音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

angelaが初武道館で特大サーカス展開、ぢぇらっ子熱狂の4時間ライブ

1300

angela

angela

angelaが昨日3月4日に東京・日本武道館にてワンマンライブ「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」を開催した。

彼女たちにとって初の武道館公演を盛り上げるべく、会場の入り口にはライブタイトルが書かれたレッドカーペットが敷かれ、会場外ではクラウンが来場するぢぇらっ子(angelaファンの愛称)たちを歓迎。ライブ開始前からお祭りムードが漂っていた。開演時刻を迎えると、スクリーンにレッドカーペットを歩いて入場するangelaの姿が映し出される。ゴージャスな演出に熱狂するオーディエンスを前に、2人は「DEAD OR ALIVE」でライブの口火を切り、自分たちのキャリアを彩ってきた楽曲を次々と披露していった。

MCでKATSU(G, Key)は「来たぞ武道館!!」とうれしそうに叫び、atsuko(Vo)は「デビュー14年、結成24年……」と武道館に立っている感慨を噛み締める。客席には泣いているぢぇらっ子の姿も見られ、メンバー同様ファンも初の武道館公演を喜んでいる様子だった。

またこの日の公演では、レコード会社のプロデューサーが「主題歌タイアップ」と書かれた目録を持って新宿から武道館まで走る演出や、あっちゃん星のオムライス村から来たという“アイドルあっちゃん”による「お願い!シャングリラ」「蒼い春」のパフォーマンスも。さらに2人がトロッコに乗ってアリーナを1周しながら熱演し、初の武道館にふさわしい豪華なステージを繰り広げる。本編のクライマックスに披露された「騎士行進曲」の曲中ではatsukoが「結成して24年、デビューして14年、たくさんの苦しいことつらいこともあり、辞めたいと思うこともありました。でもこの日を迎えられたのは、ぢぇらっ子のみんながいてくれたからです! ありがとう!」とぢぇらっ子に感謝の思いを伝えた。

ドメスティック・ラヴバンドが登場したアンコール中には、会場に向かうプロデューサーの姿が再びスクリーンに映し出され、ZARD「負けないで」の大合唱が起きる。無事ステージにたどり着いた彼は、アニメ「アホガール」の主題歌をangelaが担当する旨を発表し会場を沸かせた。そして、4時間におよんだライブを締めくくったのは「Shangri-La」。2人は「またここで会おう!」とぢぇらっ子と誓い初の武道館公演に幕を下ろした。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

angela「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」2017年3月4日 日本武道館 セットリスト

01. DEAD OR ALIVE
02. その時、蒼穹へ
03. Different colors
04. KINGS
05. 此処に居るよ
06. Yell for you
07. cheers!
08. Dream on
09. 是、夏祭り
10. 沖縄っぽいインスト(メンバー紹介)
11. お願い!シャングリラ
12. 蒼い春
13. over the limits
14. イグジスト
15. 明日へのbrilliant road
16. Peace of mind
17. KIZUNA
18. 蒼穹
19. 僕は僕であって
20. 騎士行進曲
<アンコール(ドメスティック・ラヴバンド コーナー)>
21. Shangri-La
22. 負けないで
23. 大団円の歌
<ダブルアンコール>
24. 幸せの温度
25. memories
26. シドニア
<トリプルアンコール>
27. Shangri-La

撮影:釘野孝宏、深野輝美

音楽ナタリーをフォロー