「5人を本当に誇りに思う」SuG、武道館で10年間の活動締めくくる

7677

SuGが昨日9月2日に初の東京・日本武道館公演「HEAVY POSITIVE ROCK」を開催。このライブをもって無期限の活動休止期間に入った。

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)

大きなサイズで見る(全19件)

2007年に結成され、2010年1月にシングル「gr8 story」でメジャーデビューを果たしたSuG。今年結成10周年を迎えた彼らは活動休止前ラストライブとなった今回の日本武道館公演で、多様な演出と共に新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストを披露し、会場に集まった約7000人のファンを楽しませた。

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)[拡大]

SEが流れる中ステージに現れたメンバーは、今年7月にリリースした最新シングルの表題曲「AGAKU」を1曲目に演奏。曲中に「揺らせ武道館!」と雄叫びを上げた武瑠(Vo)は、さらに最初のMCで「会場がでかくてもやることは一緒です。遊ぼうぜ東京!」と客席に呼びかけた。その後彼らはダンサーを従え、「Toy Soldier」「小悪魔Sparkling」「B.A.B.Y.」といったナンバーを立て続けにパフォーマンスしていく。「無限Styles」ではChiyu(B)が「タオル出せ! ないやつはなんだ? ブラジャーじゃ!」と叫ぶと、オーディエンスは勢いよくタオルを振り回した。

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)[拡大]

序盤から会場の熱気を高めた5人は武瑠の「こんなに美しい景色で、心を込めて、心を削って、心を引っ掻いて書いた曲を歌えるのが幸せです」というMCを経て、バラードナンバーの「桜雨」を熱演。ステージ後方のスクリーンには同曲のミュージックビデオが上映され、会場は感動的な空気で包み込まれた。ライブ中盤には5人がダンサーの踊りと共にそれぞれソロパフォーマンスを展開し、Chiyuはサックスを軽快に披露。アップテンポな「FRIDAY!!」では「FRIDAY」というフレーズのコール&レスポンスが、ステージと客席の間で繰り広げられた。

MCで10年前のバンド結成時の話を披露し、観客の笑いを誘った彼らは「gr8 story」「☆ギミギミ☆」を連投。武瑠の「畳み掛けるぞ武道館!」という煽りと共に投下された「10th ANNIVERSARY MEDLEY」では、「Alterna」「Vi-Vi-Vi」「Crazy Bunny Coaster」などの楽曲がメドレー形式で次々と演奏され、客席はさらにヒートアップ。ライブ本編のラストを飾ったインディーズ時代のナンバー「39GalaxyZ」の曲中には、観客による歌声が星型の紙吹雪の舞う日本武道館に響きわたった。

武瑠(Vo)(提供:ポニーキャニオン)

武瑠(Vo)(提供:ポニーキャニオン)[拡大]

アンコールで再びステージに登場し「dot.0」を届けた5人は、それぞれの言葉で自身の思いをファンに伝えていく。shinpei(Dr)は「今まで生きてきた中で、今日は本当に幸せです」「幸せな場所をくれたみんな、ありがとうございました」と声を詰まらせながら感謝の気持ちを述べ、Chiyuは「いっときは本当に音楽をやめよう思ったこともあったけど、考えた結果、ずっと表に出てベースを引き続けたいなという結論に至りました。これからもSuGのChiyuとして、SuGの名前を守っていきます」と力強く宣言。yuji(G)は「俺的にはやり残したことはないのかなという感覚です。もう思い残すことはないです」と話し、masato(G)は「武道館で止まらなきゃいけないのが腹立たしいレベルで悔しいです。でも、SuGにとって一番きれいに終われる場所として選んだのがこの武道館なんで、全部やりきってここで終わったことを一生悔みたいと思います」と胸中を吐露した。また武瑠は目に涙を浮かべながら「誰も逃げずに、この武道館に挑戦した5人を本当に誇りに思います!」と述べたあと、13年前に日本武道館でHYDEのライブを観たことに触れ、「無気力病だった少年がそのときに踏み出して夢を叶えました。だから、今ここにいる人たちも絶対できると思います!」と観客に語りかけた。

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」東京・日本武道館公演の様子。(提供:ポニーキャニオン)[拡大]

ファンへの挨拶を終えたSuGは“夢”について歌った「teenAge dream」を演奏。会場のスクリーンには「武道館(こっち)の景色は最高だぜ」という歌詞が映し出された。続く「CRY OUT」でオーディエンスを盛り上げた5人は、武瑠の「これはみんなで叶えた景色だと思います。自分のことのように、ではなくて自分のこととしてこの景色を見てください」という言葉から「Smells Like Virgin Spirit」を披露し、ステージを立ち去った。鳴り止まないダブルアンコールに応えて再度ファンの前に姿を現したメンバーは「LOVE SCREAM PARTY」を投下。観客は曲に合わせて頭を振り回し、バンドの演奏に熱狂した。そして彼らはラストナンバーとして「ときどきすてきなこのせかい」をパフォーマンスし、銀テープが舞う中、日本武道館公演を締めくくった。最後に武瑠は「最後までカッコつけて終われない俺たちを支えてくれた10年分のファンとスタッフ、ありがとうございました!」と生声で叫び、さらに「10年間、ただの男の子だった僕の生きる糧になってくれてありがとうございました!」とファンに感謝の思いを届けた。

なお今回の日本武道館公演「HEAVY POSITIVE ROCK」の模様を収めたライブDVDの発売が決定した。DVDの特設サイトは9月13日にオープンする。さらに12月27日には東京・ SELENE b2にてChiyuの生誕祭「SuG Chiyu 聖誕祭2017~Successful up Grade~」が行われる。SuGのオフィシャルファンクラブ「39GalaxxxyZ」では9月18日23:59までチケットの最速先行予約を受付中。

この記事の画像(全19件)

SuG「HEAVY POSITIVE ROCK」2017年9月2日 日本武道館 セットリスト

01. AGAKU
02. HELLYEAH
03. 不完全Beautyfool Days
04. Toy Soldier
05. 小悪魔Sparkling
06. B.A.B.Y.
07. 無限Styles
08. 桜雨
09. 無条件幸福論
10. Howling Magic
11. セッション
12. sweeToxic
13. 契約彼女、生贄彼氏
14. FRIDAY!!
15. gr8 story
16. ☆ギミギミ☆
17. SICK'S
18. mad$hip
19. 10th ANNIVERSARY MEDLEY(Alterna、俺式 Continue、R.P.G.~Rockin' Playing Game、Vi-Vi-Vi、武士道-bushido-FREAKY、Fast Food Hunters、Crazy Bunny Coaster)
20. 39GalaxyZ
<アンコール>
21. dot.0
22. teenAge dream
23. CRY OUT
24. Smells Like Virgin Spirit
<ダブルアンコール>
25. LOVE SCREAM PARTY
26. ときどきすてきなこのせかい

SuG Chiyu 聖誕祭2017~Successful up Grade~

2017年12月27日(水)東京都 SELENE b2

全文を表示

関連記事

SuGのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SuG の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。