Amelie「人生を変えてくれた」ツアー、eggmanワンマンで終幕

222

Amelieが6月11日に東京・Shibuya eggmanで「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016」の最終公演を開催した。

Amelie「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016 FINAL」東京・Shibuya eggman公演の様子。(Photo by Junpei Hiyoshi)

Amelie「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016 FINAL」東京・Shibuya eggman公演の様子。(Photo by Junpei Hiyoshi)

大きなサイズで見る(全10件)

このツアーはAmelieが2015年12月にリリースした1stフルアルバム「グッバイ&ハロー」を携えて1月から全国各地で行っていたもの。ツアーファイナルで彼女たちはアルバム収録曲はもちろん、自主制作盤に収められているナンバーや新曲などもセットリストに組み込み、バンドの多様な魅力を披露した。

mick(Vo, G, Piano)(Photo by Junpei Hiyoshi)

mick(Vo, G, Piano)(Photo by Junpei Hiyoshi)[拡大]

1曲目「手紙」でmick(Vo, G, Piano)はギターを弾きながら柔らかな表情で歌い始めた。彼女が演奏を止め「歌には人と人とをつなぐ力があるって信じてる! 今日ここに集まってくれたみんなに感謝します」と告げると、直人(G, Cho)、あっきー(B, Cho)、アサケン(Dr, Cho)も演奏に加わる。オーディエンスはシンガロングをしながら手を挙げ、場内は序盤からハッピーな空気感で包まれた。アサケンの豪快なドラミングが炸裂した「メグリメグル」、直人とあっきーが不穏なリフを奏でて観客を揺らした「月夜に君とランデヴー」を経て、mickが観客に「今日はもっとAmelieのことを好きになって帰ってもらいたい! うちらももっとみんなのことを好きになりたいから、たくさんコミュニケーションをとっていきましょう」と呼びかけると、バンドは直人がギターカッティングを繰り出した「Discommunication」を投下。そのまま4人はアグレッシブに「リリィ」を届け、会場の熱気を上昇させた。

あっきー(B, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)

あっきー(B, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)[拡大]

mickはこの日の単独公演がソールドアウトしたことに触れ「ちっちゃい頃から歌うことが大好きで、JUDY AND MARYに憧れてバンドという手段を選んだんだけど、ジュディマリの初ワンマンがeggmanらしいです。あのジュディマリの背中に一歩追いついちゃいました」と喜びを爆発させる。そしてオーディエンスに「電話、LINE、Twitterとかいろいろ使ってるけど、好きな人とはやっぱり直接会って思いを伝えたい。インターネットの世界を飛び越えて会いにきてくれてうれしいです。そんなあなたとずっと一緒にいたい」と思いを伝え、「手をつないだ」をエモーショナルに歌い上げた。ピアノの旋律が美しいインスト曲「et」を経て、彼女は「まだまだこっから飛ばせー! 始めるぞ!」と咆哮。4人は激しいパフォーマンスで「parade」「アネモネ」「GuruGuru」と連投し、ライブ後半を駆け抜けていった。

直人(G, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)

直人(G, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)[拡大]

ラストナンバーを残してmickは「『グッバイ&ハロー』というアルバムと今回のツアーがAmelieと私の人生を変えてくれた」と述べ、メンバー、レーベルスタッフ、友人、家族に感謝の意を表す。そして「大切な人たちがいるから、こうやってみんなの前に立って大好きな歌が歌えてるわけでありまして。その人たちは私の人生において絶対にいなくてはいけない人たちで、心の底から『出会ってくれてありがとう』って思ってます。そういう人ってさ、意外と身近な人だと思うんです。今みんなの頭に思い浮かんでるその人の手をどうかどうか離さないでいてほしい」と真摯に思いを伝える。そして彼女は最後に「ヒーロー」を涙目になりながら身ぶり手ぶりを交えて歌唱し、オーディエンスの大きな拍手を浴びた。

アサケン(Dr, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)

アサケン(Dr, Cho)(Photo by Junpei Hiyoshi)[拡大]

アンコールでmickは号泣しながらステージに登場。直人が「みくちゃん号泣でございます。ありがとうございます!」と茶化すと、mickは「まつげ取れちゃう……みんな温かいよね。本当にありがとうございます」と泣きながら感謝を述べ、場内には温かな笑いが起こった。バンドは新曲「君が為に鐘は鳴る」をハツラツと演奏し、mickの「またみんなで子どもみたいな気持ちで遊びましょう!」という言葉から「monster」を届けてツアーを締めくくった。

Amelie「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016 FINAL」東京・Shibuya eggman公演の様子。(Photo by Junpei Hiyoshi)

Amelie「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016 FINAL」東京・Shibuya eggman公演の様子。(Photo by Junpei Hiyoshi)[拡大]

Amelieは8月14日に地元である埼玉県越谷市のライブハウス・EASYGOINGSでワンマンライブ「Amelie 5周年記念ワンマン~越谷で鳴らす、始まりの鐘~」を開催。このライブはバンドの結成5周年を記念したもので、チケットは6月18日にイープラス、ローソンチケット、EASYGOINGS店頭にて555円で発売される。なお彼女たちは今秋に新作音源(タイトル未定)をリリースする。

この記事の画像(全10件)

Amelie「Amelie『グッバイ&ハロー』RELEASE TOUR 2016 FINAL」
2016年6月11日 Shibuya eggman セットリスト

01. 手紙
02. メグリメグル
03. 月夜に君とランデヴー
04. Discommunication
05. リリィ
06. 手をつないだ
07. グッバイハロー
08. et
09. parade
10. アネモネ
11. GuruGuru
12. WONDER
13. honey
14. ヒーロー
<アンコール>
15. 君が為に鐘は鳴る
16. monster

Amelie「Amelie 5周年記念ワンマン~越谷で鳴らす、始まりの鐘~」

2016年8月14日(日)埼玉県 EASYGOINGS
OPEN 13:00 / START 13:30

全文を表示

Amelieのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Amelie の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。