音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さや姉に百花がキス、NMB48ツアー初日にHIKAKINも乱入し大盛況

341

「ももきー」を歌う山本彩(左)と木下百花(右)。(c)NMB48

「ももきー」を歌う山本彩(左)と木下百花(右)。(c)NMB48

9月20日に神奈川・横浜アリーナでNMB48のアリーナツアー「NMB48 ARENA TOUR 2017」の初日公演が行われた。

ライブ冒頭「overture」が流れるとヤンキー風の衣装に身を包んだNMB48のメンバー50人が登場。山本彩は「お前らやる気あるのか! もっと声聞かせろ!」と冒頭からオーディエンスを煽り、客席からの盛大な歓声をさらう。彼女たちは全員で「パンキッシュ」「マジジョテッペンブルース」の2曲を熱唱して会場のテンションに火を点けたところで、白間美瑠が「もっとかわいらしくオープニングを飾りたい」と提案。観客の同意を得たところで、ライブは「overture」からやり直すことに。すぐさま衣装を着替えたメンバーは「なめくじハート」でキュートなパフォーマンスを届けるも、今度は木下百花が異議を唱える。9月27日をもってグループの卒業を控えている木下は「最後の大きなライブなんだから、もっとNMB48らしいオープニングをやりたい」と話し、再度ライブのやり直しを懇願。3度目の「overture」が流れ、「ナギイチ」でメンバー50人が声を合わせると木下は「これこそNMBだー!」とうれしそうに叫んだ。

ライブ中盤のユニットコーナーでは、バックダンサーを従えた木下が「プライオリティー」を熱唱。間奏中、彼女は「みんなの前でこの曲を歌うのはこれで最後かもしれない。今まで愛してくれてありがとう。僕も心から君のこと愛してるよ」とファンに向けて語りかけた。またエレキギターを手にした山本彩と木下が「わるきー」の替え歌である「ももきー」を歌い、NMB48ファンを熱狂させた。

MCではYouTuberとしても活動している吉田朱里、市川美織、石塚朱莉の3人が登場。3人は次に披露する楽曲の歌唱中は、観客による動画の撮影が許可されることを伝え「オーマイガー!」の曲振りを行う。多数のスマートフォンや携帯電話がステージを取り囲む中、ステージにはサプライズゲストとしてYouTuberのHIKAKINが登場。カメラを手にして会場の様子やメンバーの姿を撮影した彼は「こんなにキラキラしたステージには立ったことがない」と興奮気味に話し、NMB48のライブの盛り上がりを称えてステージをあとにした。

ライブ終盤には「カモネギックス」「イビサガール」「ドリアン少年」といったグループの人気曲が立て続けに披露され、会場の盛り上がりは最高潮に。最後に最新アルバム「難波愛~今、思うこと~」のリード曲「まさかシンガポール」を歌い上げた彼女たちは、ステージ上で横一列に並び、観客たちに向けて感謝の言葉を伝えてライブ本編の幕を閉じた。

アンコールでは木下が改めてオーディエンスに挨拶をするひと幕も。彼女は「心から楽しいなって思いました」とライブを振り返りながらも「卒業することで、皆さんからの声援が届かなくなると思うと、不思議な感じがします」と心の内を明かした。「泣くのは嘘っぽい」と口にし、これまで涙をこらえていた木下だが、スクリーンにNMB48のメンバーから木下への寄せ書きが映し出されると、思わず目から涙がこぼれる。アンコールを終え、ステージに1人残った木下が目頭を押さえてうつむくと、客席から盛大な“百花コール”が上がった。顔を上げた彼女は「泣かないって決めてたのに、皆さんの笑顔がすてきで涙が止まらなくて悔しい」と心の内を明かす。さらに「もう1度、笑顔で終わるチャンスをもらえませんか?」と問いかけると、彼女はダブルアンコールの曲振りをして再びメンバーをステージに呼び込む。最後に50人で「NMB48」を笑顔でパフォーマンスし、アリーナツアーの初日公演をフィナーレに導いた。ライブが終わり、最後にステージに残った木下と山本。きょとんとする山本の唇に木下は一瞬だけ唇を重ね、照れ笑いを浮かべながらステージをあとにした。

NMB48「NMB48 ARENA TOUR 2017」※終了分は割愛

2017年9月23日(土・祝)愛知県 日本ガイシホール
2017年10月11日(水)大阪府 大阪城ホール
2017年10月12日(木)大阪府 大阪城ホール

音楽ナタリーをフォロー