭(山形県)ビギン
05. 安来節(島根県)エキゾボレーロ
06. 秋田荷方節(秋田県)エチオピアンファンク
07. といちん節(富山県)アフロ
08. 炭坑節(福岡県)ブーガルー
09. 会津磐梯山(福島県)ラテン
10. 相撲甚句 アカペラ

民謡クルセイダーズ「エコーズ・オブ・ジャパン」リリース記念ライブ

2018年1月21日(日)東京都 青山CAY

音楽ナタリーをフォロー