音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ヒム子に絶叫、ドームに歓喜!乃木坂46「最高の夏」の幕開け告げた神宮ワンマン

4386

乃木坂46

乃木坂46

乃木坂46が本日7月2日に東京・明治神宮野球場にて全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」の東京公演を行った。

この日のライブは3期生によるステージからスタートし、2期生、1期生の順に歌唱ブロックをつないでいくという構成に。オープニングVTRの後に3期生メンバーの12人が登場し、大園桃子の「いくぞー!」という叫びと共に彼女たちのオリジナルナンバー「三番目の風」がスタートすると、会場にはどよめき混じりの歓声が響きわたる。2曲目の「ハウス!」ではファンによる息ぴったりのコールが彼女たちの背中を押し、山下美月は「皆さん! 盛り上がっていきますよ!」と元気いっぱいにステージを駆ける。「会いたかったかもしれない」ではメインステージから十字に伸びる花道を12人がそれぞれの方向へと散らばり、観客を力強く煽った。

MCでは梅澤美波が「まさか初めて立つ神宮でトップバッターを務めさせていただくなんて想像もしていなかったです」と素直な思いを吐露する。そして伊藤理々杏は「これを大きなチャンスに変えて、皆さんと盛り上がれるようにがんばります!」と続いた。MCの後に披露された「おいでシャンプー」ではセンターステージから「みんな、大好き!」と声を合わせて叫んだ12人。彼女たちのパートの最後を飾った3期生の楽曲「思い出ファースト」ではそれぞれの思いをつづったメッセージが順にステージ上のモニターに映し出され、梅澤は「1期生、2期生の皆さんと私たちの力の差は大きく、手の届かない存在です。でもそんな大きな存在が身近にいてくれることが、私たちの誇りです!」と涙声で叫んだ。

2期生のブロックがスタートすると、ステージには堀未央奈が1人で姿を見せる。会場には彼女が2期生の中で1人選抜に選ばれ、センターを務めたシングル表題曲「バレッタ」のイントロが響き、堀に続いて彼女以外の10人も舞台上へ。2期生のみで披露される「バレッタ」に、ファンは熱い眼差しを向けた。続く「気づいたら片想い」を歌い終えると、彼女たちは「皆さんにとって、2期生はどのように見えていますか?」と問いかける。自分たちのこれまでの歩みをファンに伝えた11人が次の曲に選んだのは、2期生が選抜メンバーに選ばれなかったシングル「今、話したい誰かがいる」に収録された「嫉妬の権利」。新内眞衣は「2期生が悔しく、つらい日々を過ごしたときの曲です。11人でここに立てることが意味のあることだと少しでも感じ取ってもらえたら」と言い、メンバーはこの曲で気迫あふれるパフォーマンスを見せた。

彼女たち曰く「山あり谷ありの歴史が詰まった3曲」を歌い終えると、新内はMCで「2期生っていろいろな境遇の人がいて、それぞれが違う“乃木坂人生”を送っているけれど、それぞれが大切なもの。今日のライブも楽しんでいこうと思います」と涙ながらにファンに語りかけた。そして、しんみりとしたムードを吹き飛ばすように、彼女たちは「2期生の爆レス祭り、スタートします!」と絶叫。この言葉を合図にステージを飛び出すと、メンバーはスタンド席の各所に散らばり、観客と近距離で笑顔を交わしながら「そんなバカな・・・」「人はなぜ走るのか?」を届けた。

汗だくになってステージへと戻った2期生が最後に披露したのは「きっかけ」。メンバーは夕焼けに染まった神宮の空に、さわやかな歌声を響かせる。この曲を歌い終えると、堀は「これで2期生のステージは終わりです。皆様最後まで盛り上がっていってください!」と呼びかける。するとファンからは大きな拍手と歓声が送られ、笑顔を浮かべる彼女の瞳にはいっぱいに涙があふれた。

1期生のパートの前には、彼女たちのこれまでの快進撃をまとめたVTRがモニターに映し出される。そして「彼女たちの前に橋は架かった」と、メンバーのさらなる躍進を告げるようなナレーションののち、セーラー服に身を包んだ1期生が順にステージへ。最後に生駒里奈がセンターポジションに就くと、彼女たちは「制服のマネキン」でライブをスタートさせる。メンバーのエネルギッシュなパフォーマンスにファンの声援も一層熱を帯び、会場の熱気を受けた生駒は「僕に任せろ!」と力強く叫んだ。

続く「ダンケシェーン」では、前日の公演を舞台出演のため欠席した生田絵梨花が伸びやかな歌声を響かせる。MCではキャプテンの桜井玲香が「さすが3期生と2期生! 超会場があったまってるもん!」と興奮気味に語り「1期生も負けられません!」と意気込みを見せた。すると西野七瀬は1列に並ぶメンバーを見て「1期生のことが好きです。照れくさくて普段は言われへんけど……」と突然の告白。彼女は「みんなのことを見ていると、初期の頃の気持ちを思い出して心がじわっとする」と微笑みを浮かべた。

彼女たちはその後、「他の星から」「意外BREAK」といったユニット曲を4曲連続で披露して曲ごとに異なる表情をファンに提示する。「あらかじめ語られるロマンス」ではユニットメンバーが織姫となって会場の“彦星”たちへ胸キュンフレーズを披露するパートがあり、生田の「ギュッてしてほしいな」というセリフを発すると、なぜか齋藤飛鳥が抱き付きに行くというシーンも。また高山一実と松村沙友理は、MCで息の合ったかけあいを披露して会場を楽しませる。先駆者の貫禄を十分に見せつけた1期生は最後に「何度目の青空か?」を披露し、自身のパートを終えた。

期別のブロックを終えるとステージには全メンバーがそろい、「設定温度」でライブは終盤戦へ。桜井はメンバーの人数が「46人」ぴったりであることをファンに告げ「過去最多のメンバーで、46人ぴったり。いろいろと感慨深いですよね」としみじみ語る。生駒は「メンバーに何かあったら自分の身を犠牲にしてもその人を助けたい、そう思える人を45人も作ってくれた乃木坂46に本当に感謝しています」とメンバーへの強い思いを語り、メンバーと観客の感動を誘った。

アンダーメンバーによるパフォーマンスを経て、メンバーは「ガールズルール」でラストスパートをかける。白石麻衣は「神宮! お前ら騒げー!!」と叫び、46人はスタンドに設けられた花道で元気にこの曲を歌い踊った。「裸足でSummer」「夏のFree&Easy」とサマーチューンを畳みかけ、「太陽ノック」では生駒が「神宮、みんなのこと愛してるよー!」とファンに伝える。そして、本編最後の楽曲を前に西野は「今年はどんな夏になるんですかね? 私は『今年の夏は人生で最高の夏にしたいな』って思いました!」と笑顔を弾けさせ、ラストの「スカイダイビング」へ。鮮やかな打ち上げ花火が夜空を彩る中、メンバーはさわやかにこの曲を届けた。

アンコールは「インフルエンサー」でスタート。するとここでバナナマンの日村勇紀扮するヒム子がステージに乱入するというサプライズが起きた。サビ前に彼女がステージに姿を見せると地鳴りのような歓声が沸き起こり、ヒム子の姿を見つけたメンバーは驚きのあまり、曲中にもかかわらず絶叫。ヒム子は乃木坂46のフォーメーションに合流するとセンターポジションに立ち、戸惑うメンバーを率いてキレのあるダンスを踊ってみせた。

曲を終えるとヒム子は「ヒム子でえーす! 来ちゃいました、すいませんねえ!」と挨拶。続けて「ねえ、ヒム子かわいい?」とファンに問いかけ、「かわいいー!」という大きなコールを受ける。この様子にメンバーは大爆笑。ヒム子はこのコラボの様子がテレビ東京系「乃木坂工事中」でオンエアされることを告げると、満足げにステージをあとにした。

「乃木坂の詩」の前には彼女たちにとって初めての東京・東京ドーム公演が発表され、神宮はこの日一番の盛り上がりを見せる。生駒は「やっと来たね」と涙を浮かべ、桜井は「『怖い』とか言ってらんないね! ツアー、こうやって最高のスタートが切れたし、皆さんを楽しませるようにいいライブを作っていきたいと思います!」と力強い言葉を口にして前を向いた。ダブルアンコールまで、全42曲を披露して満員のファンを楽しませた46人。ステージを終え、桜井は「これからも皆さんへ、楽しい時間が届けられるように46人がんばっていきます!」と誓い、メンバーは最後まで笑顔で手を振りながらステージをあとにした。

乃木坂46「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」
2017年7月2日 明治神宮野球場 セットリスト

01. 三番目の風
02. ハウス!
03. 会いたかったかもしれない
04. ロマンスのスタート
05. ぐるぐるカーテン
06. おいでシャンプー
07. 走れ!Bicycle
08. 思い出ファースト
09. バレッタ
10. 気づいたら片想い
11. 嫉妬の権利
12. そんなバカな・・・
13. 人はなぜ走るのか?
14. 別れ際、もっと好きになる
15. ボーダー
16. かき氷の片想い
17. きっかけ
18. 制服のマネキン
19. ダンケシェーン
20. 転がった鐘を鳴らせ!
21. 他の星から
22. 意外BREAK
23. あらかじめ語られるロマンス
24. 欲望のリインカーネーション
25. 指望遠鏡
26. ロマンティックいか焼き
27. 命は美しい
28. 何度目の青空か?
29. 設定温度
30. 君が扇いでくれた
31. 風船は生きている
32. ガールズルール
33. 裸足でSummer
34. 夏のFree&Easy
35. 太陽ノック
36. スカイダイビング
<アンコール>
37. インフルエンサー
38. シャキイズム
39. オフショアガール
40. 乃木坂の詩
<ダブルアンコール>
41. ロマンスのスタート
42. ハウス!

音楽ナタリーをフォロー